老後の資金がない60代を迎えたら焦りますよ

ビッグ友老後100まで!




  1. 老後の資金がない」まま60代になったらどうしますか?
  2. この記事では『老後の資金がない』という場合、60代にどういった方法で稼ぐか、働き方や考え方を書いています。
  3. 実は、わたしも老後の資金がない状況だったので、働き方を探していたら、パソコンを使う仕事に出会いました。
  4. そこで、パソコンを使って老後の資金がない状況を補いながら、長くできそうな働き方をしています。
  5. パソコンが使えるのに老後の資金がない場合は、副業として自宅でできる仕事を始めてください。

老後の資金がない状態で、60代を迎えてみたら本当に焦りました。

老後の資金がない60代

 

老後の資金がないまま60代を迎えた人はいますか。

 

「年金があるから大丈夫」なんて、楽観的に考えていると、その現実の厳しさに途方に暮れるかも知れません。

 

わたしは60歳から
「老後の資金がない」状況で、老後資金枯渇!必死です。

 

幸い50代後半で気づいたので、早めに年金に頼って自分で仕事を始めました。

 

老後の資金がない者にとっては、実際年金を受給できる歳になると、年金はありがたいものですが、それだけで足りるでしょうか。

 

65歳からだと少なくても20年分くらい暮らせる老後資金は必要だと思います。

 

わたしは老後の資金がないので、人よりかなり遅い老後の資金作りに挑戦しながら生活中です。

 

 

老後の資金がない60代は怖いですよ

 

老後の資金がない60代を迎えると、老後の苦労が見えてしまいます。

 

年金だけで暮らせるのが理想ですが、ほとんどの人は無理ですから老後資金で補うわけです。

 

この老後の資金があるかないかで、老後の人生が楽しくもなり不安にもなります。

 

恐らく老後資金を考えるときは、65歳を基準に年金プラス老後資金で、どのくらい暮らせるか考えているのではないでしょうか。

 

それぞれ受け取れる年金額が決まっているのですから、後の不足分は老後資金でまかなうだけです。

 

でもまだ65歳で元気なら働けますし、収入を得て老後資金の上積みは十分できます。

 

年金プラス仕事があるうちはそれほど心配することもないでしょう。

 

しかし、いずれ仕事ができなくなる時は来ます。

 

その時からが、本当の意味で老後資金が必要になるわけです。

 

それが何歳くらいなのかは、本人が予想できることだと思います。

 
 

老後の資金がないと先が見えない働き方になる

 

老後の資金があるかないかで、働く期間が変わってくるのですから、やはり老後資金については若い時から考えておかないといけません。

 

人によっては考えているようにいく人もいれば、どうやってもうまくいかない人もいるのはなぜなんでしょう。

 

そういったことを考えながら、うまくいかなかった自分の過去の糸をたぐり寄せてみたら「考え方」が足りないことに気づいたのです。

 

「何とかなる」といった、根拠のない自信みたいな感じで生きている人は多いと思います。

 

そういった人が「年金があるから何とかなる」と思っていたりすると、現実が来た時慌てるかも知れません。

 

実際は国民年金だけでは足りないことなど、だれも分かっていることなのですが、現実を見るまでは深刻にならないものです。

 

若い時ならそれでも良かったのですが、実際65歳になり年金を受給してから老後資金を心配しても遅すぎます。

 

どうしても現実を実感しないと気づけない人がいるようです。

 

それがわたしでした。
ですから50代、60代で苦労しています。

 

老後の資金がないことの大変さが分かるなら、40代、50代から本気で考えておいた方がいいです。

 
 

老後の資金がないと後手後手になってしまう

 

もし50代で老後資金貯めようと思っていても、失業でもしたら老後の資金がないまま60代に突入となってしまいます。

 

そうなると、全ての予定が狂ってくるので、年金を65歳から受給する予定でも、早めに年金もらわないと暮らせなくなってしまうでしょう。

 

年金を65歳から受給予定でいたのに早くもらってしまうと、受給額も少なくなってしまうのです。

 

老後の資金がないと老後の暮らしが後手後手になってしまうし、年金だけでは足りないということも考えられます。

 

年金だけでもなんとか暮らせる状態でお金が足りない状況なら、何とかしようと思えば何とかなるでしょう。

 

年金だけでは足りないとなった時に、未来の数十年の生活を考えたらとてつもなく不安で怖いのです。

 

ですから50代の時に老後の資金がないと気づいているなら、本気で行動するしかありません。

 
 

老後の資金がないので「肉を切らせて骨を断つ」覚悟

 
わたしの場合は現実に60歳で老後の資金が全くない状況でしたから「肉を切らせて骨を断つ」という心境で捨て身で挑戦しました。

 

60歳から老後資金というお金と戦うのですから、自分も痛手を負う覚悟を決めて、老後資金を得るという意味になります。

 

60歳で「老後の資金がない」「年金だけでは足りない」となったらもう捨て身の覚悟がないと60代で破産です。

 

老後資金がないので捨て身の覚悟を持って、人生の中で最も本気になって行動してみました。

 

捨て身の覚悟で本気になると、できそうにないこともできてしまうということを経験したので、ブログに書いています。

 

捨て身の覚悟で本気になると、自分の中にある潜在能力が発揮されるようです。

 

いま65歳になって、もう一度捨て身の覚悟ができるかというとできません。

 

