仕事

フリーランスの老後も気がつけば仕事もお金も自由も増えていた!

投稿日:

スポンサー リンク



フリーランスのまま老後を迎えても仕事はありますか?
 
59歳の失業者が超ギリギリ瀬戸際の崖っぷちで、フリーランスの老後の備えを始めました。
 
フリーランスの老後が心配なので、自営業の仕事で完全週休自由制で仕事をしています。

 
本当のフリーランスは仕事を受けない!
自分で仕事を作り出す。

 

 
フリーランスの老後は、仕事もお金も自由も増えそうです。

 

フリーランスの老後を仕事もお金も自由に増やす考え方!

安定した生活を求めて正社員になりたい人もいれば、フリーランス(自営業)に憧れを持つ人もいるようです。
 

クラウドソーシングの「ランサーズ」の記事を読んでいたら、フリーランス人口は1,122万人もいると書いてありました。
 

フリーランスって意外と多いのですね。!

 

私自身はフリーワーカーを求めたわけではなかったのですが、フリーランスワーカー的働き方をせざるを得ませんでした。

 

フリーランス老後貧困に陥らないために、そして、死ぬまで収入を得るために何をすればいいのか考えて行動しています。

 

確かに、フリーランスなら満員電車に乗る必要もなく、働き方にも縛られずに自由なイメージのある職業に感じるかもしれません。

 

しかし、月々の給料が保証されている働き方でもないのです。

 

収入は本人の努力次第ですから、厳しい世界でもあります。

 

こういった働き方をする自営業者には、老後に不安を抱いている人も少なくないと思います。

 

そこで、フリーランスの将来にどのように備えるべきなのか。
 
本当のフリーランスを目指すために仕事を受けない!
自分で仕事を作り出すことにしました。
 

 

仕事もお金も自由も増える?「フリーランスの老後」の一例

フリーランスの人たちが抱く老後の不安と、その解決策について、何か参考になればと思って書いてみました。

 

「フリーランスの老後」となると、お金の問題が最も心配なところだと思います。

 

本当に厳しくなることが予想されるのが、個人事業主の老後です。

 

自営業の場合、受給できる国民年金が少ない上に対策もしていない。

 

もし、自分の身に何かあれば収入はゼロになってしまいます。

 

そういったことが分かっていても、老後対策を考えているフリーランス自営業者は少ないようです。

 

私も60歳で貯金ゼロになって、老後対策の出来ない自分に苛立ちを覚えていました。

 

59歳の時ネットで調べて独自のやり方で、超ギリギリ瀬戸際の崖っぷちの中で、老後の備えを始めたのです。

 

フリーランスをしている人なら、クラウドソーシングなどで仕事を請け負って、仕事をしている人もいるでしょう。

 

そもそもフリーランスで、雇われたり請負で仕事をしていたら、仕事がなくなった時収入も無くなってしまいます。

 

収入が無くなってしまうことが、フリーランスの老後貧困につながるのです。

 

私は62歳の今自営業をしていますが、フリーランスという働き方は、自由な働き方が出来なければいけないと思っています。

 

ところが、今が自由であればいいかのような働き方をしている人が多い気がするのです。

 

そこで私が取り組んだ、本当の自由な働き方を紹介します。

ホームページ作りです。

 

確かにクラウドソーシングなどでも、この仕事はしているかもしれません。

 

しかし、私のやり方は違います。

自分でテーマを考えて自分で、ホームページを作るというやり方です。

 
老後資金ショート

フリーランスの老後を仕事もお金も自由に増やす行動

収入が無くなってしまうリスクを限りなく減らした働き方が、自分でホームページを作り仕組化する方法です。

 

ただこの仕組み作りの最大の欠点は、すぐにはお金が稼げないという所にあります。

 

お金を稼ぎ出すまでが最も大変なのです

 

多くの人が出来ない理由がここにあります。

 

私はこの壁を破って、毎月お金を稼いでいるので自由な生活をする事が出来ました。

 

すぐにはお金を稼げないことを理解出来る人なら、自分の力で自由をつかみ取る事が出来る可能性はあります。

 

どうしても働いたら働いた分を、すぐにでも欲しいと思う人は、クラウドソーシングや請負で仕事をしたほうが現状は無難です。

 

自分でホームページを作るとどうなるのか

 

後々作ったページが自分の代わりに、24時間働いてくれるようになります。

 

作ったページが資産となり、何もしないでいても勝手にお金を稼いでくれるのです。

 

