フリーランスよりもっと自由なフリーランスを目指せ!

ビッグ友老後100まで!




もっと自由なフリーランス

世界中に突然新型コロナウイルス感染問題が起きてしまいました。新型コロナウイルス感染問題以降、解雇されたり仕事がなくて、フリーランス(個人事業主)を始める人が増えているそうです。

 

わたしも職を失って再就職できなかった時に、フリーランスとして働き始めましたが、個人的に一般的なフリーランスはあまりおすすめできません。

 

フリーランスの場合は、特に営業や仕事の受注の難しさなどの他にも、収入面でのリスクが高いからです。ですから、いま何とか働ける環境があるのなら、その仕事を続けたほうが良いと思ってしまいます。

 

フリーランスでも仕事が受注できて、安定した仕事がある人なら問題ないのですが、仕事を取るための営業が苦手な場合、一般的なフリーランスでは仕事を取ることがむずかしいのです。

 

それでも就職できないとしたら、フリーランスとして生きる道を選ぶかもしれません。

 

そういった場合に、仕事を探せる場があると助かりますね。

家にいてお金を稼ぐ安全な方法の記事を参考にしてください。特に営業をしなくても、仕事の受注ができると思います。

 

 

フリーランスは自由そうで不自由な働き方でもある

フリーランス

フリーランスは自由な働き方と思われがちですが、お金を稼げなければ自由などと言ってられません。

 

働く場と働く時間が自由に選べるだけで、本当の自由など遠い話ではないでしょうか。

 

とにかく生きるためにはお金が必要ですから、雇われて働くことやフリーランスとして働くにしても、結局お金が稼げなければダメなのです。

 

雇われて働いていると、フリーランスは隣の芝生のように青く見えるかも知れません。

 

でも実際自分でやってみると不安定で、その大変さに気づいてもう一度就活を始めると思います。

 

そういった不自由なフリーランスをやっていてはダメなのです。

 

フリーランスになりたい人が増えているようですが、理想だけでフリーランスを始めてしまうと、あとで後悔することになるかもしれません。

 

スポンサー リンク



 

 

フリーランスのメリットデメリット

フリーランスは住む場所に関係なく仕事ができる

フリーランスのメリットと言ったら、通勤なしで働く場所の自由などがあります。

 

一般的フリーランスの現実

一般的フリーランスの現実は、とにかく収入が不安定です。

 

フリーランスの収入は非常に不安定で、仕事が取れなかったり、体調が悪くて働けなければ収入はありません。

 

また、クラウドソーシングなどでも、スキルがあれば高額な報酬を得られる仕事もありますが、スキルがない場合は数万円稼ぐのも厳しいということにもなります。

 

少なくても月収10万円以上稼げないと、賃貸暮らしの場合は家賃代の支払いも負担になるでしょう。

 

そして国民年金や国民健康保険料などを払うと、生活費もわずかですから経済的に苦しくなってしまいます。

 

さらに、突然仕事がなくなることも考えられるのですから、常に次の仕事のことが頭から離れず不安ばかりです。

 

仕事の数を増やしても単価の低い仕事ばかり受けると、長時間労働になって収入も増えません。

 

 

フリーランスは自由じゃない

フリーランスの仕事には、ほとんど納期があるものが多いでしょう。納期が守れないと信用もなくなって、次の仕事が取れなくなったりします。

 

そうなるとフリーランスになった結果、納期と言う時間がストレスになってしまうのです。

 

お金の不安、次の仕事の不安、納期の不安などがあって、決してフリーランスは自由ではないと思います。

 

 

フリーランスはハイリスクかもしれない

こういった環境になっても、どうしてもフリーランスになりたいというのであれば、収入面の対策を万全にしてから始めましょう。

 

フリーランスになったことで借金をしてしまうと、落ちていくのは速いですよ。そのような借金生活の状況になると、そこから抜け出すのは容易なことではありません。

 

だからこそ同じ不安定な働き方なら、一般的フリーランスを目指すのではなく、もっと自由なフリーランスを目指してほしいのです。

 

せっかくインターネットとパソコンがあるのですから、一般的なフリーランスを超えて、もっと自由なフリーランスという生き方をしてみてはどうですか。

 

じつはわたしのフリーランスは、一般的なフリーランスとは全く違っています。

 

雇われない仕事は受けないをモットーにした、一歩先行くフリーランスです。

 

 

仕事を受注しない自由なフリーランスになろう!

