現在から定年後も老後も意識したネットの働き方で、お金を稼ぐ方法を実際に取組みながら、基本的に三つの方法で老後資金を貯める考え方を書いています。

スポンサーリンク



55歳から60歳の引きこもりで貧困と戦ってみました

更新日:

55歳の時失業してからどうしても、
再就職できなかったのです。

それから5年もの間、
家の中に引きこもって、
自分なりに考えてみました。

55歳から60歳の引きこもりで貧困体験

仕事もないとなると、
お金も無駄に使えないし、
3度の食事だけをとって、
テレビを見たりパソコンで、
ネットサーフィンの毎日です。

 

ビールもお菓子も止めました。

焼肉とか寿司とかラーメンなどの、
外食などはとてもできません。

 

外食は贅沢なものとなってしまい、
インスタントラーメンが多くなりました。

 

スーパーへは遅い時間に行って、
半額の安くなったものを買って、
極力無駄使いをしないようにしたのです。

 

人にも合わないので、
服はいつも同じもので問題なし。

実に気楽なものです。

 

堕落してしまうとどうでもよくなって、
働く気も無くなってしまいました。

 

もし生活するお金がたっぷりあったら、
このままずっと引きこもりの人生を、
していたかもしれません。

 

スポンサードリンク


 

お金のない引きこもり生活は修行そのものでした

 

失業中でも国民年金も払って、
家賃から水道光熱費を支払うと、
貯金はどんどん減っていきます。

 

収入がないと貯金など、
あっという間になくなるものです。

 

アパートに引きこもりながら、
パソコンが唯一の楽しみとなり、
朝から晩までパソコンを使って、
遊んでいました。

孤独感からの逃避です。

 

おかげでパソコンの検索とかは、
上手になったと思います。

 

そういったことを続けていると、
3年なんてあっという間に過ぎました。

 

55歳から無駄に過ごした引きこもりの時間がもったいない

 

貯金の底が見えてくると、
何かしなければいけない気になって、
ネットで色々調べてみたのです。

 

収入がないといくら節約しても、
先はどうなるか見えているので、
何とかしなければと思っていました。

 

58歳のころになると、
引きこもりにも慣れて、
仕事をしない生活が、
当たり前になってきたのです。

 

でもお金がないと生活できないし、
何とかしようと考えるようになりました。

 

ネットで調べると、
お金儲けの話はいくらでもあります。

 

でもどれも胡散臭い感じがして、
お金を出してまでやろうとは、
思いませんでした。

 

ところがホームページを作って、
お金が稼げるという話には、
なぜか気になっていたのです。

 

ホームページを作ったらそのページに、
広告を載せるだけということなので、
広告を載せる方法を調べたら、
あの有名なグーグルの広告のことでした。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense - Google

グーグルなら大丈夫だろうという思いから、
やってみようと思ったのです。

 

とりあえず暇だし、
ホームページの本などを買って、
勉強してみました。

 

するとこれが面白いというか楽しいのです。

 

覚える楽しさというものを、
久しぶりに味わった気がしました。

 

とりあえずサイトを作ります。

 

ホームページにグーグルアドセンスの、
広告を載せるためにはそれなりの、
手続きが必要です。

 

審査に通ると広告を載せることが出来て、
ホームページらしくなってきました。

 

引きこもり中でもホームページ作りに、
楽しさを見つけてからは、
毎日ページ作りをしていました。

 

それでもお金が稼げたわけでもなく、
60歳の時にはとうとう貯金ゼロです。

 

60歳の引きこもりからの脱出作戦開始

60歳の引きこもりとしては、
もう働きに出る気持ちもなく、
借金しながらひたすら、
ページ作りばかりしていました。

 

さすがに引きこもりで暇なだけに、
相当な数のページを作ったと思います。

 

ホームページやブログで稼ぎたいなら、
「継続するだけ」「稼げるまで続ける」
などと書いてあるのでやってみたのです。

 

当然引きこもりですから、
稼げるまでやり続けました。

 

ホームページを作り始めて、
半年過ぎたあたりから「チャリン」と、
音がしてきた感じを受け、
ひたすらページを作っては広告を載せ、
一年が過ぎて行くころには、
かなりの手ごたえを感じたのです。

 

ひょっとするとこのまま続ければ、
60代も引きこもりが出来るかもしれない、
そして年金を受給してしまえば、
一生暮らしていけるのではないかとさえ
思ってしまいました。

 

そして61歳の時国民年金を、
4年繰り上げて受給したのです。

 

途中国民年金を払ってない時期もあり、
国民年金65歳の満額でも6万円くらいで、
その24%減の需給となりました。

 

もちろん年金だけでは暮らせません。

 

でもホームページからの収入があると、
暮らせてしまうのです。

 

61歳の引きこもりとしては、
暮らせるからといっても、
油断はできません。

60代で引きこもり脱出成功!

ホームページで稼げなくなったら、
万事休すなので、
その後もどんどん作ってみました。

 

するとどうでしょう。

お金って大事ですね。

 

先が心配だとお金が無くなったら、
どうしようと思って不安になります。

 

これが自分で稼げるようになると、
自信がわいてくるのです。

 

ますますいろんなページを作って、
広告の他に商品の紹介なども始めました。

 

何なんでしょうねこの仕組みは!

 

55歳から60歳まで節約しながら、
使った分のお金が、
ここ2年間で通帳に戻ってきました。

 

貯金も出来るし、
今まで作ったページが私に代わって、
24時間365日働いてくれています。

 

今では私の作ったページが私に代わって、
ネット上に引きこもっている状態です。

 

私はお金のない自由からやっと抜け出して、
本当の自由を手に入れ、
62歳で引きこもりから解放されました。

 

お金ってホント大事です。
今の時代はお金がないと、
どうしようもありません。

 

こんな私でも自分の考え方や行動次第で、
何とかなるものだと感じた次第です。

 

60代中盤に向かって、
次の目標を考えながら、
とりあえずブログを書いています。

 

ビッグ友老後100まで!】ホームへ戻る

スポンサーリンク



スポンサーリンク



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。
年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかるということが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

スポンサーリンク



誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人



-生活

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2018 All Rights Reserved.