60代や定年後に暇でやることがない人になってからではつらい!

ビッグ友老後100まで!




  1. 定年後暇でやることがないのですか?
  2. この記事では、定年後暇でやることがない人に、パソコンを活用して自力で稼ぐ考え方などを紹介しています。
  3. なぜかというと、わたし自身今では定年後という年齢になりましたが、パソコンを活用して自力で稼いでいるので暇でやることがないなど無縁だからです。
  4. ですから定年後暇でやることがないなら、パソコンは趣味と実益を兼ねた最強の暇つぶしの道具になります。
  5. 定年後暇でやることがない方は、この記事を最後まで読んでいただき、パソコンを利用して自力でお金を稼いでみてはどうでしょう。

定年後暇でやることがない人になりたくない

休日になると「暇」とか「やることがない」と感じている人もいると思います。

 

わたしは失業した時に、暇になってやることがないつらさや孤独の怖さを感じたことがありました。

 

もしこれが定年後にやることがないとしたら、暇と孤独を感じて、かなりつらい老後の生き方になるのではないかと思ったのです。

 

普段から暇でやることがない生き方をしている人は、解決策を探していますか?

 

パソコンが使えるなら自力でお金を稼ぐことに挑戦してみてはどうでしょう。

 

雇われてお金を稼ぐことは誰でもできますが、自力で稼ぐとなるととんでもなく難しいことです。

 

定年後に暇でやることがないどころか、定年後のやりがいになると思います。

 

 

定年後暇でやることがない人に挑戦してほしいこと

 

もし定年後に暇でやることがないと思うなら、ブログやホームページを始めてはどうでしょう。

 

趣味で始めておくと60代以降や定年後に実益を兼ねた趣味になるかも知れません。

 

現役時代には給料が50万円とかもらっていた人でも、定年後に自力で稼ぐとなるとできないと思います。

 

定年後に一度自力で稼ぐことに挑戦してはどうでしょう。

 

おそらく自力でお金を稼ぐ難しさに気付いて、新しい目標ができるかも知れません。

 

自力でお金を稼ぐことは難しい

 

定年後暇でやることがないなら自力で100円稼いでみてください。

自力で稼げるようなら、恐らく定年後に暇になることはないですね。

 

年金だけでも暮らせる人は、ぜひ自力で毎日100円稼ぐことに挑戦して、お金を稼ぐ楽しさを味わってください。

 

定年後に自力で100円稼ぐだけでも難しいので、新しい刺激を得られることは間違いありません。

 

わたし自身は60歳からホームページやブログを始めているので、年金を使わなくても生活できるようになりました。

 

ですから65歳以降は年金がそのまま老後資金となって、貯蓄に回っています。

 

ワードプレスを使って情報発信すると自力で稼ぐことができる

 

今はワードプレスが一般的なので、自力で稼ぐことを始めるためのリスクもほとんどありません。

 

年間で1万円用意してサーバーを借り、ドメインを購入すれば始めることができます。

でもなぜお金が稼げるの?と思ったら、『もじいちばん』こちらの見本サイトを参考にしてください。

 

わたしは最初ホームページソフトを購入したので、全部で4万円程使いましたが、初期投資としてはこれだけです。

 

後は稼いだお金で翌年のサーバー代やドメイン代そしてネット接続料などをまかなっています。

 

お金をかけずに暇を利用してお金を稼いでいるので、暇すぎるなんてこともなくなりました。

 

65歳を越えた今は適度な暇つぶしのために、ブログを書いています。

 

自力で稼ぐ方法について、いくつかパソコンを利用する方法で、それほどお金のかからないやり方を紹介しますので、定年後に暇でやることがないならぜひやってみてください。

家にいながら毎日100円稼ぐ方法があったので応用してください

定年後暇でやることがない日常を変える方法

定年後でも暇でやることがないとしたら、自力でお金を稼ぐことを始めると、結構楽しく生きられると思います。

 

わたしは失業中にホームページ作りを趣味にして、暇とかやることがない日常を変えてみました。

 

ホームページ作りを趣味にしたことで、その後は雇われる働き方もせずに、お金が稼げるようになり、自分時間を倍増させる生き方ができています。

 

