60代や定年後、会社に属さない働き方のリスクと備えは50代から

ビッグ友老後100まで!




会社に属さない働き方

60代や定年後、会社に属さない働き方がしたい人が知っておくべきことは何でしょう。

 

会社で働くことが当たり前で働いてきた人達が、60代になって「定年」を迎えて、定年後の働き方の難しさに直面するのはこれからかも知れません。

 

60歳になったり65歳まで働いて定年を迎え、会社で働くということから解き放たれて自由に過ごせる時間が始まります。

 

60歳の場合は10年や15年は元気で働くことも可能です。

 

更にやる気のある人なら体が元気なうちは、やりたいことにチャレンジすることもできます。

 

そのためにも暮らしを支えるお金のことを切り離して考えることはできません。

 

定年後は会社に属さない働き方に備えて「定年後の不安」をなくす方法はあるのでしょうか。

 

第二の人生にチャレンジするためにやっておくべきことは、50代から考えておくことです。

 

 

会社に属さない働き方のリスクと備えは50代から

定年後の働き方として、「再雇用」「転職・再就職」「起業」「フリーランス」などの働き方が考えられます。

 

わたしは、50代で失業し再就職もできないまま60歳まで無職生活をしてしまったので、「再雇用」「転職・再就職」については考えられませんでした。

 

そこで「起業」「フリーランス」という、会社に属さない働き方を50代から考えて行動しています。

 

しかし、フリーランスという働き方も、仕事を受注することの難しさを知って、50代の働き方の選択肢から消えました。

 

そして残ったのが「起業」ですが、定年後の働き方としては、これがあっているような気がしています。

 

なぜかというと、いまはインターネット環境が整っていますから、パソコンを使って起業できる仕事もあるのです。

 

 

会社に属さない働き方をするなら起業が最適

起業はやりたいことがある人、会社に属さない働き方をしたい人には最適な方法ではないでしょうか。

 

その中で、パソコンを使っての起業は、「やりたいこと」や「好きな仕事」などがある人に向いています。

 

会社に属さない働き方ですから、誰からも束縛されることなく、自分の考え方で自由に仕事ができるからです。

 

ただ、起業してもすぐに安定した収入が得られる方法などはありません。

 

集客できるまでの地道な作業をすることは当たり前ですから、失敗するリスクが少なくて、60代以降に経済的にも困らないような方法である事が大切になります。

 

わたしが60歳からパソコンを使って、66歳の今もできている方法は、再現性のある方法であることは間違いありません。

 

それはホームページ作りをして、広告を掲載したり企業の商品を紹介して報酬を得る方法です。

 

 

パソコンが使えるなら会社に属さない働き方はできる

パソコンが使えて文章を書くことが好きなら、クラウドソーシングなどを利用して、WEBライターの仕事もできます。

家にいてお金を稼ぐ安全な方法を参考にしてください。

 

パソコンが使えることで、自分の得意をお金に換える事ができる時代なのです。

 

といっても経済的に厳しそうな場合は、再雇用で収入を確保しながら、やりたい仕事を副業とすることも一つの考え方だと思います。

 

そうすれば、年金を受給した後に起業し、パソコンを使って稼ぐこともできるはずです。

 

いずれにしても、パソコンが使える人なら定年のない生涯現役で働くことができますので、50代から考えておきましょう。

 

 

会社に属さない働き方ができるのが「ネット起業」の魅力

定年後の「ネット起業」で心掛けたいことは、お金をかけずに毎月安定して収入を得られるようにすることです。

 

その最適な方法が、わたしとしてはホームページ作りの仕事にありました。

 

以前なら企業の広告を自分のホームページに載せるなんて考えられませんでしたが、今はグーグルアドセンスの広告を自動で表示してくれます。

 

さらに企業の商品やサービスをサイトに掲載して、その売り上げに応じて報酬がいただける仕組みもあるので、サイト作りが好きな人には、会社に属さない働き方で稼げる方法はありがたいですね。

 

①会社に属さない働き方で低リスクで収入を得ることを目指せる仕事

収入を増やしたり事業の拡大を目指すよりも、収入を安定させることを目標にするのが、定年後も長く続けて仕事ができるコツだと思います。

 

ホームページ作りならそれほど初期費用も掛からないので、定年後の趣味や年期印での不足分を補う仕事にピッタリです。

 

わたしは初期費用として、サーバー料金、ドメイン代、サイト作成ソフト代などで、5万円を準備して始めました。

 

今なら、ワードプレスもあるのですから、サーバー料金、ドメイン代でリスクなく始める事ができます。

 

毎月1,000円くらいで、ネット起業ができるとしたら、60代以降にリスクなど感じないのではないでしょうか。

 

②会社に属さない働き方で好きなことを仕事にしてお金を稼げる

「好きなこと」や「やりたいこと」を仕事にすれば、60代以降にもやりがいや生きがいを感じる事ができます。

 

60代以降は楽しく続けられる方法で起業することが大切なことです。

 

老後と言っても結構長い期間仕事ができますから、50代のうちに身につけられるスキルは身につけておくと、60代になってもぶれない働き方ができるのではないでしょうか。

 

③会社に属さずに生涯現役で働ける!

会社に属さない働き方なので、雇われている感覚はありません。

 

自分の都合に合わせて記事を書いてサイト作りを継続させるだけでいいのです。

 

記事を書いてサイト作りをすることが主な仕事ですから、長く働き続けて生涯現役を目指すことが十分可能だと思います。

 

一旦集客できるサイト作りができてしまえば、年齢に応じて無理のない働き方ができるのも、ネットの仕事の良いところなのです。

 

60代や定年後の起業は楽しくできることを優先したい

過去に会社に属さない働き方でお金を得た経験のない人は、お金を稼ぐことの本当の難しさが分かっていないかも知れません。

 

お金を稼ぐことは何をやってもすごく大変なことなのです。

 

60代や定年後に起業して、お金に困って苦労することになってからでは遅すぎます。

 

60代や定年後に起業で失敗したとしても、蓄えと公的年金で生活していくことができるような、小さな起業で楽しむ生き方はどうでしょう。

 

それでも自営業になって収入があると、帳簿をつけたり確定申告などを自分で行う必要があります。

 

会社に属さない働き方は簿記や税に関する基礎知識も必要になりますから、小さな起業でもやりがいや生きがいを感じるのではないでしょうか。

 

関連記事:
60代や定年後に暇でやることがない人になってからではつらい!
 



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-50歳からの働き方, 60歳からの働き方
-, ,

© 2021 ビッグ友老後100まで!