女性の一人暮らしは老後資金を稼ぎ続ける仕組みを作ることが最善策

投稿日:

スマホもいいけどパソコン一台あればいい

インターネット環境を上手に利用すれば自宅で仕事もできます。

スポンサーリンク



女性の一人暮らしで老後にお金が必要と分かっていても、老後資金のことを真剣に考えている人は少ないようですね。

 

老後資金は老後になって働けなくなった時や、介護を受けるようになった場合に、必要となるお金になります。

 

 

ただ、毎月の収入から老後資金を貯めるという習慣がないため、毎月の給料から貯めるとなると、欲しいものを我慢することもあると思うのです。

 

しかし、給料から老後資金を少しづつでも貯蓄しておかないと、年金だけでは暮らせないとなった時に、老後資金が不足すると困ってしまいます。

 

年金がたくさんもらえそうな夫婦の場合でも、毎月欠かさず貯蓄しているでしょう。

 

 

どちらかが健康面に問題が起きた時にお金が必要だからです。女性の一人暮らしの場合は、なおさら老後資金を少しづつでも貯蓄することをおすすめします。

 

 

老後資金をまとめてボーナスで貯蓄するよりも、毎月の給料から効率よく貯蓄して習慣化できると、老後も計画的に使える人になれるものです。

 

年金がたくさんもらえそうな夫婦でも、老後資金のことを考えて、毎月の給料からの貯蓄が習慣化されているかもしれません。

 

 

このページでは、女性の一人暮らしの老後資金作りについて、老後資金不足や定年後もお金を稼ぎ続けられる、三つの方法を紹介していきます。

 

その前に65歳以降の老後資金について、最低限暮らしていけそうな金額を計算してみました。

 

女性一人暮らしの老後資金をシミュレーション

老後資金のシミュレーションなので、男女関係なく計算しています。

わたしは基本月15万円で老後を生活するつもりで、老後資金の貯蓄を始めたのです。

 

 

65歳から80歳までの15年間から、90歳までの25年間の生活老後資金のシミュレーション

15万円×12ヶ月×15年=27,000,000円
15万円×12ヶ月×25年=45,000,000円

月15万円で暮らしたとしても毎年180万円必要になります。

 

 

年金や貯金がないとしたら、老後を考えると怖くなる数字です。

あなたもご自分で老後資金のシミュレーションをしてみましょう。

自分のおおよその老後資金が把握できます。

 

 

スポンサードリンク


 

女性の一人暮らし老後資金の収入額は?

年金で生活できるか

定年の65歳以降も仕事をされる人もいると思いますが、基本的な考え方で最低限どのくらいの年金収入があるのかについて、考えています。

 

国民年金の月額平均支給額
厚生労働省が公開している「平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」という報告書によると、国民年金(老齢基礎年金)の平均支給額は、月額で「55,464円」だそうです。

 

国民年金を40年全て納付した場合に受け取れる老齢基礎年金額(満額)は、77万9,300円で、月額で「64,941円」の支給額になります。

 

 

厚生年金の月額の平均支給額
厚生労働省の「平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」という報告書を見ると、厚生年金の月額の平均支給額は「147,927円」だそうです。

 

しかし、厚生年金は加入期間や報酬によって、支給される金額に差があることはご存知でしょう。

男性が「166,863円」
女性が「102,708円」となっています。

 

もし、国民年金のみとなったらどのくらいの収入が得られるのでしょう。

55,464円×12ヶ月×15年=9,983,520円
55,464円×12ヶ月×25年=16,639,200円

年間665,568円です。

 

 

スポンサーリンク



 

女性一人暮らしの老後資金支出額は?

国民年金を受給した女性が一人暮らしで生活するとしたら、65歳からどのくらいの老後資金が支出されるのでしょう。

 

毎月15万円で生活した場合で考えてみます。
15万円-55,464円=94,536円
94,536円×12ヶ月×15年=17,016,480円
94,536円×12ヶ月×25年=28,360,800円

女性の一人暮らしには、毎月老後資金が94,536円必要になります。

 

ですから、90歳まで健康で生きたとしても、少なくても28,360,800円が必要となるのです。

定年後働かないとしたら、65歳までに28,360,800円準備出来ますか?

