働く年齢が70歳まで延長? 亭主元気で70歳まで留守になる!

投稿日:

スマホもいいけどパソコン一台あればいい。インターネット環境を上手に利用。

スポンサーリンク



 

現在は働く年齢も原則65歳まで働けるよう企業に義務付けていますが、希望すれば原則70歳まで働けるよう環境整備を始めると政府が検討しています。

 

2019年度から高齢者の採用に積極的な起業には補助金を出して支援するようです。

 

 

働くことが生きがいだったり、収入を確保したい人にとっては、働く年齢が70歳まで延長されることはありがたいことでしょう。

 

また、定年後に部屋でゴロゴロされて、新聞やテレビばかり見ていられては、ストレスが溜まると言っていた主婦にとっては、朗報になるかも知れませんね。

 

やはり主婦にとっては「亭主元気で留守がいい!」のです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

働く年齢が70歳までと考えるとつらくなる

年金受給も65歳移行中のいまは、働く年齢も65歳までですから、いずれ年金の70歳受給もあり得ることかも知れません。

 

70歳まで働くのは大変ですが、考え方によってはこの年齢まで働けるのも健康だからですね。

 

働く年齢が65歳でも70歳まで延長されても、あなた自身で働き方は選ぶこともできるのですから、50代のうちから考えておきたい働き方になります。

 

働く年齢が65歳までとなった時には、収入も減少したのですから、70歳までとなったらより厳しくなることも考えられるでしょう。

 

それでもそのまま働く人もいると思います。

それも一つの人生ですから、致し方ないことですね。

でも、一旦仕事から離れた人が再就職するとなると、かなり大変なことは間違いありません。

 

働く年齢が70歳までの募集が増える!

雇われて働く場のある人にとっては、年齢が65歳でも70歳でも働いてお金を稼げますが、働く場のない人はどうすればいいのでしょう。

 

政府は高齢者の採用に積極的な起業には、補助金を出して支援するといっていますから、全くないということはないと思います。

 

人材不足が深刻となっていますから、働く年齢が70歳までとなれば、高齢者の募集も増えてくるはずです。

 

今後は就職情報関連でも、ますます高齢者の募集広告が増えるのではないでしょうか。

 

ただ、働く年齢が70歳までとなれば、自分の好きな仕事に就くことはまずできないですね。

 

どうせ長く働くなら、自分の好きな仕事がしたいけれど……。

 

 

働く年齢が70歳までなんて関係ない仕事!

 

わたしの場合はすでに55歳から失業して、再就職先を探してもどこも雇ってくれないという経験をしていますから、雇われる働き方は考えていません。

 

 

会社の都合によって雇われたり、解雇されたりする働き方に見切りを付けました。

 

ですから、今では個人事業主の開業届を出して、自宅で自営業を始めています。

 

50代から準備して、60代で自分で仕事をするということも可能な時代なのです。

 

今はインターネット環境が整っていますから、自宅でできる仕事もたくさんあります。

 

特に会社でWEB関連の仕事をしていた人にとっては、ネットを利用して自宅でできるでしょう。

 

自宅でお金を稼ぐ方法を知らないだけだと思いますので、今のうちにネットを使った働き方を始めておけば、働く年齢が70歳までなんて関係なくなります。

 

WEBの仕事をしていた人なら、クラウドソーシングという働き方もできるはずです。

 

これなら自宅でもできますから、収入を得る選択肢の一つにどうでしょう。

日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

 

 

働く年齢が70歳までよりブログはどう?

 

文章を書く仕事を在宅でやりながら、お金を稼ぐという方法もあります。

 

ライティングでお金を稼げるというなら、40代や50代のうちからブログを始めておいてはどうでしょう。

 

人の悩み事や役に立つ記事を書き溜めることによって、自分のブログ自体が資産となってきます。

 

ブログから稼げるようになれば、過去に書いたブログ記事が24時間365日働いてくれるようになるのです。

関連記事:
50代からネットの仕事を準備し今日も自宅で働いてます

 

体力的なことを考えると働く年齢が70歳までより、自分の好きなことを仕事にして、定年のない働き方にもできます。

 

まだまだ先のことと思える人なら、いまを大事に生きればいいのですが、50代や60代となると時の過ぎるのが早く感じてくるでしょう。

 

今のうちから行動することが大切なのです。

 

わたしは50代後半からネットの仕事を準備して、62歳から個人事業主の開業届を出して、自営業を始めています。

 

考え方や行動次第では、自宅にいながら自由な働き方ができることが分かりました。

 

自宅にいながら自由な働き方で、収入を得るのは嫌いですか?

 

ネットの仕事は簡単ではないのですが、コツコツ続けることでお金を稼げるようになります。

 

60代をどう生きるか、どう働くかを考えるなら、今のうちから調べて早め早めに行動することです。

 

わたしの場合は、年金だけでは暮らせないので、年金の不足分をネットで稼いでいます。

 

そして、長くお金を稼ぎ続ける仕組み作りには、ネットの仕事が最適だと確信しました。

 

そういったお金を稼ぎ続ける方法があるということに、早く気づいてください。

 

働く年齢が70歳までと言わずに、体力を温存しながら自由な働き方を目指せます。

 



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。

年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。

半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。

50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-60歳からの働き方, 自由な生き方

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2018 All Rights Reserved.