60歳仕事なしから5年後の65歳とんでもない稼ぎ方をしていた

スポンサー リンク



5年前そして5年後のあなたはどんな働き方をしていますか?60歳から自分の納得いく働き方ができているでしょうか。

60歳仕事なしから5年後の65歳

わたしは60歳の時には仕事もなく貯金もなしになって、この先どうすればいいのか必死でした。

それから5年の月日が経ってみたら、自由な働き方をしながら自由気ままに生きています。

会社に雇われるような働き方をしなくても、結構生きて行けるものですね。

60歳の時にどこの会社も雇ってくれなかったので、5万円くらいを元手にネットの仕事を始めました。

インターネット環境とパソコンがあったので、趣味のホームページ作りを本業にしてみたのです。

ホームページやブログのできる人は参考にしてください。

60歳からでも努力すれば、本業や副業にできると思います。

過ぎてみると5年なんてあっという間ですから、考えているよりまず行動「案ずるより産むが安し」です。

60歳仕事なし貯金なしからホームページ作りを始めた

60歳から5年後

60歳から本気でホームページ作りを始めて、自分で仕事を作りだして、仕事なしから抜け出そうと考えました。

貯金なしになる半年くらい前に始めて、不安の中「絶対に稼ぐぞ!」という強い気持ちで臨んだのです。

さすがに趣味でお金を稼ぐことは難しいので、ホームページ専用の作成ソフトを購入して、レスポンシブ対応のサイトを作ってみました。

レスポンシブ対応とは、PC、スマホ、タブレット画面に対応したホームページです。

スマホやタブレットがそれほど普及しなかった頃は、パソコンに表示されるホームページで良かったのですが、スマホが登場したことによって、作り方を変えなければいけなくなりました。

