65歳までに月5万円を稼げる仕事で小さな起業の準備をする

ビッグ友老後100まで!




65歳までに月5万円を稼げる仕事作り

わたしは50代に再就職できずにいたので、生活費に困って61歳から年金手続きをしたのですが、年金だけでは生活が厳しいことは分かっていました。

60歳からパソコンを使って仕事を始め、62歳から個人事業主で自営業を開業しています。

個人事業主開業届

年金と自営業で得る収入で生活ができるようになり、パソコンを使って稼ぐ方法なら、60歳からできできることが分かったのです。

 

年金が受給できると、他に月5万円を稼げる仕事があると何とかなります。

 

わたしと同じように年金を受給できる人でも、年金の他に仕事で収入を得なければ生活が厳しいでしょう。

 

国民年金だけで生活するのは難しいですし、最低限生活を維持するには、あと月5万円の収入は欲しいところです!

 

仕事を探すにしても60代という年齢は大きな壁になりますし、なかなか仕事が見つかりません。

 

でもパソコンが使えると月5万円を稼ぐ仕事も方法もあります。

 

稼げる金額は本人の頑張り次第ですが、家にいてお金を稼ぐ安全な方法もあるので利用してください。

 

仕事が見つからないときには、パソコンを使って自営業を始めてはどうでしょう。

 

出来るだけ早い時期に小さな起業の準備をしておくことで、65歳以降の仕事で悩まなくなります。

 

 

60歳から5年先を見据えた小さな起業を始める準備が必要!


60代前半なら継続して同じ会社で働くこともできます。

ほかにパートやアルバイトなどを探せば、月5万円くらいなら稼げるかも知れません。

 

わたしは、60歳の時には仕事をしていなかったので、今の生活を何とかしながら、2年先の生活を考えるようにしていました。

 

若い時なら10年先を考えたのですが、今の時代はこの先どう変化するのかを見極めることが難しくなります。

 

それに60代ともなると、いいところ3年先や5年先を見据えた方が現実的です。

 

60歳の時まずは2年先を見据え、小さな起業を始める準備として、ホームページ作りを始めました。

 

 

65歳以降の体力や健康を意識した小さな起業

年金を受給しても生活が厳しいのは分かっていたので、その不足分を補うには、お金をどのようにして稼ぐかを考えたのです。

 

65歳になっても、60歳の時の体力や健康状態もそれ程衰えていないでしょう。

でも70歳以降を考えると、体力や健康状態に自信がありません。

 

ですから、自分の体力と健康状態を維持させながら、どのようにしてお金を稼ぎ続けるかを考えています。

 

わたしのように50代で失業し、60歳で貯金もない状態だと、生涯現役で自営を続けないと厳しいんじゃないかと思っているのです。

 

働き続ける事でやり甲斐とか生きがいを持てるぞ!」と、ポジティブに考えるようにしています。

 

もしパートタイムやアルバイトで働けたとしても、70歳を越えたら継続して雇ってもらえないかも知れません。

 

そうなってからでは、お金を稼ぐことが非常に難しくなります。

 

わたしは、何度も失業を経験したので、70歳以降の仕事探しの難しさを強く感じるのです。

 

70歳以降を心配するより、65歳までに月5万円を稼げる仕事にするため、小さな起業の準備をすることを考えていました。

 

 

65歳以降の働き方を考えて今から準備する

65歳以降に雇用してもらえないかも知れないので、自分でビジネスを始めてお金を稼ぐことも考えておかなければなりません。

 

65歳になってから小さな起業始めるにしても、ビジネスを始めるのはとても大変です。

 

雇われる働き方をしてきた人は、自分でビジネスをする経験がないので、自力でお金を稼ぐ大変さも分からないと思います。

 

65歳以降で失敗するようなことがあると、ショックが大きいかも知れません。

 

ですから起業しても失敗するリスクのない方法で始めることが大切です。

 

あなたが50代や60歳前半であるなら、65歳以降の働き方をどのようにするかを考えることだと思います。

 

年金だけの生活でやっていける自信があるなら、無理に起業することもありません。

 

わたしは、ほとんどリスクのない「ホームページ作り」で起業することを考えました。

 

今はワードプレスがあるので、基本はサーバーとドメインさえあればできます。

 

 

65歳以降は不労所得的収入を得る仕組み作り

自分の老後の生活のために、少しでも老後資金を確保したい時、自分でお金を稼ぎ続ける仕組みを持つことです。

 

そのためにホームページ作りやブログなどが適しています。

 

ホームページ作りを始める最大のメリットは、自宅で「不労所得的収入」となる、仕組みが作れるところが魅力でもあります。

 

ただこう言った仕組みを作るまでに時間がかかりますので、50代や60歳の頃から準備して、65歳以降を目標にコツコツページ作りをするわけです。

 

働いて収入のあるうちに、仕事が終わった後の空き時間を利用して、自分の専門的な分野や趣味などの記事を書いて、ページ作りをします。

 

ページ作りで大切なことは、書いた記事が数年後でも役に立つということです。

 

 

人の役に立つ記事を書いてページ作り

今日の出来事や食べたものの写真などを載せて記事を書いても、全く無駄になってしまいます。

 

今書いている記事が数か月先や一年後でも人の役に立つ記事なら、人が集まりお金が稼げるようになるのです。

 

日記みたいなブログを書いても読んでもらえませんから、お金など稼げません。

 

人の役に立つ記事を書き続けることで、65歳以降もお金を稼ぎ続けるベースを作ることができます。

 

人の役に立つ記事や興味のある記事を書くことが、ネットでお金を稼ぐサイト作りとなるのです。

 

集客できるベースが作れると、広告や商品を紹介して収益を得る事ができます。

 

サイト自体がネット資産となって営業してくれますから、何もしないでもお金を稼いでくれる可能性があるのです。

 

 

65歳以降に月5万円を稼ぐにはサイト作りが最適

自分でサイトを作って、24時間365日ネットで集客ができれば、不労収入となってきます。

 

わたしは60歳からコツコツ記事を書いてサイト作りを継続してきたのも、ネット資産を構築するためです。

 

その結果徐々にですが、月5万円以上稼げるようになって、いつの間にか自由な生き方ができるようになりました。

 

いま66歳となり70歳以降を見据えて、更にサイトの充実をさせるために取組んでいます。

 

インターネットとパソコンを使って、60歳から始めたホームページ作りが、60代以降の生活を楽にしてくれたのです。

 

60代は年金があるのですから、65歳以降を見据えて月5万円くらいは、自分で稼げるようにしておいてはどうでしょう。

 

関連記事:
年金月9万円!不足分は自助努力で補ってます!

 



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-60歳からの生き方

© 2021 ビッグ友老後100まで!