 

実際の生活費は住居費によってかなり違いがありますので、最も低い金額で計算してみました。

厚生年金に加入している期間がある人は、もう少し余裕がありそうですが、国民年金だけとしたら、とても暮らしていけません。

定年後も元気なうちは、働かなければとても生活出来ないことが予想されます。

 

 

スポンサーリンク



 

そこで、わたしが60歳から取り組んだ、年金に頼らないでも、お金を稼ぎ続ける考え方について紹介しました。

60歳貯金ゼロから老後資金を貯めています

わたしも一人暮らしですから、老後のことを考えて40代、50代と老後資金をコツコツ貯金してきました。

ところが55歳の時失業してしまったのです。

 

再就職先を探したのですが、どこの会社も雇ってくれないのですから、本当に困ってしまいました。

 

貯金ばかりがどんどん減っていくのですから、不安と孤独感が襲ってくるのです。

 

こういった状況になると、自分の脳が本当に真剣になってきます。

雇ってくれないなら、自分でお金を稼いでみようとなるものです。

 

そして、ネットで調べて次の三つのお金の稼ぎ方を見つけました。

・クラウドソーシングで働く
・ホームページを作ってアフィリエイト
・ブログを書いて収入を得る

この中の一つでも取り組めば、お金が稼げるようになって、自宅で老後資金を貯金できます。

 

二つを組み合わせたら、ネットで収入を得る最強の組み合わせになりました。

この三つの方法さえ駆使すれば、老後に関係なく家でできる仕事になるのです。

 

女性の一人暮らし老後資金の貯め方三つの方法

日本のどこに住んでいても、家にパソコンとインターネット環境があれば、収入が得られると確信出来ました。

 

わたしが実際に取り組んで、お金を稼いでいる方法ですが、比較的簡単に家でできるクラウドソーシングの働き方は、やっていません。

 

なぜかというと、60歳で貯金ゼロではコツコツ稼ぐ仕事が精神的に、できなかったからです。

わたしは、今稼げる仕事を諦めて未来に稼ぎ続ける方法を二つ選択しました。

 

そして、60歳から作ったサイトが今24時間働いてくれています。

あなたに合った方法もあると思いますので、じぶんにあった方法で取り組んでみてください。

 

老後資金の貯め方クラウドソーシングで稼ぐ

老後も家でできる仕事で稼ぐ方法です。

お金をかけないでどこでも出来る仕事に、クラウドソーシングという働きがあります。

 

一日の中での空き時間の活用で、無理なくできる作業を考えた時に、自宅でできる仕事は最適ですね。

 

何より上場企業の案件サービスなので安心感があります。

クラウドワークス利用者数が100万人を超えるというのですから、クラウドソーシングの人気が分かります。

 

老後も自宅で仕事がしたいという方は、クラウドワークスの仕事です。

在宅ワークならクラウドワークス

この家でできる仕事で稼げなければ、他のネットで稼ぐ方法は難しいかも知れません。

クラウドソーシングの働き方の魅力
・初心者でもできる簡単な作業が多い
・案件が多いので常に仕事がある
・タスク案件が簡単なのでおすすめ

本気で作業すればアルバイトやパート代くらいは稼げます。

 

ブログに興味がある人なら、記事を書く仕事で色々な知識も入るので、後々自分でブログを始めるのにも、参考になると思います。

 

仕事に慣れるということが大切ですから、最初は簡単な案件で数をこなす必要があるでしょう。

あなたにあった自宅でできる仕事がきっと見つかります。

 

老後資金の貯め方ブログで稼ぐ方法

ブログを書いてもすぐには稼げません。

ブログで今すぐに稼ぐという考えではなく、未来に稼ぎ続けるための土台作りをする考えで、取り組んで欲しい方法です。

 

わたしのこのブログの収入を見ていただければ、ブログで稼ぐまでの大変さが分かると思います。

最初は記事をひたすら書いているだけで、三ヶ月くらいまではほぼ稼げません。

老後ブログ収入あるの?

