現在から定年後も老後も意識したネットの働き方で、お金を稼ぐ方法を実際に取組みながら、基本的に三つの方法で老後資金を貯める考え方を書いています。

スポンサーリンク



貧乏暮らしの生活費をネットで稼いで抜け出す方法

更新日:

貧乏暮らしでは生活費を工面するのも大変、
毎日の生活も楽しくありません。

 

自宅にネット環境とパソコンがあれば、
貧乏暮らしでも生活費は稼げます。

 

せめて質素な暮らしで、
楽しい生活を目指そう。

 

「貧乏な暮らしを抜け出し生活費を稼ぐ」

「貧乏から必ず抜け出せる!」

 

 

貧乏暮らしでもネットで生活費が稼げる働き方

お金がない生活が苦しい

貧乏でも質素な暮らしで
ゆとりを持って生きる働き方とは?

 

収入が少なくて生活費を
貯金を切り崩しながらの暮らしでは、
精神的にも辛いものです。

 

貧乏暮らしから抜け出せる方法があります。

 

私自身も貧乏と戦う毎日を経験して、
生活費の大切さが分かってからは、
無駄使いをなくして我慢する生活を
受け入れられるようになりました。

 

今生活できる貧乏暮らしなら、
これからネットを利用して働けば、
生活費は稼げるからまだ大丈夫です。

 

生活出来ているうちに、
貧乏から抜け出す方法を考える
「考え方」を紹介します。

 

私は生活費を在宅ワークで稼ぎながら、
貧乏暮らしを脱出しました。

 

貧乏暮らしを脱出する方法の前に
「貧乏を脱出する考え方」
が大切だと感じています。

 

必要最低限の生活費はどれくらいか?

 

このブログを読んでいるくらいですから、
生きていくのに最低限必要な
生活費はあるでしょう。

 

生きるのに必要なお金といえば、

・家賃代(管理費含む)
・水道、光熱費(ガス、電気代)
・食費代

最低限この3つさえクリアできれば、
死ぬまで生活出来るかというと
そうはうまくいきません。

 

あとは健康保険に住民税、必要なときに洋服代や
生活雑貨などを購入するお金です。

 

結構かかりますね。

 

そしてネットでお金を稼ぐなら、
・通信費(スマホ&パソコン接続料金)
がかかるのです。

 

わたしの場合貧乏暮らしをしていても、
パソコンとネット環境だけは
絶対に手放しませんでした。

 

周りの人のアドバイスを受けると、
真っ先にパソコンとか
ネットの接続を解除すべきと言います。

 

わたしが貧乏生活を抜け出せたのは、
この二つを諦めなかったからです。

 

ネット環境とパソコンさえあれば、
家にいてお金を生み出す「打ち出の小槌」
のようなものと思っています。

 

スポンサードリンク


 

貧乏暮らしが生活費を稼ぐエネルギー

貧乏暮らしというのも一時的なら、
貴重な経験になります。

 

貧乏暮らしはチャンスだ!

 

いまから貧乏暮らしに慣れておけば、
将来年金もらうようになっても、
少しの収入さえあれば
安心して暮らせるようになります。

 

ネットで探すとあります。

私は在宅でできる仕事を探しました。

 

 

在宅でできる自分の好きな仕事を探せばいいだけです。

 

自分の好きなことを仕事にすることで、
継続して諦めずにできます。

 

人間必死になると出来るものです。

 

貧乏暮らし脱出の生活費をネットで稼ぐ方法

お金をかけないでどこでもできる仕事に、
クラウドソーシングという働きがあります。

 

その他の仕事以外での空き時間の活用で
無理なくできる作業を考えた時に、
自宅でできる仕事は最適ですね。

 

何より上場企業の案件サービスなので
安心感がありますし利用者数100万人を
超えるというのですから、
クラウドソーシングの働き方の、
人気の凄さが分かります。

 

生活費の足しに仕事がしたい
という方はクラウドソーシングです。

 

在宅で稼ぐ仕事で稼げなければ
他のネットの副業で稼ぐことは
難しいかも知れません。

 

クラウドソーシングの働き方の魅力
・初心者でもできる簡単な作業が多い
・案件が多いので常に仕事がある
・タスク案件が簡単なのでおすすめ

本気で作業すればアルバイトや
パート代くらいは稼げます。

 

記事を書く事で色々な知識も入るので、
後々自分でブログを始めるのにも、
参考になると思います。

 

仕事に慣れてくれば稼げるのですが、
最初は数をこなす必要があるでしょう。

在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった生活費を稼ぐ仕事が
きっと見つかります。

 

貧乏暮らしを抜け出し生活費を稼いで自営業

老後も働ける仕事

将来年金をもらう頃には、
個人事業主になっているかもしれません。

 

年金だけでは足りない分を
在宅で稼げるようにしておけば、
定年や老後も関係なく働く事が出来ます。

 

今の時代はインターネット環境
が整っているのですから、
これを利用しないのはもったいないです。

 

私の場合ですが老後の収入源として、
ホームページやブログを作ってみました。

 

今ではこれまでに作ったページが、
私の代わりに24時間働いてくれています。

 

こういったように自分で働かなくても
分身が働いてくれる仕組みを作ることが、
ネットでお金を稼ぐ考え方です。

 

ネットの仕事なら定年後や老後もできて、
お金を稼ぎ続けられるかもしれません。

 

貧乏暮らしでも考え方とやる気次第では、
ネットを利用して生活費も稼げるので、
まだチャンスはあるということです。

 

関連記事:
老後前の貧乏はチャンスだ!最低限生活出来るお金持ちになればいい

老後前の貧乏はチャンスだ!最低限生活出来るお金持ちになればいい


 

ビッグ友老後100まで!】ホームへ戻る

スポンサーリンク



スポンサーリンク



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。
年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかるということが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

スポンサーリンク



誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人



-お金の稼ぎ方(ネット)

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2018 All Rights Reserved.