定年後の起業のすすめ!定年後の仕事はお金をかけない起業が理想

投稿日:

スマホもいいけどパソコン一台あればいい
インターネット環境を上手に利用すれば自宅で仕事もできます。

スポンサーリンク



定年後の起業など考えてもいないかも知れません。

わたしは「老後も稼ぎ続ける方法」のみに焦点を当てて行動しています。

 

退職金があって年金がもらえるようになれば、その先は安泰ですか?

 

貯蓄もたくさんあって、年金だけで暮らせるという理想的な老後であればいいのですが、もし、年金だけでは暮らせないとしたら、どういった対策をしておけばいいのでしょう。

年金で不足する分を貯蓄で補いながら暮らすとしたら、長生きした時に貯蓄が底をつくことも考えられます。

 

長生きできるようになったのはいいのですが、貯蓄が減っていくのを見ているだけだとしたら、ストレスが溜まりそうです。ですから、元気なうちは働いて老後資金を増やしたいと考えることは、当たり前になってきました。

 

これは年金だけでは暮らせないところに問題があると思うのです。

そこで、年金で不足する分を「稼ぎ続ける方法」を考えてみました。

 

定年後の起業のすすめ!

定年後に一日でも長く稼ぎ続ける方法で起業することです。しかも、定年後ですからお金のかからない起業を考えてみました。

 

定年後にお金をかけないで、お金を稼ぎ続ける方法があったのです。

そんなお金をかけない理想的な起業ができるのかと思ったことでしょうね。

 

実際わたし自身が60代から、個人事業主として開業届を出して、自営業を始めてみました。

 

ほぼお金をかけないで起業できたのです。

ただ、お金をかけないのですから自助努力は必要になります。

その準備を50代後半からしておいて、定年後に起業するという構想なのです。

 

定年後の起業を考えるなら、安定収入のある定年前の55歳くらいから2~3年かけて準備をして、58歳くらいから実際に副業として始めるのがいいと思います。

 

定年を迎えた時に収入の手応えを感じるところまで持っていければ理想的ですね。

そんなにうまく行くわけがないし、起業することを理想で語って欲しくないと思っていませんか。

 

おそらく、お金を稼ぐ方法を知らないから不安に思うのでしょう。そこで私の考え方や実践した方法をご紹介させていただきます。

 

スポンサードリンク


 

定年後にお金をかけないで起業して、実際にお金を稼げたのか?

結論から言うと「お金は稼げますし、いまも稼ぎ続けています

一時的にお金を稼ぐのではなく、継続的に稼ぐことに価値があると考えています。

 

ここまで何をして稼ぐのかを書いていません。

多くの方が定年を迎えても、お金をかけないで起業する方法が分からないという、一般的な状態です。

 

この起業するという考え方が持てなかった場合どうするのでしょうか。

 

定年後ですから多少は貯金もあり、精神的にもしばらくは余裕があるはずです。

 

老後資金を確保するために働くとしたら、起業ではなくアルバイトやパートなどを考えると思います。これで老後のお金の不安がなくなるのであれば、その選択は正しいでしょう。

 

わたしのように50代後半から失業し、退職金もない貯金も使い果たした状態だとしたら、アルバイトやパートなどしている場合ではないのです。

 

失業のまま60代に突入ですから、定年もありません。

 

お金もないのですから年金受給額を減らしてでも、できるだけ早く年金をもらいたくなります。しかし年金を受給しても生活できないとしたら、不足分を生涯稼ぎ続けなければ、いずれ老後破産が待っているだけです。

 

この問題を解決するために「定年後の起業」という考え方になりました。

そこでどんな仕事をすれば、お金を稼ぎ続けられるのかについてお話しします。

 

定年後に起業して継続してお金を稼ぐ考え方と方法

定年後にお金をかけないで起業するなら、ネットを利用する方法が理想です。

 

インターネット環境が整っていますから、日本のどこに住んでいてもパソコンが使えるでしょう。

 

ですから、このパソコンを使って自宅でお金を稼ぐ方法を考えればいいのです。

その方法を三つ紹介します。
①クラウドソーシング
②ホームページ作り
③ブログを書く

これらを自宅で行うだけでお金は稼げます。

 

①定年後の仕事にクラウドソーシング

政府が「働き方改革」の一つとして、「副業」の促進をしているので、今後はクラウドソーシングという働き方が、多くなってくるはずです。

 

ただ、クラウドソーシングの場合は登録を済ませれば、いつでも仕事を始められてお金を稼ぐことができますが、やらなければ稼げません。

 

実際100万人を超える登録者がいるというのですから、期待できる働き方であることは想像できますね。

在宅ワークならクラウドワークス


クラウドソーシング「ランサーズ」

定年後に比較的簡単に始められる仕事として、人気のある2社を紹介させていただきました。

 

②定年後の仕事にホームページ作りで起業

わたしの主力はこのホームページ作りです。

ネットのみで生活できるのも、50代から準備してきた結果だと思っています。

 

失業中にパソコンを使って、ホームページソフトで作り方を学んできました。

こういった準備期間を経て、本格的なサイト作りに取り組んできたのです。

 

