人手不足を補う仕事改善!パソコンを使うネットの考え方

投稿日:

スマホもいいけどパソコン一台あればいい。インターネット環境を上手に利用。

スポンサーリンク


世の中は人手不足を補うために、効率化を目的として自動化がすすんでいます。

 

わたしはスーパーに買い物に行った時に、セルフレジを使ってみました。

 

レジに並んで支払いを済ませるより、まだセルフレジは人も少ないようなので、時間の節約にもなります。

 

たまに自分でレジをしてみるというのも楽しいものです。

人手不足を補うためのセルフレジを使ってみた

エコバックをセットしてから、商品をスキャンします。

 

バーコードがついているので、「ピッ!」と音がすれば、OK!

 

でも、コロッケを買ったらバーコードがついていません。

 

さあどうしようと思って画面を見てみると、総菜のボタンがありました。

 

そこを押すとコロッケの写真が出てきて、押すだけです。

 

これで商品がすべてエコバックに入ったところで清算となります。

 

画面を見ると、現金やカードで支払いをするか選択するだけです。

 

とりあえず現金でやってみました。

 

購入金額が表示されているので、現金小銭投入口にまずは小銭を入れて、小銭で重くなった財布を軽くします。

 

そしてお札投入口に入れて完了ボタンを押して清算終了!

 

すると領収書がスーッと出てきます。

 

これはお店の人手不足をわたしが補う感じでしょうか。

 

たまにやると楽しいし、レジに並んでいるより早いしと思いながら、買い物を済ませました。

 

 

スポンサードリンク


 

人手不足を補う自販機は素晴らしい

人手不足のことを考えながら、買い物の途中で気づいたのです。

 

もしかしたら自分のやっている個人事業主の仕事は、人手不足を補うやり方をすでに取り入れた働き方をしていたのかも知れません。

 

思えば失業していた頃、自販機の前で一本の缶コーヒーを買った時でした。

 

24時間365日黙々と働く自動販売機を見て「あんたはえらい! そして賢い」と感じたのです。

 

そもそも人手不足に関係なく、セルフレジの機械は路上や街中に存在していました。

 

自販機は素晴らしいなぁと思いながら、自分も自販機が欲しいなぁと思ったのです。

 

そしていま、わたしはその願いを叶えました。

 

人手不足を補うならインターネットにパソコンだ

一人でできる仕事

ネット上に自販機をアップして、自分の代わりに24時間365日働いてもらっています。

 

おかげで失業してから9年間になりますが、会社で働かなくても個人事業主の仕事をして生活できるようになりました。

 

個人事業主が一人で仕事をしても、できることは限られていますから、人手不足は深刻な問題です。

 

セルフレジや自販機を見て、あなたはどう感じるでしょうか。

 

一人で仕事をするなら、そのやり方や仕組みを応用できないかと、考えたことがありますか?

 

わたしは自販機を見てから、家でできる仕事でもお金は稼げると分かりました。

 

インターネットとパソコンがあったからです。

 

失業して時間と暇があったおかげで、アイデアが湧いてきました。

 

人手不足を補う考え方

ネットを利用して自販機のような稼ぎ方をしようと思ったのです。

 

よくあるブログを例に考えてみます。

 

今読んでいるこの「ビッグ友老後100まで!」ブログが自販機本体です。

 

その自販機の中に、商品として記事を書いてページを投稿しています。

 

このブログという自販機はネットの中に存在していることが大切です。

 

わたしはこういった仕組みを作って、自分の部屋で個人事業主の開業届を出して、自営業を始めました。

 

しかし資金不足のため、この仕事で人を雇うこともできません。

 

そこで考えたのがネットで仕事をしてくれる営業ページです。

 

これらを駆使して人手不足を補っています。

 

そして、人手不足に無縁になるように、記事の改善をしてどんどん投稿しているわけです。

 

この記事が営業を兼ねて、人手不足を補う仕事をしてくれるのです。

 

この中身さえよければ、お金は稼げるのですが、所詮素人の書いた記事ですからなかなか読まれません。

 

でもネットの中で24時間365日仕事をしてくれている中には、優秀なページも存在します。

 

自販機の中にそういったページが入っていると、たまに自販機のボタンが押されることがあるのです。

 

「いい仕事してますねぇ」と思える瞬間でしょうか。

 

そのページがお金を稼いでくれます。

 

ネットの仕事で人手不足を補う改善策

失業中とか仕事がないというなら、一人で仕事ができる、インターネットとパソコンを利用して、ネットの中に自販機を作るという考え方をしてはどうでしょう。

 

こういったホームページやブログを作って、改善を繰り返してきたら1人でも十分仕事ができて、自由な時間も増えてきました。

 

会社で働かなくてもインターネットとパソコンを利用すれば、どこに住んでいても仕事はできると確信しています。

 

こういったネットでの仕事を始めてから4年、本格的に個人事業主で始めてから、三年目に入りました。

 

これで生活できるという自信が出てきたので、60代、70代もずっと続けられる仕事になるはずです。

 

インターネットとパソコンさえあればできますし、体力を必要としない働き方が気に入っています。

 

人手不足を補うことで年金不足も補う

こういった仕事はできるだけ若いうちから始めておくと、働き方改革といった社会の流れにも順応できるのではないでしょうか。

 

わたしは55歳で失業し、パソコンやネットの勉強をしながら60歳から始めてみましたが、どうしても精神的に億劫になることもありました。

 

60代になると、肩こりや目の疲れなどが若い時とは違ってきます。

 

土台作りさえしてしまえば、あとは気楽なのですが、その土台作りはできるだけ若い気力のある時にやっておきたいことなのです。

 

仕事でもなんでもそうですが、始めたばかりは右も左も分からない状況ですから、慣れるまではすごく大変な思いをします。

 

ネットで始めても最初はすごく時間がかかるのです。

 

お金を稼ぐってすごく大変なことですから、安易な気持ちで始めても稼げません。

 

こういったネットの仕事で生活したいと思ったら、本気と信念を持って「絶対に諦めないで稼ぐぞ!という覚悟を決めてから始めて欲しいですね。

 

なぜ稼げるのだろうと思ったら読んでみたい

お金を稼ぐノウハウをいくら教わっても、記事を書くのが基本ですから、記事を書くのができないという人は「ダブルの覚悟」が必要だと思います。

 

こちらの記事を読んでみると、どうしてお金が稼げるのかも分かって、高揚感を得られるかもしれません。

 

【なぜだろう?】ネットでなぜお金が稼げるのか知りたい!と思う人だけ読んでください。
自由な人生を手に入れる教科書

 

お金を稼ぐための教科書として、読んでみるとやる気が湧いてくることは確かです。

 

読んでいて楽しい内容ですし、稼ぐためのノウハウも無料で手に入ります。

 

ネットでなぜお金が稼げるのか、その種明かしを知るだけなら読んでみると納得するでしょう。

 

わたしはノウハウなど教えていませんので、本気で稼ぎたい人は自分で行動してください。

 



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。

年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。

半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。

50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-ネットの仕事

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2019 All Rights Reserved.