同じようにフリーランスを目指すなら、一般的なフリーランスよりも、もっと自由なフリーランスを目指してはどうでしょう。

 

そこでわたしの経験なども踏まえて、もっと自由なフリーランスの現実や注意点などをご紹介します。

 

わたしは雇われる働き方をやめて、フリーランスとしての生き方をを始めました。

 

ただ普通のフリーランスではなく、もっと自由なフリーランスになりたいと思って、仕事を受注しない働き方をしています。

 

それ以来ホームページを利用して、自分で仕事を作り出すことにしたのです。

 

自分でテーマを考えてホームページを作り、お金を稼ぐ方法があったので挑戦してみました。

 

 

もっと自由なフリーランスを目指す考え方

今現在フリーランスで働いている人にはお勧めできませんが、働きながらもっと自由なフリーランスを目指そうという話です。

 

なぜ今フリーランスをしている人にお勧めできないかと言うと、一般的なフリーランスよりもっと自由を目指すのですから、すぐにはお金が稼げません。

 

ですから、フリーランスの人がやると極貧どころか破産もあり得るので、収入のあるいまの仕事をして生活しながら、この先自由なフリーランスを目指そうとする考え方です。

 

お金を稼ぐことは何をやっても大変ですから、慎重に行動したほうがいいと思います。

 

働いて収入が得られる中でのホームページ作りなら、収入がなくても未来のために継続できるでしょう。

 

もっと自由なフリーランスを目指すなら、日々の生活費を稼げる仕組みを作ってからの方が間違いありません。

 

フリーランスを始める前に、もっと自由なフリーランスになるための、ベース作りをしておく事が大切なのです。

 

 

仕事を受注するフリーランスの働き方をやめたら自由になった

パソコンが使えて、ホームページが作れる人なら、ネットで稼ぐための仕組みを作った方が得策だと思いませんか。

 

わたしは自分で作ったホームページを利用して、グーグルアドセンスやアフィリエイト商品を紹介しています。

 

こうした仕組みができると、自分が働かなくても過去に作ったサイトが勝手に稼いでくれるからです。

 

こういった感じで自分のホームページやブログが作れれば、仕事を受注しないもっと自由なフリーランスとなれます。

 

わたしはこういった仕組みづくりを継続してきたことで、お金や働く場所そして時間的自由を手に入れ、フリーランスという自由な生き方ができたのです。

 

同じフリーランスとして生きるなら、もっと自由になれるフリーランスを目指してください。

 

 

もっと自由なフリーランスまとめ

自由な生き方としてのフリーランスは魅力的ですが、収入が不安定でリスクを伴う働き方だというのが現実です。

 

同じようにリスクの伴うフリーランスなら、もっと自由なフリーランスを目指してはどうでしょう。

 

今の仕事を継続しながら仕事の終わった後や休日に、ホームページやブログを利用して、ネットでお金を稼ぐベース作りをして準備してから始めることです。

 

そうしたサイトを作ることがネット資産となってきます。

 

自分のやっていることが資産となるような考え方を持たないと、フリーランスとして自由に生きることは難しいと思います。

 

もっと自由なフリーランスを目指すなら、今は稼げなくても未来に稼げるサイト作りが最適なのです。

 

後々年金が受給できた時に「あの時サイト作りを始めておいて良かった!」と感じるでしょう。

 



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-自由な生き方
-,

© 2021 ビッグ友老後100まで!