60代一人暮らし賃貸アパートで生活費を稼ぎながらブログ書く

投稿日:

スマホもいいけどパソコン一台あればいい。インターネット環境を上手に利用。

スポンサーリンク



60代で賃貸アパートで一人暮らしをしている人いますか?

 

60代の一人暮らしの場合に、どんな生き方をしているのか。

 

60代の他人の一人暮らしに興味などないと思います。

 

でも、60歳仕事なしの貯金なしから、60代を生きていく一人暮らしの話だったらどうでしょう。

60代ゼロから第二の人生を生きることにしました。

 

仕事なし貯金なしの60代なら、おそらく年金暮らしだと思うかも知れません。

 

仕事なし貯金なしで年金を受給して、その年金だけで暮らせないとしたらどうします。

 

60代賃貸アパートの一人暮らしで生活費を稼ぐ

わたしの場合は年金の中から、賃貸家賃代の42,000円を支払うと、50,000円が残ります。

 

これでその他の支払いを済ませて、残った分が生活費です。

 

無理をすれば生活もできない訳ではありませんが、一生涯こういった暮らしを考えるとどうなのでしょう。

 

60代から死ぬまで修行のような毎日が続きます。

 

でも生活できるベースがあるということはありがたいですね。

 

病気さえしなければ、いや病気をしても病院に行かなければなんとか暮らせます。

 

「60代なんだから働きなさいよ」という声が聞こえてきました。

 

60代のいま第二の人生を生きることにしたのに、ここで雇われた働き方をしたら、また第一の人生と同じ状況になってしまいます。

 

わたしの人生の失敗は働き方にあったと分かったのです。

 

第二の人生は年金もあるのですから、雇われる働き方でなく、自分で働いて生活費を稼ぐことにしました。

 

年金がありますから、あと3万円の生活費が増えれば、一人暮らしの普通の食費代として使う事ができます。

 

さらに、月5万円が稼げるとしたら、時々外食もできるし着るものなども買えるのです。

 

自分で稼ぐ目標は月最低5万円と設定しました。

 

そして、インターネットとパソコンを使って、自分で仕事を始めたのです。

 

 

スポンサードリンク


 

60代第二の人生の一人暮らしの目標

確かに60代でも雇われる働き方は、働けるときは安定して収入が入って、すごくありがたいのです。

 

60歳で仕事なし貯金なしのわたしが、年金で不足する5万円分を雇われて働くという考えをしたら、65歳以降に失業をしたらその後どうすればいいのでしょう。

 

老後を考えたときに、いずれ解雇されて失業してしまうような、雇われた働き方では怖いのです。

 

ですから、60代の第二の人生の一人暮らしの目標は、雇われない働き方で、年金で不足する生活費を自宅で稼ぐことにしました。

 

無職生活の50代後半から、ネットで5万円を稼ぐ方法を調べていました。

 

そしてその可能性を感じて、準備をしてきたのです。

 

インターネット、パソコン、ホームページ、サーバー、ドメインなど、ある程度の知識がないと難しいことは承知していました。

 

若い時とは違いますから、安全を確かめながら石橋をたたくような感じで、万全を期して始めてみたのです。

 

どんな仕事かというとホームページ作りで、自分でテーマを考えて記事を書きページを作ることでした。

 

このお金にならない作業を、半年以上やってみたら徐々にですが、お金を稼げるようになってきたのです。

 

一年後不足分の生活費を稼ぐという、目標を達成できました。

 

月5万円は稼げるようになって、年金と合わせると一人暮らしの生活費として、普通に暮らせるようになったのです。

 

60代一人暮らしで仕事観が変わった

年金で生活できるか

失業と転職を7回もしてきましたから、働くという仕事観みたいなものも随分変わってきました。

 

どうしても、お金を稼ぐとなると雇われた働き方が、当たり前だと思いながら働いてきたのです。

 

でも、自分の好きな仕事なら楽しくできても、生活のために仕方なく働いていると長続きしません。

 

自分の好きな仕事を探すために転職を繰り返してしまいます。

 

しかしそのうち、夢や希望を持たないのに、雇われる働き方の中に楽しい仕事を、見つけることなどできないと知りました。

 

そう気づき始めたころには、年齢の壁が再就職を妨げます。

 

自分の探し求める働き方を考えた時「自由」を求めていたのだと気づいたのです。

 

その自由な働き方をどうすればできるのかを考えて、探し求めていたら見つけました。

 

雇われないで稼ぐ方法は、稼ぎ続ける仕組みを作ることだったのです。

 

自分の代わりに24時間365日働いてもらう仕組みが作れます。

 

今の時代は、インターネットとパソコンを使うと、できてしまうのですから素晴らしい!

 

60代一人暮らし暇なのでブログを書く

自分で働かない仕組みは、簡単には作ることはできませんが、ホームページやブログを使って記事を書き続けて、ページを作り続けると作ることは可能です。

 

実際自分で仕事をしないでいても、お金を稼げる状態が作れると、時間的に自由な時間が増えます。

 

わたし自身も60歳の時には仕事もなく、貯金もなかったのに63歳の今は過去に作った仕組みがお金を稼いでくれているので、時間的余裕が出てきました。

 

まだ、60代ですから遊んでばかりはいられません。

 

その暇な時間を利用して、ブログを始めてみたのです。

 

どういった方法や考え方をすると、ネットを利用してお金を稼げるのかなどを中心に、これまでの体験をブログに書いています。

 

わたしが感じたのは、記事を書くことを継続すれば、いずれお金は稼げるようになるということでした。

 

できそうで出来ないのが、この方法で稼ぐ難しさかもしれません。

 

一年ぐらいを収入がなくても、頑張り切れるぐらいの行動ができる人は、挑戦してください。

 

60代一人暮らし個人事業主を始める

60代自分で仕事を始めてからも、相変わらず賃貸アパートで一人暮らしをしています。

 

失業と転職を繰り返しながら一人暮らしの生活ですから、一人暮らしに慣れてしまいました。

 

60代で一人暮らしなら、住まいとしても賃貸物件で十分です。

 

自宅で仕事をしながら、毎月お金を稼げるようになると、税金のことも考えるようになります。

 

61歳の時に個人事業主として開業届を出して、自営業を始めました。

 

こういった手続きは、すべてインターネットを利用して、届け出を出して見たのです。

 

e-Taxホームページから、電子申告や電子納税ができることを知って、実際にやってみました。

 

何がどうなっているのかなかなか理解できずに、ずいぶん苦労した記憶がありますが、何とか届け出を済ませる事ができました。

 

60代の一人暮らしの暇つぶしも兼ねて、いろいろやってみましたが、初心者にはかなり難しいと感じます。

 

用紙をプリントアウトするかもらってきてから、手書きで書いて届ける方が簡単に済ませそうです。

 

60代で無職から解放され個人事業主として、第二の人生が始まりました。

 

インターネットとパソコンがあるのですから、60代の一人暮らしには強い味方だと思います。

 

 



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。

年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。

半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。

50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-生活

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2018 All Rights Reserved.