スポンサーリンク



60歳からの2つの働き方からネットの働き方を選択してみた

投稿日:

60歳からの働き方
「60歳からも継続雇用の働き方」

「60歳から自営業の働き方」

60歳で定年退職し、
60歳以降は年金生活をする
もうはかない夢となりました。

60歳からも継続雇用の働き方

60歳を過ぎても働き続けることが
当たり前になっています。

 

定年年齢の引き上げや
継続雇用制度などもあり
60歳以降も働きやすくなってきたようです。

 

年金を受給できる年齢が65歳になったら、
働かないわけにはいきません。

 

60歳以降も働ける場所があるなら、
それはありがたいことです。

 

60歳以降でも、会社勤めをする人は
原則として厚生年金に加入します。

 

会社勤めをしながら、
老齢厚生年金をもらう場合には、
給与や年金の額に応じて
年金の一部又は全部が
支給停止されることもあります。

60歳以上65歳未満の場合、
年金月額と給与月額を足した
合計額が「28万円以下」であれば
年金はカットされませんが、
合計額で28万円を超えた部分の
50%が支給停止。

65歳以上70歳未満の場合、
年金月額と給与月額の合計額が
「47万円以下」であれば
年金はカットされませんが、
合計額が47万円を超えた場合は
超えた部分の50%が支給停止。

厚生年金に加入して働く場合の話です。

 

60歳からも会社勤めで働くと
損をするように思えますが、
多少年金が減っても
厚生年金に加入して働き続ければ、
65歳以降にメリットがあります。

60歳から自営業の働き方

私には全く関係ないので、
厚生年金もらいながら、
自営業を始めました。

 

厚生年金に加入しない働き方なら、
好きなだけ稼いでも大丈夫だそうです。

「そう言われてもねー」

自分で稼ぐって大変なんですよ。

 

私の場合厚生年金4万円だけでは、
全く暮らせないので、
国民年金も4年程繰り上げて
もらってしまいました。

「月額9万円程です」

 

でもこれを生涯いただける可能性があります。

「これじゃぁ生活厳しい」

この金額から家賃払うと
ちょっと厳しいのです。

 

これなら会社に入って、
稼いだほうがいいのは
分かっているのですが、
雇ってくれません。

 

まあそういうわけで、
自営業しています。

 

60歳から自営業の働き方なら
定年なしなので、
稼げるようならこの働き方もいいかな。

 

とはいうものの60歳にもなって
貯金ゼロです。

 

60歳以降会社で働けない人は、
心して取り組まないと大変なことになります。

 

その意味でいうと今の時代は、
インターネットがありますから、
私みたいな凡人でも、
60歳からネットでの働き方が出来るのです。

 

やり方次第でお金を稼げます

 

60歳で貯金ゼロの恐怖を味わうと、
今日の生活さえ何とかなれば、
それでいい。

「明日のことより今日が大事」

 

老後の先のお金の心配より、
今日の生活を考えながら仕事をしていたら、
明日の生活も大丈夫になりました。

 

明日の生活が大丈夫なら、
一週間も大丈夫。

 

そして一か月も暮らせる。

 

一か月の生活が大丈夫なら、
一年も暮らせるのです。

 

ネットでお金を稼ぐようになって、
生活が変わりました。

 

ホームページ作りや
ブログを書いています。

 

物が豊富にある時代だからこそ、
60歳からでも、
インターネットを利用した
働き方が出来るのでしょう。

 

ただ60歳からネットを利用した
働き方は簡単ではありません。

 

期待ばかり持たせてすみません。

61歳老後の厚生年金と国民年金合わせても暮らせないし覚悟を決めた

ブログで1,000ページを
書くくらいのやる気のある人なら、
ネットで稼げるかもしれません。

時給で働くのが一番簡単です。

 

【注意】

私が感じているのは、
ネットでの働き方につけこんで
60歳以上の人をターゲットにして、
お金を稼ごうとしている人が、
多いような気がしてきました。

 

ネットの情報の
本質を見抜くことは難しいので、

くれぐれも注意してくださいね。

スポンサーリンク



-60歳からの働き方

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2017 All Rights Reserved.