あなたは年金で足りない分をどうするか考えていますか?

投稿日:

インターネットとパソコンを使えば、老後の仕事も趣味も充実【ビッグ友老後100まで!】



WEBデザインの仕事
年金だけでは生活費が足りないとしたら、足りない分をどうするか考えていますか。

 

わたしはインターネットとパソコンを利用した方法で、年金で足りない家賃分を稼ぐことにしました。

 

インターネットとパソコンを利用した方法に興味のある人は参考にしてください。

 

パソコンが得意な人やネットで稼ぐことに興味がある人には、生きがいにもなる方法だと思います。

 

ノウハウを書いてあるわけではありませんが、こういった方法もあるということです。

 

年金で足りない分をどうするか毎日考えています

わたしは50代で失業して再就職に失敗を続けた結果、老後資金に貯めていた貯金も使ってしまいました。

 

そのため、将来の年金で足りない分をどうするかを、50代後半からずっと考えてきたのです。

 

無職となって「年金で足りない分をどうするか」を考える時間が、たくさんあったのが幸いしました。

 

わたし個人的には、会社で働かないで不足分を補うための最善の努力はしています。

 

会社で働かないでも年金の不足分を補う方法を、ネットの中で見つけました。

 

年金で足りない分をどうするか考えながら、50代後半を働かないで過ごした結果、64歳の今でも何とか暮らせています。

 

 

スポンサードリンク


 

年金で足りない分をどうするか考えていますか?

あなたが年金では足りないと分かっているなら、その対策を考えているでしょうか。

 

年金をもらう前に対策をしておかないと、歳をとるのは早いですし、困ることになりますよ。

 

年金で足りない分をどうするかは、体力があるうちに対策をすることが必要です。

 

普通に考えても体力のあるうちは、仕事をしてお金を稼ぐと思います。

 

確かにそれも間違いではないのですが、その体力がいつまで続くかが問題なのです。

 

体力のあるうちに、年金で不足する分くらい貯金できればいいのですが……。

 

なかなか思うように行かないのが、ありがたくて厄介なお金という存在なのです。

 

長生きできるようになったのはいいのですが、年金だけでは足りないとなった時に困ります。

 

どう頑張っても生涯働き続ける事は、できないのですから困るわけです。

 

年金だけでは暮らせないとなった時どうすればいいのでしょう。

 

年金で足りない分をどうする

年金で生活できるか

わたしの場合61歳から厚生年金が受給できましたが、とても暮らせないので、国民年金を4年繰り上げて月9万円ほど受給しています。

 

個人的には月9万円そっくり使えれば生活できるのですが、賃貸に住んでいるので家賃代を支払わなければなりません。

 

家賃代42,000円が生涯の負担となってくるわけです。

 

ですから、その不足分を毎月ネット収入で補いながら生活しています。

 

年金の不足分を補いながらの生活ですから、この先も家賃代をどうするかという問題が、ずっと付きまとうのです。

 

わたしの場合は、この家賃代分を今後稼ぎ続ければ、暮らしていけると思っています。

 

そのために、インターネットとパソコンを利用して、毎月収入を得られるような仕組みを考えました。

 

今のところ年金とネット収入で生活しながら、余った分を貯金することで老後資金を補充しています。

 

インターネットとパソコンの使い方次第で、年金での不足分を補えるのですからすごい時代なのです。

 

年金で足りない分をどう工面するか

よく何歳まで生きたらいくらお金が必要かという話を聞きますが、年金を受給しながら現実にないお金のことを考えても仕方ありません。

 

わたしは生活に不足する分を、ネットで稼ぎ続けることにしました。

 

今後の年金で足りない分を、今後どうするかを考えることが重要なのです。

 

でもさすがに60代半ばになって、年金で足りない分をどうするかを考えるのは大変な気がします。

 

ですから40代せめて50代から、自力で収入を得る方法を考えておきたいですね。

 

