60代でゆとりを感じられる生き方ができるのは年金のおかげです

投稿日:

インターネットとパソコンを使えば、老後の仕事も趣味も充実【ビッグ友老後100まで!】



年金が月21万円の人が65歳から30年生きると、2,000万円必要という話があります。

 

そういった話を聞いても聞かなくても、わたしはお金の面ではゆとりはありません。

 

61歳から年金を月9万円受給したことで、少なくとも精神的ゆとりを持つ事はできました。

 

この精神的ゆとりが大事だと思っています。

 

60代でまずは年金そして精神的ゆとりを手に入れた

50代後半になって失業し、就職もしないまま過ごしてしまったので、精神的にもお金のゆとりもありませんでした。

 

ところが61歳になって年金を繰り上げ受給してからは、毎月なんとか暮らせるという精神的ゆとりが出てきたのです。

 

貯金なしの一人暮らしの人が月9万円の年金を手に入れると、精神的にゆとりが出ると思います。

 

人によっては年金だけでは生活できないという人もいるでしょう。

 

少ない年金でも毎月最低限暮らせると思ったら、精神的に大きなゆとりをいただけたと、わたしは感じました。

 

一人で生活する上では、まず精神的な面が非常に大事になります。

 

精神的にゆとりのある生き方ができれば、あとはお金の問題を解決すればより豊かになれるからです。

 

精神的にゆとりのあるうちに、自分で仕事をすればいいのですから、考える余裕も出てきます。

 

精神的ゆとりの年金生活の中で何を考えるのかが問題

何とか生活できるのですから、アルバイトでもパートでもすれば、貯金もできるでしょう。

 

もちろん自分で仕事を始めてもいいはずです。

 

わたしはインターネットとパソコンを使って、自分で仕事を作ってみました。

 

何とか生活できるという精神的余裕がないと、自分で仕事を始めるなんてできないと思います。

 

まして貯金がない年金が少ないとなると、恐らく自分で仕事をすることは考えないでしょう。

 

 

スポンサードリンク


 

精神的ゆとりの年金生活の中でサイト作りを始める

わたしは50代の終わりごろから、ずっとホームページ作りをやろうと考えていたので、2万円くらいのソフトを買って練習はしていました。

 

もちろん年金生活ですから、お金もまったく掛けられません。

 

通信費を別にすると、年間一万円ちょっとで運営できるのですから、ほぼリスクなしで始められたのです。

 

インターネットとパソコンを使う仕事ですから、自分の努力次第でお金を稼ぐ事ができます。

 

こういった状況で始めていたので、生半可な気持ちではやってられません。

 

絶対にネットで収入を得るという覚悟と本気が必要なのです。

 

そういった本気な気持ちを、自分の脳みそが納得すれば、ネットで仕事を作ることは可能だと分かりました。

 

でも自分の脳も、すぐに楽をすることばかり考えてしまうのも事実です。

 

頭で分かっていても、行動できなければ現状を変えることはできません。

 

精神的ゆとりの年金生活が生き方を変える

わたしが本気で行動できたのは年金が9万円あったからですが、その中から家賃代として42,000円出て行きます。

 

その他に光熱費などを支払って、残りで何とか生活はできるのですが、これでは苦労という利息が付いているのと同じです。

 

こういったように年金だけでは不安ですから、だれでも働けるうちは働くと思います。

 

わたしも50代だったら、雇われた働き方も考えたでしょう。

 

でも実際50代後半では、どこも雇ってくれませんでした。

 

60代で年金が入ったからと言って、安易にアルバイトやパートにつけない事情に気づいたのです。

 

60代で貯金もない人が、9万円の年金だけでなんとか暮らせても、危険な未来が見えています。

 

長くできる仕事を考えておかないと、老後破産が待っているかもしれません。

 

精神的ゆとりと金銭的ゆとりには年金以外の収入が必要

年金は入るが貯金はない。

年金をもらってから20年、30年生きるとしたら、お金の苦労と心中しなければなりません。

 

まして最近でも騒がれている2,000万円必要という話もあります。

 

いつまで働けるか分からないアルバイトやパートでは、こんなお金を貯められるわけがありません。

 

一人暮らしですから、半分くらいの1,000万くらいは、60歳までに確保しておきたかったと思っても後の祭りです。

 

こういった老後の事情を解決しようと思って始めたのが、インターネットとパソコンを使った仕事でした。

 

精神的ゆとりと金銭的ゆとりは年金以外のネット収入から

この仕事ならネット環境の整っている所なら、場所を選びません。

 

わたしも実家にネット回線を引いて、二拠点居住生活をしながら、農業の手伝いを趣味にしています。

 

自分の仕事や農業の手伝いをしながら、高齢の母親の見守りもできるのですから、こういった選択をしたことは正しかったと思うのです。

 

こういった話は、ネットで収入が得られればですが、実際にネットの仕事を始めてみたら稼げるので、個人事業主の開業届を出して自営業をしています。

 

失業しても一人暮らしだったことが幸いしたのか、年金を受給してからの精神的ゆとりが、新しい生き方へと導いてくれました。

 

これからもネットの仕事をしながら、年金で不足する分を補充しながらコツコツ生きていきます。

 

年金制度とインターネットにパソコンのある時代で、本当に良かったと思うこの頃です。

 



ネットで仕事は出来る!


インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

 

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
 

最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。
 




 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。
 

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-老後資金
-

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2019 All Rights Reserved.