不労所得で暮らしたいなら記事を書くのがクセになるブログの仕事!

投稿日:

スマホもいいけどパソコン一台あればいい。インターネット環境を上手に利用。

スポンサーリンク



癖(クセ)になる仕事やってみました。

 

「放っておいてもお金が入ってくる」ので
記事を書くことが癖になってしまいます。

最初は気がつかなかったのですが、
一年もやってきたら記事を書く仕事が
クセになって楽しいのです。

 

なぜ楽しいのかというと、
過去に書いた記事が24時間働いて、
「放っておいてもお金が入ってくる」
状態になってきました。

 

一度書いた過去記事を読み直して
手直しすることもありますが、
一度書いた記事ですから時間もかからず、
ほぼほったらかしです。

 

記事を書くことを習慣化するというのが、
不労所得的収入の始まりになります。

 

不労所得で暮らしたいとは考えてなかったのに……

まさかネットの収入が不労所得みたいに
稼げるなんて予想していなかったので、
不労所得で暮らしたいなんて
まったく考えていませんでした。

 

50代後半に再就職できなかったことも、
ついていたという結果になります。

 

人生なんて何が幸いするか分かりません。

 

記事がお金を稼ぐというより
ページで紹介した商品が売れて
報酬が入るという方法になります。

 

一般的に「アフィリエイト」などと言われ
取組む人も増えているようです。

 

それでもお金を稼ぐというのは難しいし、
誰でも稼げるというものではありません。

 

その記事がお金を稼ぐ土台ですから
不労所得のような気がしています。

 

「記事を書いて商品を載せると売れる」
こうなると記事を書くことがクセになって
どうしても不労所得で暮らしているとしか
思えないのです。

 

こんな癖になる仕事があることに
最近気づいてしまいました。

 

「癖(クセ)になる仕事」とは
ブログのことです。

 

 

スポンサードリンク


 

不労所得で暮らしたいならブログもいい

ページを作っても稼げなかった時、
やけくそ気味で記事を書いていたら、
職業病を発症してしまったようです。

 

それ以来何か記事を書かないと
落ち着かないというのでしょうか、
記事を書くことがクセになってしまい、
とうとうブログまで始めることになり、
約一年も続いています。

 

ネットの仕事自体は
数年前から取り組んでいるので
自分では当たり前なのですが、
記事を書く仕事がクセになったことで、
やめられなくなりました。

 

こういったわけですからパソコン依存症で
パソコンを使わない日はありません。

 

毎日なんかしら記事を書かないと
物足りなく感じてしまいます。

 

そう言う訳で記事を書いてきたら
後から不労所得みたいに、
お金が稼げるのですから不思議です。

 

ブログで生活費も稼げるようになったら、
記事を書くのがクセになるかもしれません。

 

書くことがクセになるくらい書きまくって
「記事を書くのが当たり前」にならないと
ブログを継続するのは難しいのです。

 

記事を書くのが苦手な私の場合はですが。

不労所得で暮らしたいならネットがいい

50代後半の頃でしたが
どこも雇ってくれないし、
「会社に雇われないでもネットで稼げる」
みたいな記事を読んだことから
記事を書く仕事が始まりました。

 

それでも最初は文字入力をすると、
肩が凝って目もショボショボして
とてもやってられないと思ったほどです。

 

しかし再就職先を探しても
どこも雇ってくれないのですから
しかたなく記事を書いて
ホームページ作りをしていました。

 

55歳から数年間もの間再就職のため
雇われることばかり考えていたのに、
雇ってくれないと分かったら
孤独と不安が出てきて夜も眠れなくなり、
これはいけないと思ったのです。

 

お金にもならないのに
昼間寝て夜記事を書いていました。

 

こういった生活をしていたら、
「脳」が本気になったみたいなのです。

 

恐らく本気がクセになって
記事を書くことが習慣になった要因だと
思っています。

 

そうしてページ作りをして
孤独と不安を忘れるようにしていたら
いつの間にか一年が過ぎて
かなりのページができあがり
自分でも驚いたほどです。

 

それでも生活できるほどは稼げないので、
年金を4年繰り上げて受給しました。

 

年金があるとないとじゃ大違いです。

 

年金だけでは暮らせないにしても
精神的に余裕が出てきます。

 

年金を受給できたことで
年金での不足分を稼げばいいのですから。

 

と思っていたら過去に作ってきたページが
24時間働きだしたようなのです。

 

グッドタイミングでネットからの
不労所得的お金が振り込まれてきました。

 

ホームページの収入も年金も
感じとしては不労所得のようなもので、
働かないでも口座に振り込まれてきます。

 

不労所得のようなお金が入ってきて
暮らせるようになってしまいました。

 

不労所得的な感じで暮らしたいなら
ネットがいいと思います。

「不労所得で暮らしたい」が現実になりそう

どうせならブログも
過去に書いた記事が24時間働いてくれて
不労所得となって欲しいと思ったのです。

 

それで老後を暮らしたいと思っていたら、
いつの間にか過去記事がお金を稼ぎ出し、
本当に不労所得的な感じがしています。

 

こんな生活でいいのでしょうか。

 

私としても長い間失業してしまい
60歳の時には貯金も使い果たして、
老後資金も無くなってしまったので
こういった不労所得みたいな稼ぎ方は
正直嬉しいのです。

 

老後資金のない老後なんて
とても怖くて生きて行けません。

 

毎月ほったらかし状態なのに、
不労所得みたいにネットで稼いで
口座に振り込まれてきます。

 

会社に雇われてもいないのに
少しづつ老後資金も溜まってきたり、
60代になったら年金もあるせいか
今まで働いても稼げなかった分が
不労所得になって入ってきました。

 

クセになるブログの仕事も
少しづつ稼げてきたので
年金、アフィリエイト、ブログといった
収入源が3つです。

 

ネットで稼ぐ方法は不労所得みたいで
面白い働き方だと思います。

 

このままブログを続けて行ったら、
本当に不労所得みたいな収入になって、
老後も定年など気にしないで
働けそうです。

 

60代から定年を過ぎても
個人事業主の自営業で
不労所得的な働き方をして、
老後を楽しく稼いでみましょう。

 

私は一足先に始めました。

 

インターネットは素晴らしい!

ビッグ友老後100まで!】ホームへ戻る

 

関連記事:
ブログでお金を稼ぎたいと思ってネットの仕事を始めました



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。

年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。

半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。

50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-お金の稼ぎ方(ネット)

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2018 All Rights Reserved.