孤独や寂しさの中に眠るエネルギーを覚醒!

投稿日:

暇と孤独は考え方次第でエネルギーになるので、どんな状況でも諦めないことだと思っています。孤独や寂しさの中に眠る、とんでもないエネルギーを覚醒させてみました。

 

失業中に仕事がないとか就職できないという場合でも、考え方ひとつでピンチがチャンスに変わることもあるのですから、諦めてはいけません。

わたしは一人暮らしで3年以上就職できずに、ほとんど人と会話もせずに引きこもり、暇と孤独と寂しさを体験しましたので、つらい気持ちはよく分かります。

 

季節によっては涙が出て来そうになるかも知れません。特に夜に感じる孤独感は寂しいものです。

 

一人暮らしをしている人には、こういった孤独感も分かるのではないでしょうか。

 

孤独や寂しさにはとんでもないエネルギーが潜んでいる!

若い時に与えられた試練なら、乗り越えられる試練なのですから、暇と孤独を恐れる必要もありません。ただひたすら希望を持って行動すれば、試練は乗り越えられると分かっています。

 

中高年を過ぎての失業や一人暮らしは精神的にも応えますし、収入もなくお金は出て行く一方ですから、すごく不安になり辛いものです。

 

「もうちょっとの辛抱だ」と強がっても、出口が見えません。でも、一人暮らしならばポジティブ思考でいなければ、辛くなるばかりでしょう。

 

考え方を変えれば、暇な時間がいくらでもあるということは、チャンスでもあるということなのです。

 

 

スポンサードリンク


 

寂しさや孤独に流されながら気づいた

寂しさや孤独感は与えられた試練なのですから、寂しさや孤独を感じつつ流された生き方をしていては、抜け出すことが困難になってきます。

 

お金の問題さえ解決できれば、多少暇と孤独も和らぐのですが、お金というのはありがたくて厄介な存在でした。

 

この厄介な問題は就職しないと解決しないものなのでしょうか。わたしはこのことについてずいぶん考えてみました。

 

雇われて働く以外で収入を得る方法を知りませんから、本当に困っていたのです。

 

考えて探しては考えて、寂しさや孤独をエネルギーに変える方法を見つけました。

 

寂しさや孤独をエネルギーに変えることが大切なのです。

 

インターネットとパソコンの使い方次第でチャンスに変わる

自分に合った仕事

失業している間にパソコンを覚えても、就職には役に立たずに、暇と孤独を癒す道具になっていました。完全にインターネットが趣味になって、日々流された生活をしていたのです。

 

パソコンを使ってインターネットを楽しんでいると、暇と孤独も忘れる事ができたからだと思います。

 

パソコンがお金を稼ぐ道具になることに、しばらくの間気づけませんでした。パソコン初心者だったこともありますが、いつの間にかパソコンを使うことに慣れてきた時です。

 

パソコンを使って、何か仕事はできないものかと考えるようになってきました。そして、ネットでいろいろと検索していたら、仕事になりそうな方法を見つけたのです。

 

ネットを利用してお金を稼ぐ方法があって、久しぶりに明るい目標ができました。

 

好きなことで寂しさや孤独を忘れる

自分の好きなことでないと、働く一歩が踏み出せないものですが、パソコンを使ってお金を稼ぐ方法があるなら、やってみたいと思いませんか。

 

パソコンを生かすも殺すもソフト次第ということも分かって、ホームページ作成ソフトを買って、まずは趣味としてサイト作りを覚えてみました。

 

すると、ソフトを覚えることもページを作ることも楽しいのです。

 

この時は、暇で良かったと思えるほど熱中して、孤独を忘れていました。暇と孤独がエネルギーとなって、時には食事の時間も忘れるほどサイト作りに没頭したこともあります。

 

寂しさや孤独をエネルギーに変えてサイト作りに没頭

ホームページやブログがあるとお金が稼げるということを知っていますか。知っていたとしても実際やってみたら、全くお金なんて稼げなかったという人がほとんどではないでしょうか。

 

わたしも暇と孤独と寂しさを経験していなかったら、お金を稼ぐ前に諦めていたと思います。

 

暇と孤独と寂しさを忘れるために、毎日毎日記事を書いてページ作りを継続してきました。

 

お金を稼ごうという前に孤独と寂しさを忘れたかったからです。

 

孤独と寂しさがエネルギーとなって、一日中パソコンの前に座って、眠くなったら寝るといった感じで没頭していた時期があります。

 

寂しさや孤独の中で自分を信じる

素人がホームページやブログを作ったからと言って、すぐにお金が稼げる訳がありません。お金を稼ぐことばかりに意識が行ってしまうと、孤独と寂しさの中にお金の不安が入り込んできます。

 

こういったサイト作りやブログの場合は「今は稼げなくても未来に稼げるようにしたい」という気持ちで取り組まないと、続けることはできません。

 

自分をどれだけ信じる事ができるかということだと思います。

 

わたしが「今は稼げなくても未来に稼げるようになりたい」という気持ちになれたのは、グーグルのサイトを見たからです。

 

そして多くの人がサイトを使った方法で、お金を稼いでいるということを知って、絶対に諦めないと思っていたからでした。

 

知っている人も多いと思いますが、どういった方法なのかを見ておくと、役に立つ時が来るかも知れません。

 

サイト作りができても、お金を稼ぐ方法が分からなければ趣味と同じです。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense - Google
自分の「好き」を収益に。AdSense でウェブサイトやコンテンツを収益化する方法を学びましょう。

こちらの成功事例などを見れば、お金を稼げる意味が分かると思います。

 

自分のホームページやブログがある人なら、自宅でお金を稼ぐチャンスがあるということです。

 

寂しさや孤独を乗り越えて自信と希望が湧いてくる

失業中の暇と孤独をエネルギーに変えたら、状況を変えられることも分かりました。

 

素人がやるのですから、半年や一年くらい稼げないのは当たり前ということも分かったのです。

 

一年以上継続した結果でしかありませんが、確かにお金は稼げるようになりました。

 

過去に作ったサイトが24時間働いて稼いでくれるのです。

 

「今は稼げなくても未来に稼げるようになりたい」という仕組み作りが花開きました。

 

ホームページ作りやブログを書くことにも慣れてくると、孤独感というより期待感の方が大きくなってきます。

 

お金の心配をしなくていいとなると、部屋に閉じこもることもなくなり精神的にも解放された感じです。

 

毎日生活できるお金が稼げるということの安心感とまではいきませんが、ネットでお金は稼げるということが分かったことが、生きていく自信や希望にもつながってきました。

 

孤独や寂しさに流されたままでは何も変わらないでしょう。

 

インターネットとパソコンがあるのですから、ブログを作って孤独や寂しさを和らげることもできます。

 

インターネットやパソコンを使って、孤独や寂しさを和らげながら、自宅で仕事もできる時代だということも分かりました。

 

それでも孤独や寂しさはつらいものですから、人とのつながりは大切にしたいですね。

 



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。

年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。

半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。

50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-お金の不安

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2019 All Rights Reserved.