60歳から一人起業を目指して65歳以降を見据える考え方

ビッグ友老後100まで!




60歳から一人起業

 

60歳から一人起業を目指して、定年後に晴耕雨読的な生活などを夢みても、実際に実現させることは難しいことです。

 

でも、50代の時から自由になりたい、自由に働いてお金を稼ぎたいと考えて行動していると、自由な生き方ができると思います。

 

わたしは現在65歳を越えました。

時の流れというか、時間の過ぎるのが速く感じますね。

 

60歳で仕事なしの時には、これから先をどうしようと悩んでばかりでした。

 

不安の中で一人起業を目指したことが、今の自分の精神面を楽にしています。

 

脳みそが本気でやる気を出すと、人の持つ底力ってすごいなと感じるのです。

 

 

60歳から一人起業を目指した結果

Qoooさんによる写真ACからの写真

60歳からのわずか2年で、自由な働き方ができるとは思ってもいませんでした。

 

個人的な生き方のことですから、あなたから見たらちっぽけなことかも知れません。

 

それでも60歳から一人起業で仕事なしを克服できたらどうでしょう。

 

今日明日の仕事がなくてお金の心配をする気持ちは、お金の苦労をしてみないと分からないと思います。

 

今65歳になって、一人起業の楽しさを味わいながら、お金のありがたみも感じているのです。

 

これも年金を受給しながら他の収入があることで、精神的にも楽だからでしょうか。

 

年金だけでは暮らせないとなると、この先の働き方次第ですから、どうしても心配は尽きないと思います。

 

わたしは61歳の時に年金を4年繰り上げて受給したことで、お金のありがたみを忘れることはありません。

 

年金があったことで、ネットの仕事に没頭できたことが、一人起業の後押しになっています。

 

 

60歳からの一人起業が65歳以降に最適な仕事になる

未来の心配をなくすために、今ネットの仕事を継続しています。

 

ホームページ作りを60歳から始めて、一人起業したことが65歳以降に最適な仕事になってきました。

 

パソコンさえあれば、体力も必要なくどこでもできるからです。

 

いまでは、実家に行って田舎暮らしをしながら、農作業の手伝いもできます。

 

田舎の家にもインターネット環境を整えたら、山の中でも仕事ができるようになりました。

 

わたしの思い描いた理想の生き方が、60代になって始まってきた感じです。

 

60歳からの一人起業が、現実の65歳以降に理想的な生き方になってきました。

 

もし60歳の時に流された生き方をしていたら、いまどんな生き方をしていたのか……。

 

なるべく考えないようにしています。

 

 

一人起業を目指すならチャンスをつかむこと

自分の描いた生き方をしたいと思ったら、とことん考えて行動してください。

 

自分の中にはっきりとした生き方がないと、どうしても流された生き方になってしまいます。

 

今の時代せっかくインターネットやパソコンがあるのですから、こういった道具を利用しないのはもったいないことです。

 

わたしにとっては、パソコンという存在に出会ったことで、生き方が変わりました。

 

自分にとって何がしたいのか必要なのかを考えていないと、目の前にあるチャンスに気づけないかも知れません。

 

目の前にあるチャンスに気づけるかどうかは、自分の考え方次第なのではないでしょうか。

 

それでも人それぞれ得意不得意なことがありますから、パソコンにこだわる必要もありません。

 

でもパソコンが使えるなら、家で仕事をする方法もあります。

クラウドワークス

②空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

 

未来は考え方ひとつで変えられる

ラッキーエースさんによる写真ACからの写真

60歳仕事なしからでも、未来は考え方ひとつで変えられると実感しました。

 

結局考え方と行動次第で、自分が思い描いた生き方ができるということです。

 

65歳になれば年金も受給できますから、晴遊雨読・時々パソコンで自由な生き方を始めてはどうでしょう。

 

わたしは幸運にも田舎に実家があって、好きなだけ田舎暮らしもできます。

 

いままでは、生活するお金を稼ぐことに必死で、のんびりと田舎暮らしなどしている暇もありませんでした。

 

ところが60歳の時に、お金のない状況を脱出する方法を見つけたのです。

 

この時は「お金のない状況を脱出すること」を、最優先の目標にして行動してきました。

 

そのために一人起業を目指して、パソコンで自由な生き方を始めたのです。

 

ホームページ作りの仕事が好きなので、自己流で始めてみました。

 

いまは、ホームページ作成ソフトやワードプレスなど、専門的知識がなくても比較的取り組みやすくなっています。

 

 

最近見たテレビコマーシャルで

香取慎吾さんが

「ネットでお店を開くなら」BASE
という感じで、

ネットショップ開設の紹介をしていました。

 

実際サイトを見てみると、ネットショップの事例を見る事ができて、素晴らしいサイトが作れることにも驚きました。

 

120万ショップものオーナーズが、 BASEを選んでいるそうですから、ネットでお店を開くことに興味がある人が多いということも分かります。

 

確かにホームページを作って、ネットショップが持てたら楽しいことは間違いありません。

 

家のパソコンを使ってネットショップが開けて、さらにお金が稼げれば夢が広がりますね。

 

 

一人起業を目指してパソコンで自由な生き方

わたしは、7年くらい前に趣味でホームページ作成ソフトを購入しました。

 

一人起業を目指してサイト作りをしていたので、自分のソフトを使っています。

 

「BASE」を利用してはいませんが、ネットでサイトを作るハードルが、だんだん低くなってきたようです。

 

ワードプレスにしてもホームページにしても、それほどお金も掛かりませんから、リスクはありません。

 

どういったことがやりたいのかさえ明確なら、楽しい作業になると思っています。

 

わたしも60歳からサイト作りを始めていますが、最初の一年間はほとんど作業ばかりの日々でした。

 

いくらホームページを作っても、最初から人が見に来てくれるわけではないので、記事を書いてページを増やす作業の繰り返しです。

 

次第にグーグルやヤフーの検索エンジンに登録されるようになって、検索されるようになってきました。

 

そうなると次第に集客ができて、お金が稼げるようになってきます。

 

この集客できるまでが「辛抱する期間」ですから、それまではサイトの内容を充実させることです。

 

今でこそホームページは時々手直し、更新するだけなので、ブログを書いている余裕もできました。

 

 

一人起業を目指すならパソコンが最適

わたしはホームページが好きなので「ホームページを利用してお金を稼げる仕組み」を作っています。

 

ブログでお金を稼ぐ記事などを書いても、お金を稼ぐことは難しいですね。

 

実際個人でネットを利用して、ブログで生活できる程のお金を稼げる人って、少ないのではないでしょうか。

 

生活できるくらいの収入となると結構な集客力が必要になります。

 

ですから、初心者が一生懸命時間をかけて、デザインのきれいなサイトを作っても、集客することがむずかしいのです。

 

長くホームページを運営しようと思うなら、検索エンジンを意識したページ作りや記事の書き方をしなければいけません。

 

関連記事:

自営業者(個人事業主)お客が来ない!原因と対策を考える

 

60歳から一人起業まとめ

60歳から一人起業を目指して、パソコンで自由な生き方をしようと思ったら、ネットで稼ぐための研究が欠かせません。

 

定年後を考えた場合、働かないという選択肢もありますが、何か「生きがい」とか「やりがいがない」を持たないと、つまらない老後になります。

 

60歳から一人起業を目指して65歳以降を見据えてみてはどうでしょう。

 

お金を稼ぐことの難しさや楽しさに、あらためて気づくかも知れません。

 



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-60歳からの生き方
-

© 2021 ビッグ友老後100まで!