キャッシュレス決済に失敗した経験から学ぶ!

投稿日:

スマホもいいけどパソコン一台あればいい。インターネット環境を上手に利用。

スポンサーリンク


最近キャッシュレス決済が話題になっていますが、まだ現金を使っていますか?

財布には小銭がたっぷり入ってパンパンなんて、笑っている場合です。

現金あるいは小銭を財布に入れていると、その重さで多少でもカロリー消費あるいは筋トレになるから、いつでも持ち歩いているんだなんて強がっていませんか。

でも、そろそろ現金という時代は終わろうとしていることは確かです。

キャッシュレス決済より現金払いの方が楽しい

最近のキャッシュレス決済コマーシャルとかニュースのせいでしょうか、レジの支払いで財布の中から小銭を出して支払っていると、まわりの視線が気になるようになってきました。

 

「早くしろよ! 何やってんだよ」そんな被害妄想がわたしを襲うのです。

 

財布の中から一円玉が落ちようものなら、思わず後ろの人の顔色を見てしまいます。

 

昔はよかった!

一円玉や5円玉を支払っても、喜ばれたのですから。

「消費税で一円玉が足りないので助かります」なんて会話も、もう昔の話です。

 

 

スポンサードリンク


 

小銭キャッシュレス決済はすでにやっていた

おかげで小心者のわたしは、レジでの支払いはお札となり、結局財布はいつも小銭でパンパンです。

 

こういうわたしこそキャッシュレス決済が必要なのはわかっています。

 

でもわたしは現金を使う楽しみを感じていたいのです。

 

それなのに、小銭を使いたいと思っても、レジの前に立つといつもお札が出てしまいます。

 

今どきのスーパーのレジの場合は、お金を入れると自動でお釣りが計算されて出てくるので、それほど時間もかかりません。

 

時間のかかるのは、商品のスキャン時間だと思っています。

 

たくさんの商品が一瞬でスキャンできる技術も出てきたので、そのうちレジ打ちの仕事もなくなるでしょう。

 

キャッシュレス決済とともに、お金の支払い方も変化する時代のようです。

 

小心者のわたしは、こうして小さな後悔をしながら、せめて10円玉10枚を100円玉にしたいと思たりするのです。

 

昔なら自販機に10円玉10枚入れてから返金すると、100円玉になる逆両替というささやかな楽しみもありました。

でもいまはありません。

 

そんなことを考えながら、スーパーで買い物をしていたら、セルフレジができたのです。

キャッシュレス決済の前に自分でレジ打ちを楽しむ

仕事として一日中立ちっぱなしで、レジを打つのは大変ですが、自分の買物のレジ打ちくらいなら楽しいものです。

 

レジのために並ぶこともなく、自分の買物を自分で清算するとまわりを気にすることもなく、小銭を使える喜びがありました。

 

1,000円札を入れ残りは小銭でと思って、1円、5円、10円玉、をゆっくりと投入します。

 

まわりを気にせず自分のペースで清算をしていました。

 

ところが、なんと10円分が足りません。

 

財布の小銭をすべて使えるはずだったのに、結局1,000円札の投入です。

 

1,000円札を使って相変わらず財布には小銭が残ってしまいました。

 

そんなわたしがいつの間にかキャッシュレス決済を始めるようになったのです。

 

お金がないのでキャッシュレス決済を始める

それは、失業して収入もなくなり、現金という預金が心細くなってきたからでした。

 

このまま現金を使い続けたら、あと1年もしたら貯金が底をつくと分かったのです。

 

働いて収入を得ればいいのですが、どこの会社も雇ってくれませんでした。

 

そこで考えたのが必要なもの以外現金は使わないことにして、クレジットカードを作ってみたのです。

 

家賃や水道光熱費は銀行から支払い、食費や生活にかかわる商品はすべてキャッシュレス決済のクレジットのリボ払いにしてみました。

 

キャッシュレス決済でお金の感覚を失う

わたしはこの時から現金というお金の感覚がなくなりました。

 

現金を持っている時には一万円札という現物がありますが、それがありません。

 

小銭の問題とかも忘れてしまった気がします。

 

お金の大小が無くなってしまうし、一円の積み重ねがすべてという数字的感覚でしょうか。

 

キャッシュレス決済ができるのも、預金があるからです。

 

すべてカードで済ませることにしたら、精神的に楽に感じてきました。

 

現金を使うと無駄使い感覚がでて、買うことに迷いがあったのですが、キャッシュレス決済にしたら、ポイントも貯まるしついつい余計な買い物が増えたような気がします。

 

しかし、銀行口座の残高が気になるばかりでした。

 

失業して収入がなくなると、少しくらいの預金があってもすぐになくなってしまいます。

 

キャッシュレス決済のクレジットのリボ払いの罠にはまる

預金が減っていくのを見るのが辛くて、現金支払いをやめてキャッシュレス決済のクレジットのリボ払いにしたのです。

 

残高が無くなってしまうと考えたら怖くなってきました。

 

お金のある人のキャッシュレス決済と、お金のない人のキャッシュレス決済は同じでも、事情というのは違う場合があります。

 

便利に使えるキャッシュレス決済を利用して、お金の有難みをあらためて知る事ができました。

 

キャッシュレス決済のクレジットのリボ払いで、1年くらいは何とかなるのですが、お金が無くなるので苦労します。

 

生活費はキャッシュレス決済のリボ払いでも、最初は毎月一万円の返済にしているので支払いも楽でした。

 

しかし、クレジットの残額が増えてくると毎月2万円の返済をしていかないと、利息分ばかり払う感じになってきます。

 

それでも年間24万円の支払いですから、毎月の支払いは楽に思えてしまうのです。

 

毎月の支払いは楽でも、クレジット残高が溜まってくると元金の返済が一向に減らないうえに、毎月残高ばかりが増えてきますから悩みも大きくなってきます。

 

一年間お金を貯めようと思ってもそれ程たまらないけれど、こういった支払うお金はどんどん溜まって行くものです。

 

キャッシュレス決済というと、余裕があるように感じるでしょうが、リボ払いですから借金をしているのと同じ事でした。

 

仕事をしていないで、キャッシュレス決済のクレジットのリボ払いなどをすると、こういったことにもなるという経験をしたので、書いてみました。

 

結局は収入以上のキャッシュレス決済をしない方法で、支払いをスムーズにすることが大切なのだと思います。

 



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。

年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。

半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。

50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-生活

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2019 All Rights Reserved.