わたしは50代後半から考えて、60歳から本格的に年金で足りない分をネットで稼ぐ覚悟を決めました。

 

年金で足りない分をネットで稼ぐ方法もある

今の時代はインターネットとパソコンがあるので、その力を借りてみるのも一つの方法だと思います。

 

ホームページやブログなどが、個人でお金を稼ぐ一般的な方法です。

 

パソコンなら簡単にできそうだと思うかも知れませんが、お金を稼ぐとなるとすごく大変な作業をしなければなりません。

 

自分でテーマを決めて記事を書く作業が中心ですから、やる気になれば誰でもできます。

 

ただ、パソコンの場合は肉体労働ではない体力と、精神面の強さが必要です。

 

老眼による眼精疲労や肩こり、集中力などが弱ってきます。

 

そういった状況の中での作業は、精神的にも辛いものです。

 

ですから、できる限り肉体的にも精神的にも頑張りの効く40代から50代で、お金を稼ぐベースとなる仕組みを作っておくことがいいと思います。

 

年金で足りない分をネットで継続して稼ぐ

実際にお金を稼げる仕組みを作っておくと、あとがすごく楽になるのです。

 

新しい記事を追加したり、更新するだけの作業になってきます。

 

こういったベースさえ作ってしまえば、作ったサイトが24時間365日働いてくれるからです。

 

ネット上に自動販売機を所有する感じかもしれません。

 

わたしは実際50代後半から始めて、こうした方法で年金の不足分を補っています。

 

本気で行動すれば、ネットでお金を稼ぐことは十分可能だと分かりました。

 

ただ、本気で行動することが難しいだけです。

 

わたしのように55歳から失業して、再就職もできずに60歳で貯金ゼロになってしまうと、本気どころか必死な覚悟を持って取り組むようになります。

 

人間覚悟を決めて必死に行動すれば、何とかなるものだということも分かりました。

 

年金で足りない分をネットで稼ぐことが理想的

とにかくインターネットとパソコンがあれば、無駄なお金をかけないでも、年金で不足する分くらいの収入を得る事ができる時代になっていることは間違いありません。

 

ただネットで稼げるかどうかは、本人の努力次第なところがあります。

 

例え稼ぐためのノウハウを知っても、記事を書く作業ができなければ収入に結び付かないことがほとんどです。

 

ネットでお金を稼ぐノウハウを簡単に言うと、ホームページやブログを作って、テーマを考えて記事を書き集客することだと思っています。

 

集客さえできれば、広告や商品を紹介すれば収入は得られるからです。

 

その集客できる記事が書けないから、収入に結び付かないということ。

 

ノウハウより本人の努力が大きいので、このサイトでもお金を稼ぐ方法や考え方を書いているだけです。

 

自分でサイトが作れる人は、コツコツ記事を書いて集客し、稼げるベースを作ってください。

 

そうすれば、年金を受給する頃には年金で不足する分くらいは、自分の力で稼げるようになるでしょう。

 

「年金の不足分を自分で稼ぐ」自由な老後を生きてみませんか?

 

年金で足りない分をネットで稼ぐことが生きがい

60代からわたしの理想とする自由な老後を目指しています。

 

そのために必要なのが、インターネットとパソコンを使って収入を得る仕組みです。

 

年金とネット収入があると、生活できるのですから会社で働く必要もありません。

 

生活できる安心感のあるうちに、ネットで稼げる仕組みを作り続けることで、さらに収入を増やすこともできます。

 

わたしは会社で働くことより、年金で足りない分をネットで稼ぎ続ける仕組み作りに、生きがいを感じるようになりました。

 

そのために、より理想的なネットで稼ぐ方法を考えることが楽しいのです。

 

自由な生き方のできる、インターネットとパソコンのある時代で、本当に良かったと思っています。

 



ネットで仕事は出来る!


インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

 

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
 

最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。
 




 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。
 

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-お金の不安

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2019 All Rights Reserved.