この仕組みさえ作ってしまえば、自由な時間が増えることは間違いありません。

 

こういった働きをすることこそが、フリーランスの老後を生き抜く方法だと思うのです。

 

ではどう作ればいいのか。

ホームページを作れる人なら、自分の得意なテーマでサイトを作ればいいのです。

 

そしてページの中に広告を掲載する。

あるいはページの中で、商品を紹介する。

基本はこれだけのことをするだけです。

 

これだけの中に広告や商品を入れるための、方法や手続きなどがあります。

 

これが分かっていないとお金になりません。

ネットで調べればいくらでも出ています。

グーグルアドセンス
楽天アフィリエイト
A8ネット
その他多数あります。

ネットで調べればすぐわかるでしょう。

 

フリーランスの人の中には、一度はチャレンジしてみたという人も多いのではないでしょうか。

 

それでも稼げなかったかもしれません。

それは稼げるまでやらなかったからです。

 

ホームページあるいはブログでやってみた人もいるでしょう。

 

挑戦した人がどのくらいのページを作ったのかは分かりませんが、どのくらいのページを作ったらいいのか、こればかりは作ってみないと分かりません。

 

ここが最大のリスクとなる所で、いつ稼げるか分からないところです。

 

ライバルの多い検索されるキーワードで、少しの記事を書いて、ページを作ってもほぼ検索表示されないのでお金は稼げません。

 

60歳以降に毎月30万円を稼ぐことが出来るのか

自分でホームページを作った体験から

ホームページを一ページ作ることなら、簡単に出来るという人は、ほかの人には出来ないくらいページを作り続ける事が出来れば、お金は稼げます。

 

単純にページに広告を載せたり商品を紹介するページを、稼げるまで続ければいいのです。

 

実際やってみると修行のように感じるかもしれません。

 

ページを作っても作ってもお金にならないのですから、止めたくなります。

 

お金を稼ぐのってこんなに大変なのかと思うと、クラウドソーシングで請け負ってやっていたほうがよっぽど楽です。

 

半年から一年もページを作り続ければ、1、2万円なら稼げるようになるかもしれません。

 

それを乗り越えて記事を書き続ければ、それまでに作ったページがあなたに代わって、ネットの中で24時間働いてくれるでしょう。

 

それでもページを書き続ければ、いつの間にかお金が稼げるようになって来ます。

 

ホームページで稼ぐ仕組みが出来てくると、記事を書かなくても勝手にお金は入ってくるのですから、自由な時間が増えるでしょう。

 

しばらくして「お金ってこんなに簡単に稼げるものなの」と驚くかもしれません。

 

そのためには、まずページ内に入れる「広告」「商品」というものを設定する手続きを理解する必要があります。

 

このページでノウハウなどは書いてません。

 

やる気のある人は自分で調べるか、ネットで稼ぐための考え方やノウハウを学ぶなども参考になると思います。

 

稼ぐための全体像を、しっかりと把握して取り組み、フリーランスの老後も気がつけば仕事もお金も自由も増えた!となっている事を願っています。

 

 

ビッグ友老後100まで!】ホームへ戻る

スポンサー リンク



スポンサー リンク



おすすめ記事一覧

暇すぎる老後 ねこ 1

60歳過ぎ、あるいは65歳で定年退職する人もいると思います。 予想していた定年後は、 老後が暇すぎるかも知れません。 老後に一人で家にいる人は、 どう一日を過ごしているのでしょうか? 朝は掃除、洗濯、 ...

老後も働ける仕事 2

「老後も働ける仕事があるのか」 「老後資金が心配だ」 「老後も元気なうちは働きたい」 老後も働ける仕事はある 老後を考えるとお金や仕事、 そして健康のことが気になります。   なかには老後を ...

老後の起業 3

会社を定年退職したら、 第二の人生として、 起業するという人もいます。   年代別に見ても、 60歳以上で起業する人が、 最も多いそうです。   そういう話を聞くと、 なるほど私も ...

4

自分でネットでお金を稼ぐ方法として、 ブログやホームページを使った方法で、 お金を稼ぐやり方が知りたいですか。 ネットを利用してお金を稼ごうとしても、 なぜ稼げるのか、 どうすれば稼げるのかが分からな ...

5

60歳過ぎて自力でお金を稼げたら、楽しいと思いませんか? 「自力でお金を稼ぎたい」と思ったので、試行錯誤しながらやってみました。 そしたら、どうなったと思います? やってみると結構自力で稼げますね。 ...

-仕事

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2017 All Rights Reserved.