不労所得は難しいが不労所得的な収入を得るならこの方法

ビッグ友老後100まで!




不労所得的な収入を得る方法

  1. 不労所得を得る方法を探していますか?
  2. この記事では、不労所得的な収入を得る方法について、考え方や方法などを書いています。
  3. なぜかというと、老後に不労所得を得るのは難しいのですが、不労所得的な収入を得る方法があったからです。
  4. 不労所得的な収入を得る方法の場合は、パソコンを使って家で稼ぐ方法になります。
  5. パソコンを使うので不労所得ではなく、不労所得的な収入を得る方法が最適だと思ったのです。

今はインターネットが整って、パソコンさえあれば家で仕事ができるのですから、新しい収入源を作ってしまえば、不労所得的な収入を得られるのではないでしょうか。

 

 

不労所得的な収入を得る方法で老後を生きる考え方

わたしは65歳以降も自営業を続けながら仕事ができて、年金も入ってきます。

 

わたしが働いている限り不労所得的な収入を得ることができるので、一人暮らしでも経済的な面では何とかなりそうなのです。

 

なぜ不労所得的な収入を得ることが大切かというと、70歳以降に働こうとしても働く場がないかもしれません。

 

というより、実際70歳を過ぎて働くことはつらいと思います。

 

そういった体を使って働く環境ではなく、可能な限り不労所得的な収入を得ることを、今のうちに考えて作っておくことです。

 

そのために最も理想的な方法が、ネットで収入を得る仕組み作りになります。

 

 

不労所得的な収入を得る仕組み作り

インターネット環境が整っていますから、パソコンを使って家でホームページ作りやブログを書くことです。

 

できる限り自分の得意な分野のテーマで記事を書き続ければ、継続することも苦になりませんし、お金を稼ぐ仕組み作りができます。

 

ホームページ作りやブログで、なぜお金が稼げるのかというと、Google AdSnseという広告を使って収益を出すことができるからです。

 

こういった仕組みを作ってしまえば、ほぼ不労所得的な収入を得ることが可能となります。

 

複数サイトを作ることは大変ですが、ブログ一本で稼ぎ続けることは至難の業ですね。

 

 

リスクにならない方法でほぼ不労所得的な仕組み作り

こちらに参考となるようなワードプレスを使ったサイトを作ってみました。

もじいちばん

 

わたしはすでにいくつかのサイトを持っていますので、サーバーがありますから、後はドメインを購入して、ワードプレスを導入し記事を書くだけです。

 

しかもドメインは最初の1年間は1円ですから、まったくリスクはありません。

 

見本で作ったサイトを参考に、あなたもほぼ不労所得的な収入を得る仕組みを作ってみてはどうでしょう。


記事の上に広告が表示されたり、サイドバーにも広告が自動で表示されるように設定しています。

 

広告を利用して収益を得る方法は、ワードプレスを使って仕組みを作るということです。

 

 

ほぼ不労所得的な収入が口座に振り込まれる仕組みが作れる

仕組みを作ることで、ほぼ不労所得的な収入を得るビジネスになってしまいます。

 

累計収益が8,000円に達すると、不労所得的な収入が口座に振り込まれるわけです。

2021年9月分が10万円を超えて振り込まれたので、一人暮らしのわたしにとっては、年金と合わせれば十分な金額になります。

 

この他にアフィリエイト収入が入りますので、老後資金も補充しながらブログを書くことができるというわけです。

 

65歳を越えたら無理しない働き方をするためにも、ほぼ不労所得的な収入を得る仕組みを作ってしまうに限ります。

 

60歳からでも3年くらいじっくり取り組めば、ほぼ不労所得的な収入を得る仕組みは可能です。

 

50代でこういったほぼ不労所得的な収入を得る仕組みを作ってしまえば、60代は結構自由な生き方ができるでしょう。

 

年金だけでは足りないと言われているのですから、始めるのが早ければ早いほど、60代が楽になることは間違いありません。

 

60代以降は毎月年金のようにお金が振り込まれる仕組みを作ってしまうことです。

 

ほぼ不労所得的なビジネスの仕組みは、先ほど紹介したワードプレスを使ってサイトを作るところから始まります。
もじいちばん

 

参考にしてほしい記事:
WordPress使い方と始め方これでブログやホームページが作れる

 

働かなくても自動的にある程度の収入が入る仕組みがあれば、一人暮らしの老後でも生活も安定するでしょう。

 

年金受給後の老後に10万円ぐらいが自動的に入ってくるならば、毎月の生活で困らないし普通の生活は十分できます。

 

 

ほぼ不労所得的なビジネスの先行きを考える

ほぼ不労所得的なビジネスは、あなたが今日働かなくても、収入がある仕組みでなければなりません。

 

65歳を越えたわたしは、今後は今あるサイトの安定的収入作りやブログを書いて、ほぼ不労所得的な生活をしようと考えています。

 

ほぼ不労所得的な収入のあるうちに、出来るだけ多くの老後資金を補充し、情報発信できなくなる年齢になる前に、サイトをすべて売却することも選択肢に入ってきました。

 

情報が古くならない仕組み作りが最も難しい課題ですが、検索エンジンで集客できる方法を常に考えています。

 



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-お金の稼ぎ方(ネット)
-,

© 2021 ビッグ友老後100まで!