60代からでも間に合う?新NISAで資産運用をしないリスクと未来への備え

お金に働いてもらう時代:60代からの資産運用は必要?

2024年から始まった新NISAは、将来への不安を軽減し、より豊かな生活を送るための強力なツールです。

しかし、60代になると「今さら資産運用を始めても間に合うのか?」と不安を感じる方も少なくありません。

結論から言えば、60代からでも資産運用は十分可能です。 むしろ、新NISAで資産運用をしないことによるリスクの方が大きいと言えるでしょう。

と、AIは答えています。

そこで、資産運用をしないリスクについて考えてみたいと思います。

新NISAを活用して資産運用をしないリスク

1. インフレによる購買力の低下
近年、物価は上昇傾向にあり、今後もその傾向は続くと予想されています。

現在の1万円で買えるものが、将来的には半分しか買えなくなる可能性も考えられます。

2. 低金利による預貯金の利息の低下
銀行預金の利息は非常に低いため、預貯金だけで資産を増やすことは困難です。

年金収入のみで生活を送る場合、生活が苦しくなる可能性もあります。

3. 将来的な収入減少の可能性
60代以降は、退職や転職などにより収入が減少する可能性があります。

年金だけでは生活が苦しくなる可能性も考えられます。

新NISAを活用して資産運用をすることで得られるメリット

1. 非課税で資産形成できる
新NISAは、つみたて投資枠120万円、成長投資枠240万円の合計で年間投資上限額が最大360万円までの投資利益が非課税になる制度です。

生涯非課税限度額が最大1,800万円で、非課税保有期間は無期限となっています。

税金に左右されずに資産形成ができるため、老後の資金準備に最適です。

金融庁 つみたてNISA: https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/

2. 長期的な資産形成が可能
投資にはリスクが伴いますが、長期的な視点で投資することで、複利効果により資産を増やすことができます。

60代から始めれば、10年後、20年後には大きな資産を築くことも可能です。

3. 経済や金融に関する知識を深めることができる
投資を始めることで、経済や金融に関する知識を深めることができます。

将来的なリスクを回避し、より賢くお金を扱うことができるようになります。

60代から始める資産運用:リスクを抑えるための注意点

1. 長期的な視点で投資する
短期的な値動きに一喜一憂せず、長期的な視点で投資することが重要です。

5年、10年といった長期的なスパンで資産形成を考えましょう。

2. 分散投資をする
一つの資産に集中するのではなく、複数の資産に分散投資することで、リスクを軽減することができます。

国内外の株式、債券、不動産など、さまざまな資産に投資しましょう。

3. 積立投資を活用する
毎月一定額を積み立てることで、価格変動リスクを抑えることができます。

少額からでも始められるので、無理なく続けられる方法を選びましょう。

4. 投資の勉強をする
投資にはリスクが伴います。投資に関する知識を深めることで、リスクを回避しやすくなります。

書籍やインターネットで情報収集したり、セミナーに参加したりして、知識を身につけましょう。

新NISAを活用して、豊かな老後を築きませんか?

60代からでも、新NISAを活用することで、将来への不安を軽減し、より豊かな生活を送ることができます。

しかし、資産運用にはリスクが伴うことも事実です。

まだ始めていない方は、ぜひこの機会に資産運用をしないリスクについても、考えてみてはいかがでしょうか。
 
関連記事:
70歳からでも始められる!新NISAのメリットと注意点
 
ビッグ友老後100まで!ホームへ戻る