60歳以降に雇われる以外の別な働き方を探してみたらあった!

ビッグ友老後100まで!
雇われる以外の別な働き方

もうそろそろ「雇われる働き方をやめたい」と思ったことはありませんか。

 

特に60歳以降だと定年退職や定年後の仕事のこともあります。

 

年金だけでは暮らせないといった場合は、継続して働かなければいけません。

 

しかし、年金をもらうようになれば、無理して雇われる働き方はしなくても暮らせるというなら、雇われる以外の別な働き方を始めてはどうでしょう。

 

脳みそに新しい刺激が生まれると思います。

 

 

雇われる以外の別な働き方を探してみた

60歳以降いつまで雇われる働き方を続けますか?

 

雇われる働き方以外に、収入を得る方法が分からないとできません。

 

いまはインターネットとパソコンがありますが、興味はありますか。

 

こういったパソコンを使う仕事に興味があるなら、雇われる働き方以外で収入を得る方法がありますがどうでしょう。

 

新型コロナウィルス問題で解雇され失業した人もたくさんでてきました。

 

仕事を探しても雇ってくれない状況だとしたら、自分で仕事を作るしか方法がないのです。

 

幸いいまの時代はインターネットとパソコンがありますから、まったく仕事がないというわけではありません。

 

パソコンが使える人なら、クラウドソーシングで仕事を探せば、自宅で仕事ができます。

 

クラウドソーシングという働き方は、パソコンを使って家にいながらでもできる仕事なのです。
クラウドワークス

まずはこういった働き方から始めると、雇われないで稼ぐ感覚が分かると思います。

 

実際にクラウドソーシングで仕事をしている人の、お話などもありますので参考にしてください。

関連記事:
クラウドワークスの評判は?体験談・やってみた話を紹介します!

 
スポンサーリンク



 

雇われない働き方は誰にでもできるわけではない

クラウドソーシング以外にもブログやホームページを使ってお金を稼ぐ方法もあります。

 

雇われる働き方以外でお金を稼ぐ方法が分からないとしたら、興味もわかないかもしれません。

 

ネットでお金を稼ぐというのは、雇われない働き方に最適な方法なのです。

 

誰にでもできるわけではない仕事をするのでから、やり方次第で収入も増えていくと思います。

 

わたしは60歳で貯金を使い果たしましたが、ネットの仕事を一年継続して取り組んでみて、稼げるという手ごたえを得ました。

 

それ以来ネットでの収入で生活できるようになったのです。

 

ですから雇われない働き方の可能性を今でも追及しています。

 

 

失業したら雇われない働き方も考えてみては

わたしは50代半ばで失業してしまいました。

 

老後資金も貯めなければいけないと思っているときに、仕事が見つからないと気持ち的にもあせります。

 

しかし、どうあがいても雇ってくれないとしたら、自分で仕事を始めるしかないのです。

 

こういった切羽詰まった状況になったからこそ、いまでは雇われない働き方ができています。

 

60歳の時から雇われる働き方をやめて、自分でお金を稼ぐ生き方になりました。

 

実際やってみるとできるものですね。

 

雇われる働き方以外の働き方というか方法が分かれば、60代からでも自分の力で稼げますよ。

 

インターネットとパソコンを利用すると、雇われた働き方でなくても自分で稼ぐ働き方ができるということが分かってきました。

 

 

テレワーク以外に雇われない働きがある

最初はネットでお金を稼ぐというと、会社勤めをしてテレワークみたいな感じだと思っていたのです。

 

ですから、勤めていない人には無理だし、60歳からそういった仕事はないと考えていました。

 

しかし、まったく違った考え方と方法があったのですから驚きました。

 

雇われた働き方でなくても、自分の力で稼げる方法があったのです。

 

これなら自宅にあるパソコンで稼げるとわかると思います。

 

先ほど紹介したクラウドソーシングもそうですが、ブログ、ホームページといった方法でも自宅でお金が稼げるのです。

 

お金を全くかけないで稼ぐなら、クラウドソーシングが最適でしょう。

 

もし、クラウドソーシングという働き方で稼げないとしたら、ネットでお金を稼ぐということはやめた方がいいと思うのです。

 

サーバー、ドメイン、ワードプレスなどという言葉も初めて聞いたという場合は、戸惑うばかりで嫌になってしまうでしょう。

 

大切な時間を無駄にするだけですから、ブログやホームページを使ってお金を稼ごうなんて考えないでください。

 

 

雇われない働き方ならアフィリエイト

ブログとかホームページの場合は、自分でサーバーを借りたりドメインを取得、ワードプレスを導入するなど、初心者には戸惑うところが出てきます。

 

ネットで稼ぐことに興味があったり、ブログやホームページについても多少の知識がある人ならアフィリエイトが最適です。

 

新型コロナウィルス感染問題が浮上してから、アフィリエイトで稼ぐことは3密を完全に回避できる方法だと思っています。

 

外出自粛でも自宅で一人で仕事はできるし、3密とは全く無縁のまま仕事ができるのです。

 

ブログやホームページを作って、記事を書くのが仕事ですから、人に会うこともありません。

 

新型コロナ問題で解雇されて失業中なら、こういったアフィリエイトに取り組んでみてはどうでしょう。
A8.net

ブログで始める雇われない働き方

ブログの場合は、比較的多くの人が取り組んでいるので、ネット上にブログの始め方なども書いてあるので、調べながら始めることもできます。

 

ワードプレスでブログをやっている人なら、無理にホームページにこだわる必要もありません。

 

ワードプレスで十分きれいなサイトが作れます。

 

ブログやホームページにしても、問題は記事を書いてページ作りをするところです。

 

結局記事が書けないとページ作りができませんから稼げません。

 

ネットでお金を稼ぐ場合は、ある程度記事を書いて集客するところから始まります。

 

ブログやホームページの場合は、集客できるサイトがあってお金を稼ぐベースとなるからです。

 

 

雇われない働き方なら老後も自宅で仕事ができる

半年から一年ぐらいの期間で、記事を書いてサイト作りをするのですが、この期間が結構つらいので続けられないのだと思います。

 

一年ぐらい記事を書いてページ作りを継続できると、後は同じことの繰り返しでページを作って集客することに専念するだけです。

 

こういったように最初の半年から一年くらいを頑張り切れると、60歳以降には雇われない働き方をすることも現実になってきます。

 

雇われない働き方なら老後も自宅で仕事ができるということです。

 

年金を受給しながらネットの仕事ができると、60代はますます自由な時間が増えますよ。

 

なぜかというと、過去に作ったページが24時間365日、自分に代わってネット上で働いてくれるからです。

 

そうすればのんびりブログを書いたり、その他の趣味もできる時間は十分あります。

 

わたしは、実家で農業の手伝いをしながら、このブログも書いて自由に暮らしているからです。

 

新型コロナ問題で仕事がないというなら、雇われない働き方も選択肢の一つになるのではないでしょうか。

 

簡単にできることではないので、本気でやる気がある人は挑戦してください。

 

関連記事:
雇用されないで家にいながらお金を稼ぐプロになる方法



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。



実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-在宅ワーク
-

© 2020 ビッグ友老後100まで!