趣味と実益を兼ねる方法が分かると、定年後でも暇ややることがないことで悩むこともありません。

 

60代以降を自由な生き方をしたいと考えているなら、まず好きなことを今から探しておいてください。

 

そして好きなことでお金を稼ぐために、ホームページやブログを書けるようにしておくと、暇とかやることがないなどで悩むことはなくなるでしょう。

WordPressを始めたいと思ったらまずはこの記事を読んでから

定年後に遊ぶように楽しく生きるお金の稼ぎ方

わたしは61歳から年金を受給していますが、生活の不足分はホームページを利用して補うことができるようになりました。

 

暇を上手に利用すると人生も楽しくなって、定年後も面白い生き方ができますよ。

 

定年まで勤めた人を見ると、仕事を勤め上げたという充実感のある人もいれば、定年後が不安だという人も多いみたいですね。

 

定年まで働いて、しばらくはのんびりしたいという人でも、その後はどうでしょう。

 

定年後しばらくはのんびりできたとしても、次第に「朝起きてからやることがない」となってしまうようです。

 

定年後は第二の人生ともいわれるのに「やることがない」では、残りの人生がつまらないどころかつらすぎます。

 

 

現役で仕事をしているうちから定年後のことを考える

今現在働いている人でも、週末になれば暇を持て余しているという人は要注意です。

 

普段は仕事で忙しいので休日が暇でも、それほど暇であるつらさを感じないかも知れません。

 

しかし、この先60代になって定年退職したら、毎日が休日になるわけです。

 

そうなった時に考えるのではなく、今のうちからどうするかを考えておかないと、楽しいはずの老後がつらくなってしまいます。

 

わたしは50代半ばごろに失業して以来、6年くらい無職で過ごし趣味のホームページ作りを始めたことで、暇という感覚もなくなりました。

 

パソコンを使えるようにしておくと、家でできる仕事もありますので、定年後にできる仕事の参考になると思います。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法

定年後は趣味と実益を兼ねる方法で稼ぐ

趣味でお金を稼げると知った時は、心の中にあった「自由な生き方」に、脳みそが歓喜したほどです。

 

60代になってネットの仕事で稼げることに気づけたこともありますが、ホームページ作りを仕事をしながら別なこともできるので、毎日やりたいことがあって時間が足りないくらいなのです。

 

60代になってホームページ作りを仕事にしたら、まるで2人分、3人分の人生を楽しませてもらっている感覚になっています。

 

どういうことかというと、ホームページ作りと言っても雇われたり、仕事を請け負っていては自由な生き方などできません。

 

ホームページ作りができるなら、自分専用のサイトを作ってしまえばいいのです。

 

そのままではお金になりませんが、自分のサイトに広告を載せたり、企業の商品を紹介してお金をいただける方法があります。

 

その方法が「Google AdSense」や「アフィリエイト」などです。

 

 

趣味と実益を兼ねる方法は好きなことで情報発信すること

まずは自分の好きなことを探して、それを記事にして情報発信するブログ等を始めてみてはどうでしょう。

 

サイトを作って記事を書き続ければ、集客できるようになって、お金を稼げる土台ができるようになります。

 

個人が自宅にいながらでもお金を稼げる方法を、ほとんどの人は知らないでしょうね。

 

いまはブログを始めるにしても、ワードプレスというソフトを利用することで、ほとんどお金をかけずにできてしまいます。

 

 

暇でやることがない人に最適!ほとんどお金をかけずに始められる

わたしは、50代の時にワードプレスが一般的でなかったために、ホームページ制作ソフトを購入したので、始めるための初期費用として4万円くらいを準備しました。

 

最初に準備したのはこれだけで、後は月々の収入でまかなっています。

 

最初の収入が入るまでの通信費や電気代はもちろんかかっていますが、ネットを日常で使う人なら誰でも同じです。

 

いまは特別なソフトもいりません。

 

無料のワードプレスが使えるので、サーバーを借りてドメインを取得しても、年間で1万円あれば始めることができます。

 

