60代ネットの仕事!年金があるんだから先を見据えてもいいと思う

ビッグ友老後100まで!




50代、60代でネットの仕事なんてできるの?

できます! わたしは66歳!

家にいながら生涯現役で、これからもネットの仕事を続ける予定です。

 

60歳の時にネットでお金を稼ぐ方法を選択したことが、66歳のいまでは結果的に良かったと思っています。

 

なぜかというと年金をもらいながら、ネットの仕事で収入を得られているからです。

 

 

年金だけでは暮らせないと分かっていたら、65歳以降も働かなければいけません。

 

でももし65歳以降に雇ってくれるところがないとしたら……、コロナ禍の中で仕事を見つけるのも大変です。

 

働いて収入のあるうちに、新たな収入源を作ることを考えて、行動する時が来ました。

 

インターネットとパソコンのある時代なのですから、この素晴らしい環境を利用しないともったいないのです。

 

わたしは、このネット環境が働き方を変えてくれることに、50代の終わりごろに気づきましたが、ネットの仕事に気づくのがちょっと遅かったと思っています。

 

 

60代ネット仕事が働き方を変えてくれる

60代ネットの仕事

家にいながらネットでお金を稼ぐには、クラウドソーシングという働き方と、アフィリエイトで稼ぐ方法があります。

 

いま本業の仕事があるうちから、ネットの仕事で新たな収入源を作っておくことが大切なのです。

 

クラウドソーシングならお金をかけずに仕事ができて、副業や小遣い稼ぎ、あるいは本格的にフリーランスとしての仕事にもできるでしょう。

 

パソコンを使う仕事が好きな人なら、こういったクラウドソーシングで仕事を探して、お金を稼ぐこともできます。

 

そして、クラウドソーシングで稼げる人なら、アフィリエイトでも稼げると思うのです。

 

クラウドソーシングの仕事は、やったらやった分だけ稼げますが、やめてしまえば収入がなくなります。

 

アフィリエイトの場合は自分でホームページやブログを作って、広告や商品を紹介する仕事ですから、一度ベースとなるサイトを作ってしまえば、継続的に稼げる可能性があるのです。

 

 

60代パソコンスキルがあるならネットの仕事もできる

家でできるクラウドソーシングやアフィリエイトのやり方、ブログの始め方など、ネットで検索すれば情報がたくさんあります。

 

ですから、ネットの仕事は50代、60代に関係なく、誰でも始めることができるのです。

 

ワードプレスを使えば、サーバー代とドメイン代だけで始められますから、お金もほとんどかかりません。

 

その分お金を稼ぐまでがすごく大変なので、地道な努力が必要となります。

 

コロナ禍のいまなら、自宅にいる時間が増えたでしょうから、まずはクラウドソーシングから始めてはどうでしょう。

 

自宅で仕事ができるクラウドソーシングは、テレビなどでも紹介されましたので、多くの人が始めるようになってきました。

 

クラウドソーシングの仕事なら直接面接をすることもなく、登録を済ませるだけで仕事を始める事ができるのです。

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

②主婦の在宅ワーク求人多数!募集中の在宅・時短のお仕事情報を
今すぐチェック!

50代でもパソコンスキルを身につけておくと、50代や60歳以降でも自宅で仕事ができるということです。

 

 

50代や60歳からアフィリエイト? 結構難しいです

ネットの仕事にはクラウドソーシングの他に、家でできるアフィリエイトという方法があります。

アフィリエイトって何と思ったらこちらをご覧ください。
エーハチネット

このアフィリエイトで稼げるようになると、60代は年金ももらえますから、働くことの悩みも解消するかもしれません。

 

でも50代や60歳から簡単にできることではないので、パソコンスキルのない方は手を出しても、時間とお金の無駄になるだけです。

 

過去にWEBデザイン関連の仕事経験がある50代や60歳の人なら、アフィリエイトサイトを作ることもできると思います。

 

わたしは50代の頃に、ホームページ作りを趣味でやっていたので、60歳から始めてみました。

 

 

アフィリエイトはWEBデザイン関連の仕事経験がある人におすすめ

アフィリエイトはいつ稼げるかも分からない方法ですから、本気で取り組まないと時間を無駄にするだけで、後悔するだけです。

 

60代以降は時間がすごく大切ですし、ド真剣に本気でやらないとネットでお金なんて稼げません。

 

WEBデザインの仕事の経験がある人なら、パソコンスキルもあって自分でサイトも作れるでしょうから、アフィリエイトの仕事に向いているはずです。

 

ただ、WEBデザインの仕事って若い人がやるようなイメージが強いので、会社を辞めてしまったり50代以降になると、別な仕事を探す人も多くなります。

 

わたしは50代後半から再就職もできず、60歳の時には貯金も使い果たしたので、ド真剣に本気を通り越して必死でサイト作りをやってみました。

 

そして一年くらい無我夢中で記事を書いて、サイト作りを継続してきたら、徐々にお金が稼げてきた感じなのです。

 

そのサイトがお金を稼ぐベースとなって、66歳の今でもアフィリエイト収入があります。

 

さらに年金ももらえていますので、かなり自由な生き方ができるようになりました。

 

ですから50代や60代の方でも、WEBデザイン関連の仕事経験がある人なら、アフィリエイトでも稼げるチャンスはあると思っています。

 

 

アフィリエイトサイト作りの難しい点

ブログにしてもホームページにしても、基本は記事を書くことですから、これが結構つらくてボディーブローのようきいてきます。

 

記事を書いても書いても稼げない日が続くと、嫌になってくるものです。

 

自分が作ったページで集客できるようになるまで、数か月から半年以上かかる場合もあります。

 

ライバルの多いテーマでサイトを作った場合、稼げないということも普通にあるのですから、諦めてしまう人が多いことも分かるでしょう。

 

自分の得意なテーマでとことん記事を書いて、数か月から半年先を見据えていないと、精神的にもつらくなってしまうのです。

 

ネットで稼ぐ方法が分かっても途中で諦めてしまう理由は、すぐには稼げないし、いつ稼げるか分からないからだと思います。

 

自分が実際にやってみて、確かにすぐには稼げませんでした。

 

ですから、ネットで稼ぐ問題は「すぐに稼げない」というところにありそうです。

 

アフィリエイトはすぐには稼げないと分かっても、あなたはやれますか?

 

 

先を見据えたアフィリエイトサイト作りが功を奏す

パソコンを使うので、簡単にお金が稼げるだろうという思い込みがあるのかも知れません。

 

お金を稼ぐことって何をやっても大変なのに、パソコンだから簡単に稼げるなんてことはないのです。

 

「やらずに後悔するよりやって後悔したほうがいい」とか言われて、やってはみたものの諦めてしまう人が多いのも事実です。

 

結局やって後悔する人がほとんどですから、やらなければ後悔することはないと思います。

 

そういった不確かな方法をとことんやってみたら、その先に自由があったというのがアフィリエイトなのです。

 

ですから、本業と並行しての地道なサイト作りが大切で、すぐに稼ごうとせず数年先を見据えて稼げるように準備してください。

 

年金をもらう頃になって「あの時始めておいて良かった」となるでしょう。

 

記事を書き続けてベース作りに専念することが、先を見据えたネットで長く稼ぐ方法となります。

 

 

関連記事:
パソコンスキルを身につけると60歳以降に役に立つ!

在宅でネットの仕事していて良かった!
 



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-お金の稼ぎ方(ネット)
-

© 2021 ビッグ友老後100まで!