GoogleのチャットAI「Gemini」使ってますか?

スポンサー リンク



GoogleのチャットAI「Gemini」って何?

自然な会話ができるAI「ChatGPT」は広く知られていますが、GoogleのAI「Bard」が「Gemini」へと名称変更をしたことはご存知でしょうか?

「Gemini」って日本語では何と読むのかについても調べてみました。

GoogleのBardからGeminiへの名称変更

GoogleのBardから名称変更の理由名称変更は、2024年2月8日に行われました。

さっそくBardからGeminiに名称変更の理由を質問してみました。
するとこんな回答が得られたのです。

名称変更の理由……

・Bardという名称は、すでに商標登録されていたため
・Geminiという名称は、双子座を意味する星座の名前であり、2つの異なる言語モデルを統合したことを表すため
・Geminiという名称は、より国際的に通用する名前であるため
という理由があったようです。

これらについて、Geminiの回答を信じても良いのでしょうか。

BardからGeminiに変更した理由は、機能、パフォーマンス、拡張性、コスト、セキュリティ、その他多くの点で向上するためのようです。

Geminiの日本語での読み方は?

ジェミニの日本語での読み方は、一般的に「ジェミニ」または「ジェミナイ」の2通りがあります。

「ジェミニ」
日本語で最も一般的に使用される読み方
カジュアルな場面でよく使われる

「ジェミナイ」
より正確な英語の発音に近い読み方
フォーマルな場面や、英語の発音にこだわりたい場合に使用される

「ジェミニ」または「ジェミナイ」どちらの読み方でも問題ありません。

どちらの読み方を使用しても問題ありませんが、フォーマルな場面や英語の発音にこだわりたい場合は「ジェミナイ」、カジュアルな場面では「ジェミニ」と使い分けるのも良いでしょう。

Googleでは「ジェミニ」としている

Googleでは、日本語版のウェブサイトや資料では「ジェミニ」という読み方を使用しています。

一般の人向けGoogleのGeminiおすすめのポイント

GoogleのGeminiは、ChatGPTのような自然な会話ができるAIです。

情報収集や質問への回答はもちろん、詩や小説などの創作活動にも利用できます。

日本語を含む多くの言語に対応しており、誰でも簡単に使い始められます。

専門家向けGoogleのGeminiおすすめのポイント

GoogleのGeminiは、ChatGPTよりも高度な機能を備えたAIモデルです。

複雑な質問やタスクへの対応力に優れており、情報収集や創造的な活動、業務効率化など、さまざまな用途で活用できます。

コード生成など、高度な機能も搭載しており、専門家にもおすすめです。

Geminiはこれからも無料で使えるのか

Geminiは現在無料で利用可能ですが、将来的に有料化される可能性もあります。

無料版のGeminiは、以下の機能を利用できます。

・質問への回答
・文章の生成
・翻訳
・要約
・コード生成
・その他多くの機能

Geminiは現在開発段階にあり、今後さらに機能が追加される予定で、無料版でも多くの機能を利用できるようです。

また、Gemini Advancedという有料の上位版として提供されている。

GoogleのGeminiを個人的に使ってみて、無料版でも素晴らしい機能を利用できることのありがたみを実感しています。

GoogleのGemini利用方法

GoogleのGeminiは、以下の方法で利用できます。

1. Geminiウェブアプリ
ブラウザから https://gemini.google.com/ にアクセスする。
Googleアカウントでログインする。
質問や指示を入力して、Enterキーを押す。

2. Gemini API
Google Cloud Platform Consoleから、Gemini APIを有効にする。
APIキーを取得する。
プログラミング言語を使用して、Gemini APIを呼び出す。

3. Google Workspace
Gmail、Googleドキュメント、GoogleドライブなどのGoogle Workspaceアプリで、Geminiアドオンをインストールする。
アドオンを使用して、Geminiに質問したり、指示を与えたりする。

利用料金
GeminiウェブアプリとGemini APIは、無料で利用できます。

まだGoogleのGeminiを使ったことがないという人は、ぜひ試してみてください。

関連記事:

ビッグ友老後100まで!ホームへ戻る