ドメイン取得にしても1年目は1円の負担で使うことができるので、ホームページやブログを始めるリスクはほぼないのではないでしょうか。

こちらのページをご覧になると、サーバー、ドメイン、無料でいただけるワードプレステーマのことが分かります。
WordPressテーマが無料でダウンロードできる
暇でやることがない人なら、ワードプレスを導入するとブログが始められるので、暇どころか楽しい日々が過ごせると思うのです。

 

そして集客できるようになったら、お金を稼いでみてはどうでしょう。

 

 

暇をお金に変える方法はパソコンを使うホームページ作り

わたし自身は、60歳からホームページ作りを始めていますし、お金を稼げるようになったので、個人事業主として開業もしています。

 

年金ももらっているし、一人でのんびりホームページ作りやブログを書いて楽しく生活できるようになりました。

 

年金の他にホームページからの広告収入も振り込まれるので、無理に雇われる働き方をする必要もありません。

 

ホームページやブログを継続していると、金額は少なくても不労収入みたいな感じで稼げます。

 

今日何もしない暇でも、お金の稼げる暇ができると、ネタ探しに出かけることも楽しくなるのです。

 

 

定年後を意識することなく自由に生きる方法はある

わたしは普段はホームページやブログを書いたり、農業の時期になると田んぼや畑での農作業もしています。

 

もちろん、こういった自由な生き方に気づかなければ、雇われる働き方の毎日に、身も心も疲れ切っていたのかもしれません。

 

そのときどきの働き方や生き方に安住することなく、新しいことにチャレンジしたいと思う気持ちを持ち続けてきました。

 

そして50代を過ぎて60代から定年を意識した時、わたしの場合は「自由に生きる」ことを最大のテーマにしています。

 

インターネット環境とパソコン、そこにホームページ作りが組み合わさって、自由に生きることを可能にしてくれたのです。

 

 

定年前に「心からやりたいこと」を探しておくことが必要

新しいことにチャレンジするにはエネルギーが必要ですし、チャレンジしたことによって時には悩み苦しみがおとずれることもあります。

 

その結果、65歳を過ぎたころでも「今日を生きることが楽しみ」と言える人生を歩むことができるのです。

 

あなたの心の中に「心からやりたいこと」は存在していると思います。

 

そのことに気づいている人もいれば、気づけない人もいるでしょう。

 

日々の忙しさの中にいると、現実の方が優先されますから、心からやりたいことを我慢しているだけです。

 

60代に何もやることがないと気づいて、つまらない老後を送らないためにも、まずは自分の心に「心からやりたいこと」は何かという、生きる源を探してはどうでしょう。

 

 

心からやりたいことを継続すると定年後の人生も楽しい

心からやりたいことを見つけたら、毎日コツコツと継続することです。

 

すると、やがて結果が現れて、心の充足感を得られるようになります。

 

「心からやりたいこと」をまず考えてから行動することが、60代以降に人生最大の楽しみや生きがいになります。

 

わたしの場合は、「自由に生きる」ために心からやりたかったことは、雇われないでお金を稼ぐことでした。

 

何といっても、生きるためにはお金というありがたくて厄介な問題を克服しなければなりません。

 

その問題から解放されるために、自分の好きなことでお金を稼げる「ホームページ作り」でした。

 

仕事を請け負うことも雇われることなく、自力でお金を稼ぐには最適な方法なのです。

 

 

暇でやることがないならパソコンを覚えることから始めよう

今の時代はインターネット環境が整っており、パソコン一台あれば時間や場所にこだわることなく、お金を稼ぐことができます。

 

こういった方法があることに気づけなければ、自由な生き方など望めませんでした。

 

恐らくパソコンを使って自力で稼ぐ方法に気づいていない人は、年齢に関係なく雇われる働き方をしているでしょう。

 

そして、仕事がなければ暇になり、やることがない人は朝目が覚めた時に、ため息が出るような一日の始まりに悩むかもしれません。

 

60代や定年後からの人生は長いですよ。

 

普段から自分が何をしたいのか考えておくことが、より充実した60代以降を送れると思っています。

 

 

関連記事:

 

ビッグ友老後100まで!ホームへ戻る



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-60歳からの生き方, 老後の趣味
-,

© 2022 ビッグ友老後100まで!