60代がFIREしたい本当の理由は自分の好きなことじゃないから?

ビッグ友老後100まで!




FIREしたい本当の理由

最近「FIRE」という言葉を聞くことが多くなりました。

FIREとは「Financial Independence & Retire Early」の頭文字をとった言葉で、経済的自立と早期退職という意味を持つそうです。

 

会社に勤める生活を辞めて、自由な生き方という選択肢を持ちたいんです

そういった生き方ってどうすれば実現するんでしょうか?

 

早期リタイアという考え方がありますが、どうしてもお金の問題があるので、簡単なことではありません。

 

 

60代がFIREしたい理由は自由に生きたいから?

 

日本でも若いうちにたくさんお金を稼いで、株式投資などで資産を蓄え、定年に関係なく会社を辞めることを目指す生き方「FIRE」が、注目を集めていると聞きます。

 

「FIREできるほどの資産を手に入れて、今の会社勤めを辞めても生活できるという選択肢を持ちたい」と言っても難しいですね。

 

50代、60代になると「会社を辞めるという選択肢を持ちたい」と、あなたも考えたことがあるのではないでしょうか。

 

特に60代となると、定年を意識したり継続雇用などで、年金と貯金と老後の心配がつきません。

 

FIREという言葉が突然現れ、多くの人の注目を集めているのも、FIREという言葉が働く人にとっていかに興味のあることかが分かります。

 

 

今の生活を辞めても生きていけるFIREという選択肢を持ちたい

会社勤めはやめても仕事を辞めるのではなく、自分の好きなことで仕事をしながら自由に生きたいのではないでしょうか。

 

若いうちに仕事辞めて、ただ遊んでいるだけだとしたらつまらない生き方になります。

 

FIREを目指せるのは高給所得層だけなのでしょうか。

 

できそうでできない自由な生き方は夢物語のように思えますが、他にもやり方次第では自由な生き方はできそうです。

 

なぜかというと、今はインターネット環境が整っているので、パソコンを使った働き方次第でできそうな気がしています。

 

FIREを意識して、本当に会社の仕事を辞めて、自由に生き続けられる人がどれだけいるのでしょうか。

 

 

遊ぶだけのためにFIREしたいわけじゃない

あなたは、遊び続けるためにFIREしたいわけじゃないと思います。

 

今の生活を辞めても生きていけるFIREという選択肢を持ちたい」ということではないでしょうか。

 

仕事を辞めて遊びたい!というわけではなく、人生を自由に生きることを考えたいのです。

 

会社などに勤めていると、一日の中で仕事のために拘束される時間があって、それによって給料がいただけます。

 

逆に、給料のことを考えずにできる環境で仕事ができている人は、その分結果が出れば大きな収入につながり、人生を自由に生きることも可能です。

自由な生き方にはリスクが伴います。

 

 

夢を叶える手段としてのプチFIRE

経済的な事情で、本当に時間をかけて取り組みたいことを後回しにしている人も多いのではないでしょうか。

 

わたしは、このコロナ禍で外出をしなくなった時間を使って、新しいホームページ作りを始めました。

 

こんな感じでワードプレスを使って作っています。

 

わたしが66歳で作ったワードプレスサイトですが、いまは簡単に始められますので、新しい収入源を作りの参考にしてください。

1円で作ったサイトがこちらです。

もじいちばん

 

ホームページ作りやブログなど、数カ月分の生活費になるくらいの余裕のある貯金が溜まったら、WEBライターやWEBデザインを仕事とするフリーランスになることもできます。

 

理想はWEBライターやWEBデザインの仕事で生活を成り立たせることですが、最初はそれほど収入もなかったので「プチFIRE」 のような気持ちでした。

 

このように「経済的事情を解決できるならば、すぐにでもやりたいことがある」という人は多いのではないでしょうか。

 

叶えたい夢があっても現実には難しく、夢を叶えられる方法として、FIREが多くの人の関心を集めているのではないかと思うのです。

 

 

会社で働き続ける苦しさと難しさ

自分の人生を考えるために夢を持つ人にとっては、社会人になった後に、失業や無職になったりすると、再就職で不利になるケースが多いのです。

 

基本的に、社会人になったら同じ会社で定年になるまで働くことが美徳のように感じられているからでしょうか。

 

社会に出て働く環境の中で、教育の大切さがわかっても、現実には生活に追われてしまいます。

 

ですから「リカレント教育」という学び直しを考える人は少ないと思うのです。

 

自分がやってみたいこと「自分の人生」に挑戦するのは、どうしても定年退職後や老後になってからとなるのです。

 

それも年金が十分受給できて、2000万円問題も解決できた人だけではないでしょうか。

 

 

FIREブームに乗って自由な生き方をしてみた結果

わたしはFIREブームに乗って自由な生き方をしたわけではありませんが、独身の一人暮らしなら自由な生き方はできると感じています。

 

60歳から取り組んできたホームページ作りやブログ収入によって、自由な生き方ができているからです。

 

さらに60代で年金を受給したら、65歳を過ぎても自分の好きな仕事で、自由に生きています。

 

65歳を越えると、体調面など体の不具合が現れてくるので、自由な生き方でいないと病院に行く時間も都合よく取れません。

 

そういった意味でも60代からは、自由な生き方を考える必要があると思うのです。

 

 

50代のうちに新しい収入源を作り、経済自立できる環境を持つ方法

あなたが給与所得以外に新しい収入源を作り、経済自立できる環境を持つことが大切です。

 

あなたが金銭的問題から自立することのメリットは、働くこと以外の夢をかなえる余裕をもつこと、スキルアップのための時間が持てることでもあります。

 

あなたの生き方が自由であれば、多様な人生を得ることができるのですから、素晴らしいことです。

 

そのためにもパソコンスキルは身につけておくと、50代や60代で役立ちます。

 

関連記事:
WordPress使い方と始め方これでブログやホームページが作れる



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-自由な生き方
-,

© 2021 ビッグ友老後100まで!