60代年金と小さな起業で自由な働き方を始める方法

ビッグ友老後100まで!




60代年金と小さな起業

60歳から自由な働き方をやってみて分かったことは、年金があれば小さな起業で十分だということです。

 

60代以降は雇われる働き方をせずに、年金と小さな起業で自由な働き方をすることができます。

 

自由な働き方や生き方をするという環境作りが、60代以降には大切かも知れません。

 

なぜかというと、実際に60代を生きてみて感じたことは、働いて収入を得ることも大切なのですが、健康面や60代以降の生きがいなどを考えると、自由な環境で生活できることがいいからです。

 

その際に自由な環境で生活するために役に立つのがパソコンでした。

 

 

60代小さな起業に取組む自由な働き方の考え方

今はインターネット環境が整っていますので、パソコンが使えるなら老後はネットの仕事が最適だと思っています。

 

パソコンを使って個人事業主で開業する小さな起業でも自由な生き方ができるからです。

 

現在の定年制度は65歳まで延長して働くことができます。

 

60歳を超えると再雇用の対象になる人が増えますが、副業などを考え会社勤務をしながら起業のWワークを考えるケースも増加しているようです。

 

お金をかけずに始められる小さな起業なら、パソコンを使う仕事が最適だと思います。

 

とは言っても、60代になっていきなりパソコンを使っても稼げないでしょう。

 

できれば50代の時から、60代を見据えてパソコンスキルを磨いておくことが大切です。

 

それでも65歳まで延長して働くことができるなら、60歳から65歳の定年後を見据えた方法もあります。

 

 

60代小さな起業にホームページ作りやブログが最適な理由

わたしが60歳からやってみた方法は、ホームページ作りやブログを書く仕事でした。

 

一年間はホームページのベース作りのために、ほとんど収入はありませんから、2年後や3年後を見据えて取り組むことが大切なのです。

 

会社勤務で収入のあるうちなら、1年や2年収入がなくても、サイト作りができるでしょう。

 

このベースとなるサイト作りが、結果的に2年後や3年後あるいは定年後も長くできる仕事になってきます。

 

わたし自身は60歳の時には無職でしたから、一年くらいサイト作りに没頭しました。

 

そして2年目あたりから徐々に稼げて来たので、個人事業主として開業したのです。

 

最初に稼げない期間がありますので、他に収入がある中でコツコツベース作りができれば、数年後に小さな起業ができます。

 

60代は今すぐに稼ごうとしてはだめなのです。

 

数年後や定年後の未来を見据えて、年金を受給しながら長くできるベースを作ることを忘れてはいけません。

 

 

老後も長く続ける「小さな起業」のすすめ

自分のやり方で好きな仕事ができるのが、自分で作るホームページやブログです。

 

これでお金が稼げれば言うことなしなのですが、始めたからと言ってすぐに稼げないところが、手を出しにくいところではないでしょうか。

 

現在はインターネットの発達により、自己資金が少なくても開業できる仕事も増えています。

 

起業というとハードルが高いイメージですが、ホームページ作りやブログなどの場合は、起業するハードルはかなり低いのです。

 

一年ぐらい無収入でも頑張れるくらい、ホームページ作りやブログ好きな人に「小さな起業」をおすすめします。

 

 

60代で小さな起業3つのポイント

  1. 本当にやりたいと思えること
  2. 経験を活かせて少ない資金でやりがいを感じること
  3. 健康が第一で利益をあまり追求しないこと

「小さく始めてもコツコツ長く続ければ、老後の収入源になります」

 

シニアが目指す小さな起業のメリットや具体的な方法

金銭的なリスクは避け「小さな起業」を目指すことです。

 

これまでの人生経験を活かしたやりたいことで、生きがいや収入が増えるなら楽しいでしょう。

 

年金とネット収入で生活するなら、まずは少ない資金で開業するのがおすすめです。

 

 

少ない資金で始める小さな起業

わたしが始めたホームページで稼ぐ方法なら、年間1万円程で始められます。

内訳としては、レンタルサーバー代、ドメイン代などです。

参考記事:
WordPress使い方と始め方これでブログやホームページが作れる

 

ワードプレスソフトを導入したら、こんな感じでサイトを作ります。
ワードプレスで『もじいちばん』サイトを見本で作ってみました。

わたしの場合はすでにサーバーがあるので、ドメイン代として1円で作っています。

 

年間1万円くらいで起業できるのですから、資金面でのリスクはありません。

 

ホームページ作りやブログの場合は、自分で記事を書くことが基本となります。

 

これまでの人生経験を活かした働き方や趣味など、女性の場合は子育て、節約、介護などの記事を書いて、情報発信している人が多いです。

 

 

ホームページ作りやブログでどうやって稼ぐのか?

お金が稼げなければただの趣味となりますが、個人でもお金を稼ぐ方法があります。

 

それは「グーグルアドセンス広告」を利用することができるからです。

 

こちらのサイトの「成功事例」を参考にしていただけると分かりやすいでしょう。
Google AdSense - ウェブサイトを収益化
Google AdSense を使用してウェブサイトを収益化しましょう。

 

ある程度の記事を書いたら、 アドセンスの審査を受け審査に合格すれば、広告が使えるようになります。

 

お申し込みと有効化
AdSense へのお申し込みのページを参考にしてください。

分からない場合は、ネットで「アドセンスでの稼ぎ方や審査を受ける方法」などで検索して調べればほぼ解決策が見つかるでしょう。

 

記事を書き続けて広告が掲載できれば、数か月が過ぎたころには、集客できるようになって、次第に稼げるようになってきます。

 

記事を書く際のテーマ次第で収益に影響しますから、いろんなサイトを見て研究することも大切です。

 

 

小さな起業でどうなる?

60代は年金も受給できますから、自力で5万円を稼げるようになると助かります。

 

自力で5万円稼げるようになるにはかなり努力しないと難しいことです。

 

人の役に立つテーマや関心のあるテーマで記事を書き、コツコツ努力すれば可能性はあります。

 

わたし自身は60歳からサイト作りをしていますから、65歳を越えた今は年金とネット収入で、自由な生き方ができるようになりました。

 

これからも老後資金を補充しながら、健康面や60代以降の生きがいなどを考えて、自由な環境で生活する予定です。

 

年金があれば小さな起業で十分自由な生き方ができると思います。

 

何事も3年以上やれば、それなりに結果がついてきますのであきらめないことです。

 

 

関連記事:
給料以外の収入を得るという考え方が年金もらう前に必要な時代



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-60歳からの働き方, お金の稼ぎ方(ネット), 自由な生き方
-

© 2021 ビッグ友老後100まで!