わたしの場合は、サイト作りを受注するのではなく、自分でテーマを考えて専用のサイトを作っています。

 

定年後は雇われないでお金を稼ぎ続けることがテーマですから、常に自分を自由な立場に置いて作業をしてきました。

 

こういった自分専用のサイトを作って、なぜお金が稼げるのかが分かると、やってみる気になるかも知れません。

 

こちらのグーグルのサイトをご覧ください。

内容や成功者事例を見ていただければ、その意味も理解できるでしょう。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense - Google
(広告を掲載する場合は、サイトの審査を通らなければいけません。)

 

この方法こそが定年後の起業には、最適だと分かってきました。

 

その他にも自分のサイトで商品を紹介して、販売するということもできます。このように自分のサイトでお金を稼ぐ仕組み作りをすることが、定年後もお金を稼ぎ続ける方法なのです。

 

サーバーを借りてドメインを取得して、ワードプレスという無料のソフトを使えば、年間に一万円程の費用でできます。

 

あとは記事を書くというだけで、お金を稼ぐベースが作れます。

 

年間に1、2万円程度の費用で始められるとしたら、定年後の起業としてもリスクはほとんどないと思うのです。わたしはこの方法で60代で起業しました。個人事業主として開業届を出して、自営業を継続しています。

 

こういった方法ならすぐにでも始められそうな気がするでしょうが、実際やってみると簡単ではありません。

 

サーバー、ドメイン、ワードプレスといった用語や取得方法など、準備段階でしっかり理解していないと、継続できないものです。

 

こういったことはネットで調べれば簡単にわかることですから、それほど心配することもないでしょう。

最も大変なのは、記事を書くということですから、どうしても時間がかかってしまうのです。

 

ですから、定年後の起業を考えるなら、安定収入のある定年前から2~3年かけて準備をして、58歳くらいから実際に副業として始めるのがいいと思います。

 

③定年後の仕事にブログを書いて起業

わたしは60代になって、初めてブログを始めました。ワードプレスで記事を書いて投稿するだけですから、簡単なところがいいですね。

 

いまのところブログのみで生活できるレベルにはなっていません。

 

ネット環境のある所なら、ワードプレスサイトを呼び出して記事を書けるところが気に入っています。

 

今では年金もあるしネットで収入を得ていますので、時々は田舎暮らしを始めました。実家の農業を手伝いをする時には、二拠点居住生活ができてしまうのです。

 

これもインターネット環境が整ったことで、パソコンが使えるからできてしまいます。

 

ブログ記事を書いて投稿を続けていると、この記事がネット資産となってお金を稼ぎ続けてくれるのです。ホームページと同じようにお金を稼ぐ仕組みが作れるというのが、このブログのいいところでもあります。

 

50代から定年後の起業を目指すなら、ブログを書くのが最もリスクなく始められる方法かもしれません。

 

サーバーを借りてドメインを取得し、無料のワードプレスを使って記事を書くだけで、お金を稼ぎ続けるベースが作れます。これを50代から始めておけば、定年する頃には相当な記事数にもなっていて、年金で不足する分くらいは稼げるようになっているでしょう。

 

ブログ素人のわたしが一年間やってみて、このくらい稼げてきたのですから、定年後のブログにも可能性を感じると思います。
老後ブログ収入あるの?
 

 

【まとめ】
定年後にネットでお金を稼ぐなら、グーグルアドセンスが最適です。ワードプレスでブログサイトを作り、ある程度記事を書いたらグーグルの審査を受けましょう。

 

そして、審査に合格したら広告が掲載できますので、あとはひたすら記事を書くだけでお金が稼げるようになってきます。

 

この方法で記事を書いて継続することができれば、いずれ年金で不足する分くらいは稼げるようになるのですから、諦めないことです。

諦めなければ定年後に起業できてお金も稼げます!

 

【編集後記】
定年後の起業を考えるなら、今は記事を書くということに専念することです。

半年後か一年後にはお金が稼げるようになりますので、未来にお金を稼ぎ続けるサイト作りを目指してください。

 

定年後から老後を考えた場合、今は稼げなくても我慢の時です。

 

今までの経験を記事にして、未来に稼ぎ続ける資産となる記事にすることで、過去に書いた記事があなたに代わって365日24時間働いてくれるようになります。

 

長生きした場合にお金の悩みを解決してくれる、新しい年金のような方法だと思うのです。ぜひ、定年後はお金を稼げるブログを作り上げてください。

 

50代にしっかり準備しておきましょう。

 

私が実践して分かった、お金をかけないで起業できて、お金を稼ぎ続ける方法の紹介でした。

 

※定年後に必ず稼げるという保証はありませんので、自己責任でお願いします。
諦めないで行動すれば、高確率でお金が稼げるようになる方法です。

注意:初心者がネットでお金を稼ぐ場合「簡単に稼げる」方法などありません。小さなことをコツコツ積み上げた先に、お金を稼ぐ扉が開くと思っています。

スポンサーリンク



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。

年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。

半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。

50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

スポンサーリンク



誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人



-起業

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2018 All Rights Reserved.