投資する人と投資しない人の考え方の違いって何?

スポンサー リンク



新NISAの話題をきっかけに、これまで投資に興味がなかった人や、投資はお金持ちがやるものと思っていた人が、投資を始めるケースが増えています。これは、喜ばしい現象と言えるのでしょうか。

新NISAが投資を始めるきっかけになる理由

非課税枠が拡大され、投資のメリットが大きくなった
つみたて投資枠と、成長投資枠の併用が可能になった
金融庁や証券会社などが投資教育に力を入れている

新しいNISAのポイント

  • 非課税保有期間の無期限化

  • 口座開設期間の恒久化

  • つみたて投資枠と、成長投資枠の併用が可能

  • 年間投資枠の拡大(つみたて投資枠:年間120万円、成長投資枠:年間240万円、合計最大年間360万円まで投資が可能。)

  • 非課税保有限度額は、全体で1,800万円。(成長投資枠は、1,200万円。また、枠の再利用が可能。)
  • 「投資する人」と「投資しない人」の考え方の違い

    1. お金に対する考え方

    投資する人:お金を増やす手段として投資を捉えている
    投資しない人: お金を失うリスクを恐れる傾向にある

    投資する人は、お金を貯めるだけでなく、積極的に運用することで将来的に資産を増やそうと考える傾向があります。

    一方、投資しない人は、投資のリスクを過度に恐れるあまり、お金を減らすことを避けようとする傾向があります。

     

    2. 未来に対する考え方

    投資する人:将来のために積極的に準備しようとする
    投資しない人: 目先の生活を重視する傾向にある

    投資する人は、将来の生活のために、今から準備を始めようとする傾向があります。

    一方、投資しない人は、目先の生活を充実させることに重きを置いてしまう傾向があります。

     

    3. リスクに対する考え方

    投資する人:リスクを承知で、高いリターンを目指す
    投資しない人: リスクを避け、安定性を求める傾向にある

    投資する人は、リスクを承知で、高いリターンを目指す傾向があります。

    一方、投資しない人は、リスクを避け、安定性を求める傾向があります。

     

    4. 知識と経験

    投資する人:投資に関する知識や経験を積極的に学ぼうとする
    投資しない人: 投資に関する知識や経験が不足している

    投資する人は、投資に関する知識や経験を積極的に学ぼうとする傾向があります。

    一方、投資しない人は、投資に関する知識や経験が不足しているため、不安を感じて踏み出せないことがあります。

    投資する人と投資しない人の【まとめ】

    将来についてのお金について、自分が働くという方法とお金に働いてもらう投資という収入源について考えてみてください。

    投資を始める前に

    投資はリスクを伴う行為です。投資を始める前に、自身の性格や価値観、リスク許容度などを理解し、十分な知識を身につけることが重要です。

    ビッグ友老後100まで!ホームへ戻る