現在から定年後も老後も意識したネットの働き方で、お金を稼ぐ方法を実際に取組みながら、基本的に三つの方法で老後資金を貯める考え方を書いています。

スポンサーリンク



老後も仕事したいお金の不安を軽減させる方法

更新日:

老後も仕事したいと考えている人は
これから老後を迎えることについて、
どんなことが気になっているのでしょう。

 

現在は高年齢者雇用安定法の改正で、
60歳定年を過ぎても希望すれば再雇用で、
65歳まで働くことができます。

 

老後も仕事がしたい人にとっては
65歳まで働ける再雇用制度ができたことで
とりあえず65歳までは安心でしょうが、
再雇用制度で賃金は激減するのです!

 


65歳まで働ける再雇用制度とだけを聞くと
恵まれているように感じますが、
賃金は大幅に減額になる場合も多く、
とても満足できる待遇で、
65歳まで働くことは出来ないようです。

 

老後も仕事したい

「65歳まで働きたい」
「65歳以降も働かないと暮らせない」

60代以降の雇用状況は厳しいのが現実です。

 

定年は少し伸びてもお金は伸びません。

寿命が伸びているなかで、
働くことが難しい状況にあります。

 

セカンドライフは20年位はあるのです。

いったいどうすればいいのでしょうか。

 

スポンサードリンク


 

老後仕事したい=お金の不安がある

老後の資金が十分にあれば、
悩みも減ってきますが、
年金だけでは暮らせないとも
言われているのです。

 

老後の病気やケガも心配だし、
親の介護や自分自身そして配偶者の介護と、
悩みは尽きません。

 

定年前の50代という世代は、
特に「老後の資金」「年金」といった、
お金に関連する不安を持っています。

 

定年後・雇用延長の終了後に、
労働収入がなくなってしまうからです。

 

そうなると老後も同じような暮らしは、
難しくなってきます。

 

老後も仕事がしたいというのは、
結局お金の不安があるからです。

 

老後仕事がしたい=お金の不安を軽減する。

 

年金があるのですから働き方によっては、
お金の不安を軽減することは、
出来そうな気がします。

老後も仕事をしたいならお金を増やしながら生活する

老後を貯金を取り崩しながら生活するのは、
減っていく貯金残高を見て不安になり、
精神的にも辛いものがあります。

 

しかし、生活をするにはお金がかかるのです。

 

特に病気になったら、
何かしらの治療や介護の必要が出てきます。

 

老後はお金がかかるということです。

 

そこで老後も仕事をしたいなら、
今のうちにお金を増やしながら、
生活する方法を考えてみましょう。

 

老後も仕事をしたいなら元気なうちに、
お金を増やす仕組みを作るのが最善策です。

 

60代以降の雇用状況は厳しくなります。

 

私が60歳から実際に取り組んで、
お金を増やしていく方法は、
ホームページ作りやブログです。

 

私にとってのお金を増やすための選択肢は、
お金を稼ぎ続ける仕組み作りになります。

 

再雇用制度を使って働いている間、
年金を受給しながらでもできる方法なのです。

 

働いてきた経験などをホームページや
ブログに書いたりしてお金を稼ぎます。

 

得意な分野があると取り組みやすいですね。

 

お金に余裕があれば株や不動産、
投資信託など「投資」なども選択肢ですが、
お金に余裕がなければできません。

 

その点ホームページやブログを始めるのに、
ほとんどお金がかからないのです。

 

私も実際に60歳からホームページを始めて、
生活費を稼いで生活しています。

 

ホームページを作れれば、
お金を稼ぎ続ける仕組みが出来るのです。

 

老後も仕事をしたいなら不労所得の仕組み

ホームページ作りを請け負うのではなく、
自分でテーマを考えて作ります。

 

どういった感じなのか、
イメージが分からないというなら、
こちらを見てください。

 

ネット検索する人なら誰でも知っている、
グーグルです。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense - Google

この「グーグルアドセンス広告」を使って、
お金を稼ぐことが出来るのです。

 

作ったページに広告を載せて投稿すれば、
お金を稼げる仕組みが出来ます。

 

数ページでは稼げませんが、
まとまったページを作れば、
24時間365日ページが働いてくれるという、
夢のような仕組みを作れるのです。

 

老後は体力を使う労働型の収入ではなく、
仕組みを作ってお金を稼ぐことが、
長くお金を稼いでいける方法になります。

 

こういった仕組み作りは、
早ければ早いほどいいのですが、
比較的自由になった60代からでも
十分できるでしょう。

老後にネットで仕事がしたいなら「本気」

私は59歳からネットで稼ぐ方法を調べて、
60歳から「本気」で取り組んでみました。

 

本気で取り組むことが出来ないと、
ネットでお金を稼ぐことは出来ません。

 

ネットだと「簡単に稼げそうな気がする」
だけです。

 

お金を稼ぐだけなら会社で働いて、
給料をもらうことの方が簡単でしょう。

 

その簡単に稼げる会社での仕事が、
老後になくなるのですから、
ネットで稼ごうとするなら「本気」で、
取り組まないと稼げません。

 

本気とはどういうことかというと、
ブログでもホームページでも記事を書き、
ページを作ります。

 

これを長く続けるということです。

一日一記事書くことを一年続けると、
365ページ出来ます。

 

これを数年間続けて行けば、
老後は年金をもらいながら、
ホームページやブログからの
収入が入る可能性は高いでしょう。

 

私は本気で取り組んで仕組みを作り、
今は自営業をしています。

 

ホームページからの収入で、
十分生活出来ているので、
年金は貯金しながら、
半年前からブログも始めました。

 

もしまだ何もしていないなら、
ホームページやブログを作って、
65歳から70歳位までに稼げるベースを、
毎日コツコツ記事を書いて
ネット上に作ってしまえばいいのです。

 

私は老後も自由に働きたいので、
ネット上に仕組みを作りました。

老後は趣味としてブログを楽しめます。

 

ビッグ友老後100まで!】ホームへ戻る

スポンサーリンク



スポンサーリンク



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。
年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかるということが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

スポンサーリンク



誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人



-定年後の働き方

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2018 All Rights Reserved.