いまでは年金プラスネット収入があり、暮らせているから本気になれないのだと思います。

 

老後の資金がない状態から抜け出すと、精神的にホッとして無理をすることもないからです。

 

60代で無理をしないためにも、年金を受給するまでに、できる限り老後資金をためておくことを忘れてはいけません。

 
 

老後の資金がないと「何とかなる」は通用しない

 
老後の資金がない状態で「何とかなるだろう」というような無責任な考え方は、ことお金に関しては通用しないのです。

 

老後資金が少しでもあれば年金で足りなくても、何とかできる時間が確保できますからまだチャンスはあります。

 

「老後の資金を何とかする」という強い気持ちで行動しないと、老後資金なんて貯まりません。

 

わたしも60歳からこんなに老後の資金で悩むとは思ってもいませんでしたが、お金がない現実を体験すると、本当に不安で怖くなりますね。

 

どんなことでも自分で経験してみると良いことも悪いことも実感できますが、できればお金のない悩みだけは避けたいものです。

 

 

老後の資金がない怖さを一年間実体験して分かった

老後資金として貯めてきたつもりの貯金も、50代後半から60歳までに全部消えてしまいました。

 

仕事をしていないとお金が出る一方ですから、精神的に焦ってしまいます。

 

これからどうなってしまうのか、想像すると怖くなるでしょうね。

 

わたしもまさか55歳で失業するとは思ってもいなかったので、老後資金もまだまだ準備できていませんでした。

 

老後資金の準備も出来ないまま、60歳まで仕事が見つからない状態でわずかな貯金も使い果たしてしまうという有様です。

 

老後資金の貯蓄なしでは、仕事も何とかしなくちゃならないし、でもどこも雇ってくれない。

 

こういった場合老後破産するんでしょうか。

 

この歳まで、手をこまねいていたわけでもなく、現実を知ると怖いです。

 

これから先どうしよう」って思いました。

 

60歳から一年間ですが、老後の資金がない生活を体験しています。

 

60歳で貴重な体験をできたことが今に活きてきました。

 

わたしは60歳からこんな方法で老後の資金がない状況を克服中です。

 

 

老後の資金がないのでホームページ作りを始めた

じつは59歳の時に、仕事が見つからないことがわかり、ホームページ作り始めてみたのです。

 

ネットでいろいろ調べていたら、ホームページ作りでお金が稼げるらしいという広告を見てしまったので始めてみました。

 

素人が作っている、趣味のホームページですから、稼げるわけないですよね。

 

それは分かっていたのですが、簡単に稼げる様な事が書いてあると、藁をもつかみたい気持ちでいたのでやってしまいました。

 

半年たっても稼げません。

 

60歳後半には貯金も使い果たし、借金してしまいました。

 

もうダメかなって思ったのですが、後に引けない状態なのですから、必死で考えてホームページを作り続けたのです。

 

もうどのくらい作ったのかさえ覚えていません。

 

何というか、お金もないし暇は十分あるので、孤独と不安を紛らわすかのように、ただひたすらページ作りをしました。

 

一年たっても月一万円程は稼げても、生活費なんてとても稼げません。

 

いくら作ってもお金が稼げないし、年金をもらえるようになったので、早めに年金を受給したのです。

 

 

60代で老後の資金がないのですから、借金生活を続けるよりはいいと思って年金を受給しました。

 

年金を65歳から受給しようと思っても、仕事もない老後の資金がないとなるといたし方ありません。
 

65歳から受給すれば満額ですが61歳からだと少なくなります。

 

 

これで年金を一生もらえる、約束手形はいただきました。

 
偶数月に2カ月分振り込まれるとうれしいものですが、それでも年金月額9万円は、何とも厳しい老後資金なのです。

 
家賃を払った残りで老後を過ごすとなったら、不安がよぎってきます。

 

 

二か月分なので、その月は何とか暮らせても、翌月は足りない生活になります。

 

自分で蒔いた種とはいえ、貧乏生活がこれほど心身ともにこたえるとは予想通りでした。

 

老後の資金がない60代をこんな形で迎えると、夢も希望も無くなってしまいますよ。

 

 
 

老後の資金がないまま年金に頼ってみました

 

人生とは不思議なものですね。
わたしが取り組んでいたホームページの話ですが覚えてくれていますか?
 

月一万円くらいは稼げるようになっていたのですがタイミングがいいというか、芽を出してくれました。

 

お陰様で今では、年金で足りない分はネットで、稼げるようになってきたのです。

 
 

こうなると後手後手の生き方に変化が出ます。

 

年金に頼ることで精神的に楽ですからホームページ作りに専念できます。

 

すると、それほど稼げなくてもあせることがなくなるのです。

 

結果年金プラスネット収入で、老後資金を補いながら65歳のいまを生きています。

 

後手後手な生き方が年金によって先手に変わったので、今生活できているうちに、5年先を見据えて次の一手を考え中です。

 

老後の資金がないのは辛いですから、若い時からコツコツ貯めておく方が老後の身のためですね。

 
老後の資金がないときの年金は本当にありがたい!

 
関連記事:
家にいてお金を稼ぐ方法があった!早速始めてみた結果稼げた!

 
ビッグ友老後100まで!】ホームへ戻る



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-老後資金
-

© 2021 ビッグ友老後100まで!