レスポンシブ対応で作らないと、スマホで見た場合文字も小さくて、とても見づらい表示だったからです。

今はどんなサイトを見ても、レスポンシブ対応で作られていますから、スマホで見ても違和感を感じないと思います。

61歳の時仕事なしから解放される

自分でホームページ作りを仕事にしたので、仕事なしからは解放されました。

しかし、生活できるお金を稼げるわけでもなく、まだ稼げないホームページを作っているだけだったのです。

ネットの仕事を始めても仕事なしと同じで、すぐに稼げるということはほとんどありません。

ホームページで稼ごうとする場合は、集客する事ができなければ稼げないからです。

ですから、仕事なしの状態で一年先や二年先を見据えて、ベースとなるホームページ作りをしていました。

将来的にお金を稼ぐつもりですから、今は稼げなくても仕事をしていることになります。

仕事なしの状況を抜け出すサイト作り

検索を意識してページを作るわけですが、どうしてもライバルがいますから、自分のサイトが上位表示されることが難しくなります。

検索で一ページ目に表示されないと、ほとんど見てもらえないので、仕事なしの状態から解放されないのです。

グーグルやヤフーの検索エンジンで検索されるために「SEO対策」をしなければなりません。

でもどうすればそういったSEO対策ができるのかも分からず、ネットで調べてみました。

すると基本は検索窓に打ち込まれる文字「キーワード」を意識した文章を書くことでした。

さらにキーワードを意識した見出しにすることも大切だと書かれています。

これらを意識して文章を書くことで、検索された時に上位表示される可能性が大きくなるのです。

これ以外にも文章を書く際に注意しなければいけないことがいくつかあります。

仕事なしを脱出するにはキーワードと見出しが大切

キーワードと見出しを意識するだけで、ライバルの弱いサイトなら上位表示できるということです。

わたしもブログでは、上位表示させることを楽しみながら記事を書いています。

例えば「怠け者 向いてる仕事」「怠け者に向いてる仕事」というキーワードで記事を書いたページですが、検索すると一ページの上の方に表示されていました。

こういったキーワードで記事を書いても、お金を稼げるわけではありませんが、検索で上位表示させる練習になります。

もし専門的知識があるなら、このキーワードとなる文字を意識して文章を書くと上位表示も可能です。

とにかく、ホームページでもブログでも検索エンジンから集客する場合は、記事の書き方を研究しなければなりません。

検索エンジンから集客できるようになると、ページを見てもらうことも一過性ではなく、長いこと読んでもらえることになります。

そういった意味で集客できるページを作ることが、仕事なしを克服する大切なカギとなるわけです。

それぞれキーワードを意識して記事を書いて、ページ作りをするのですから、それなりに時間も期間も掛かります。

そして集客できるようになったら、グーグルアドセンス広告やアフィリエイト商品の紹介をすることでお金を稼げるサイトができるのです。

仕事なしの時には向上心が必要

仕事なしの状態でネットでお金を稼ごうと考えるなら、分からないことは自分で調べるという向上心がなければ、とてもやってられません。

雇われて働くのとは違って、分からないことがどんどん出てきますから、その壁を自力で破って行かないと誰も助けてくれないのです。

わたしも60歳の時はネットで検索しながら、一つ一つ分からないところを調べて克服してきました。

ネットでお金を稼ぐ方法はネット上にいくらでも出ていますが、その中から自分に合った方法を見つけ出すことが大切です。

楽をして稼ごうとすると、あなたから楽して稼ごうとする人に出会ってしまうかも知れません。

とにかく仕事なしでも時間はあるのですから、分からないところを自分で調べることによって、スキルアップにつながってきます。

仕事なしなら長く稼ぐための準備をしておく

60歳以降に仕事なしから長く稼ごうと考えるなら、50代のうちにパソコンやブログを作って、記事を書くことを続けることです。

サーバーとドメインを用意すれば、ワードプレスという無料のソフトもありますから、ほとんどお金をかけずに始められます。

それでも最初はゲーム攻略みたいで楽しくもあり難しさを感じるでしょう。

ですから、最初はお試し期間を利用して、どんな感じかをつかんでみるのも一つの方法です。

国内最大級の個人向けレンタルサーバー『ロリポップ!レンタルサーバー』は、
月額100円(税抜)~で容量最大1000GB!しかも安いだけじゃなく
大人気WordPressの簡単インストール/ウェブメーラーなど
機能も満載!共有/独自SSLもバッチリ対応でセキュリティ対策も万全!
もちろん、オンラインマニュアルやライブチャットなど、
充実したサポートで初心者の方でも安心です。
無料のお試し期間が10日間ありますので、
まずはお気軽にご利用してみてくださいね!

▼ロリポップ!レンタルサーバーはこちら

こういった面倒な設定などとてもできないという場合は、ブログやホームページ作り以外でお金を稼ぐ方法もあります。

60歳仕事なしでも家で仕事はできる

ホームページやブログは苦手という人は、クラウドソーシングで自分に合った仕事を探してみましょう。

家にいてネットでお金を稼ぐ安全な方法があった!

お金を掛けないでできる方法がたくさんありますので、家にいながらお金を稼いでください。

インターネットとパソコンによって、ネットでできる仕事が増えてきました。

60歳からの一年くらいが一番大変でしたが、徐々にネットで稼げると確信できたので、62歳の時に個人事業主として開業届を出して、自営業を始めたのです。

60歳仕事なしから5年後 まとめ

60歳から始めて5年が過ぎましたが、家にいながらホームページやブログに取り組んで収入が得られるので、これからも長くできる仕事になっています。

60歳の仕事なしの時に、ホームページ作りを始めておいて良かったとつくづく感じるのです。

さらに年金という強い味方を得たので、ネットで収入を得ながら自由な生き方ができるようになりました。

過ぎてからでないとあの時の判断が、正解だったのか間違いだったのかなんて分かりません。

ただ言えることは、インターネットとパソコンがある時代なので、自宅で仕事はできるということです。

ビッグ友老後100まで!ホームへ戻る