ブログというのは稼ぐまでに時間がかかりますので、ほとんどの人は途中で諦めるようです。

 

 

でも続けていれば稼げるようになるのですから、数年先を見据えてコツコツ続ける以外に、壁を破ることはできません。

 

ブログでなぜお金が稼げるのかと思ったら、こちらのグーグルのサイトをご覧ください。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense - Google

ブログで収入を得る方法ですから、多くの人が取組んでいます。

 

 

始めるのにそれ程お金も掛からないところが、始めやすい理由かもしれません。

 

クラウドソーシングで働くことに慣れてきたら、新しい収入源としてブログでコツコツ記事を書いて、未来に稼げる土台を作ってください。

 

老後資金の貯め方アフィリエイトで稼ぐ

わたしが最初に取り組んだのが、ホームページ作りです。

 

毎日必死で記事を書いて、ページを作ってブログと同じ方法で、収益を得る方法になります。

 

わたしとしてはブログよりホームページ作りが、好きなのでこちらを専門にして取り組んできました。

一つのテーマである程度の記事を書いて、広告や商品を載せてサイトを作ります。

 

こちらは始めるのにホームページというソフトを、使えなくては出来ません。

 

サイトを簡単に作れるソフトもあるので、覚えることはそれほど難しくはありませんが、ブログに比べると少しハードルが高い感じはします。

 

それでも、初期にかかる費用くらいですから、ネットで仕事をするリスクは全く感じられませんでした。

 

アフィリエイトで収入を得ようとすると、サイトがなければ商品が紹介できませんが、先に商品を見てからサイトを作るということができるのも、アフィリエイトサイト作りの楽しいところです。

 

アフィリエイトがどういったものかを知るなら、わたしが利用している
A8.net

登録するといろんな広告が掲載できます。

 

内容をじっくり読んでいただければ分かるのですが、家でできる稼ぎ方にこんな素晴らしい方法があることに驚くでしょう。

 

こういったアフィリエイトといった方法は、紹介した商品が売れて始めて報酬が得られますので、難易度は上がります。

 

しかしアフィリエイトできる商品には、女性が利用するものがたくさんありますので、女性の方にはサイトも作りやすいし、取り組みやすい方法かもしれません。

 

このサイトを隅から隅まで見てみれば、いろんなことに気づかれると思いますので、時間のある時にでも見てください。

 

わたしは失業して暇な時間がたっぷりあったのが幸いして、ホームページを作ってきましたので、今では過去記事が24時間365日、私に代わって働いてくれています。

 

今はお金にならなくても、未来にお金が稼げる仕組みを作ることが、老後もネットで稼ぎ続ける方法だと思うのです。

 

わたしが60歳から実際に取り組んで、一人暮らしの老後を見据えて取り組んでいる方法を紹介しました。

アフィリエイトの場合でも、絶対もうかる保証はありませんので、自己責任で取り組んでください。

 

まとめ
女性でも男性でも老後を生きる大変さは同じです。

定年後の長い老後を考えた時、老後資金がなければ心配ですから、できる限り早いうちにネットで稼ぐ術を身につけることも、対策の一つだと思うのです。

女性の一人暮らしで将来の老後資金が心配なら、毎月の給料からコツコツ貯金するか、暇な時間を利用してクラウドソーシングで稼いでみましょう。

 

老後という先の未来を見据えて取り組むなら、ネットの仕事で年金で不足する分を稼ぎ続ける方法もあります。

 

40代、50代なら今は会社で稼ぎながら空いた時間を利用して、今稼げなくても未来に稼ぎ続ける土台作りをして欲しいですね。

 

ビッグ友老後100まで!】ホームへ戻る



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。

年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。

半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。

50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-老後資金

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2018 All Rights Reserved.