中古のパソコンを買ったらまず何をしますか?準備完了!

ビッグ友老後100まで!




中古のパソコンを買って使えるようになるのか

今使っているパソコンのキーがいくつか反応が悪くなって、文字入力がまともにできなくなったので、先日中古のパソコンを買いました。

今の中古パソコンは十分使えますね。快適です。

中古のパソコンでもOS(Windows10)を、セットアップしてくれているので、接続後すぐに使うことができました。

ただ、新品や中古のパソコンを買った場合でも、基本的な設定は自分でしなければなりません。

パソコン設定

 

中古のパソコンを買ったらまず何をすればいいのか

中古のパソコンを買ったらまず何をしますか?

中古のパソコンを買って、わたしがやった最初の三つの設定。

1.無線LANの設定
2.ライセンス認証
3.セキュリティ対策

説明書を見ながらやってみたものの、結構戸惑いますね。

 

それでも中古パソコンをインターネットにつないで使えるようになったので、気づいたところを書いてみました。

 

中古パソコンを買って戸惑うところは、こういったところではないでしょうか。

参考にしていただければ幸いですが、ネットで調べればほとんど解決します。

 

 

こんな中古パソコンを買いました

NEC「VersaPro」Windows 10、メモリ8GB、Corei5で、29,999円の15型ノートパソコンです。

 

2021年8月20日この中古のパソコンを購入して、翌日に届いたので、さっそくセットアップしてみました。

 

 

中古のパソコンを買ったら無線LANがなかった

パソコンの裏側に貼ってあるシールを見てみたら、製造出荷された日付けは2014年9月ですから、7年前の古いパソコンになります。

Windows 10Proがインストールされていますが、2014年のころはおそらくWindows 7だったかもしれません。

7年前かぁと思いながら、パソコン使い方マニュアルを見てみたら、無線LANが内蔵されていないみたいです。

 

無線LANが内蔵されていないので、付属の無線LANアダプタがありました。

この無線LANアダプタをUSBポートに接続すれば、インターネットが使えるということですね。

 

中古のパソコンに無線LANを設定

電源を入れてみると、タスクバー右側のほうに地球儀マークが出ていますが、このままではまだネットにつながらないいので使えません。

無線LAN設定

この地球儀マークをクリックして、無線LANのSSIDとセキュリティキーを入力して無線LANの設定完了です。

 

わたしが住んでいるアパートは、WI-Fi使い放題なので、Wi-Fi使い方ガイドの説明パンフレットがありました。

その中に、SSIDとセキュリティキーが記載されていたので、それを入力しています。

 

これで地球儀マークから受信マークに代わって、インターネットに接続できました。

中古パソコンを使う場合に、インターネット接続に必要な無線LAN(WI-Fi ワイファイ)での接続準備となります。

 

 

中古のパソコンを買ったらライセンス認証が必要

今の新品パソコンなら、届いてから電源コードをつないでスイッチを入れたらすぐに使えるようになっていますが、無線LANのSSIDとセキュリティキーを入力しなければ、インターネットは使えません。

そしてライセンス認証が必要になります。

ライセンス認証の方法

ライセンス認証方法

左下のWindowsマークをクリックして、歯車(設定)をクリックすると、更新とセキュリティという項目があり、その下に「Windows ライセンス認証されていません。今すぐ Windows をライセンス認証してください。」と出ています。

更新とセキュリティをクリックして開くと「ライセンス認証」の項目があります。

 

ライセンス認証されていない場合
「Windows ライセンス認証されていません。今すぐ Windows をライセンス認証してください」

ライセンス認証されている場合
「Windowsはデジタルライセンスによってライセンス認証されています」

と表示されているでしょう。

 

ライセンス認証されていない場合どうすればいいのでしょう。

ライセンス認証の方法
Windows 10 のコピーの入手方法に応じて、ライセンス認証を行うために、デジタル ライセンスまたは 25 文字のプロダクト キーのどちらかが必要になります。 いずれかがないと、デバイスをライセンス認証することはできません。

デジタル ライセンス (Windows 10 Version 1511 ではデジタル登録情報と呼ばれています) は、Windows 10 におけるライセンス認証方式です。この方式では、プロダクト キーを入力する必要がありません。

プロダクト キーは、Windows のライセンス認証に使う 25 文字のコードです。 表示される情報は、プロダクト キー:XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX-XXXXX です。

※プロダクトキーで認証されている場合プロダクトキーの更新を行う事で認証する事が出来ます。

 

ライセンス認証プロダクトキーがない

私の場合は、中古で購入したせいか、この「プロダクト キー」見当たりませんでした。

 

ここで、どうすればいいんだろうとなって、中古パソコンを買ったところに電話して、ライセンス認証のことを聞こうと思ったのです。

 

でもマニュアルに「ローカルアカウント」を設定する方法が書いてありました。

そこで、左下のWindowsマークをクリックして、歯車(設定)をクリックし、「アカウント」を設定してみたのです。

①「サインインオプション」→②パスワード→③変更

 

しばらくしたら、「Windowsはデジタルライセンスによってライセンス認証されています」と表示されました。

これは、ちょっとわからないので設定マニュアルに、ライセンス認証のことを詳しく書いておいてほしいですね。

 

 

セキュリティソフトをインストールしてウィルス対策

ウィルス対策として、マカフィーインターネットセキュリティソフトをインストールしています。

中古のパソコンを使う場合は、セキュリティ対策をして不安を取り除くことも大切です。

 

ウィルススキャンをしてみたら問題なかったので、今のところ問題ありません。

 

このほかにも、メールの設定やWPS officeの設定方法などありましたが、マニュアル通りにやれば設定できそうです。

中古のパソコンですが、インターネットにつないで快適に使っています。

購入した中古パソコンを使って、パソコンを買ったらまず何をしたのか、個人的な設定体験の記事を書いてみました。

 

【付録】
あなたのパソコンのスペック(性能)を確認する方法。
①画面左下のwindowsマーク(4つの四角)に、カーソルを合わせて右クリックします。
②出てきた項目の中の「システム」をクリックします。
③パソコンのCPUや実装メモリ、windowsのバージョンが確認できます。
関連記事:
パソコンのキー入力できない!タッチキーボードの使い方を知った



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-パソコン, パソコントラブル
-,

© 2021 ビッグ友老後100まで!