コロナ禍の年金暮らしでネットの仕事に目覚めた!

ビッグ友老後100まで!
コロナ禍の年金暮らしでネットの仕事

新型コロナ問題の中で、これからの仕事をどう考えていますか?

 

わたしはネットの仕事を5年以上経験して、パソコンを使う仕事が最適だと思えるようになりました。

 

コロナ禍の年金暮らしで、ネットの仕事に目覚めた気がしています。

 

パソコンを使った仕事なら自宅でできるし、長くできる仕事になるからです。

 

年金暮らしの中でパソコンを使って、自力で稼いでみた体験から、その可能性を十分感じています。

 

コロナ禍でなぜパソコンがいいのか? 私の体験をもとに考えてみてください。

 

 

年金暮らしでネットの仕事に目覚めた!

68designさんによる写真ACからの写真

50代後半で失業し60歳の時に仕事もなく、とうとう貯金が底をつきそうになって、貧乏生活に突入しました。

 

年金は65歳からとか70歳から受給した方が得とか言っていますが、それは生活に余裕のある人の話のように思えます。

 

60歳の時に将来の年金受給後を目指して、ホームページ作りに専念しようと考えたのです。

 

ところが全く収入など得られず、貯金が底をついて借金生活になってしまいあせりました。

 

しかし、その数か月後に年金が繰り上げ受給できることを知り、4年繰り上げて受給したのです。

 

人の年金の心配より自分の今の生活を心配したら、年金を4年も繰り上げて61歳で受給しました。

 

月9万円程受給できたものの、貧乏生活を維持するだけで精一杯だったのですが、結果的にこの決断がわたしの人生を変えてくれたのです。

 

この時の年金暮らしの中で、ネットの仕事に目覚めました!

 

 

年金暮らしだけでは生きてはいけない危機感

体が元気なうちは、自分の生活は自分で守るしかありません。

 

家賃代の支払いで4万円が年金から消えていきますが、残り5万円で何とか生活を維持できました。

 

しかし、老後の先を見据えたら、生活の危機感が強烈に頭を悩ませてくるのです。

 

貧乏でも何とか生活が維持できたことが、人生で最大のやる気を引き出させてくれたと思っています。

 

底力ってこういった危機的環境の中で、生まれるのかも知れません。

 

自分の脳みそに危機感という刺激が伝わったせいでしょうか、脳みそが人生初の本気モードに突入した感じがしました。

 

 

年金暮らしをしながら未来を見据えた考え方

61歳から年金をもらうことで、支給額は少なくなりましたが、生きていく安心感が生まれたことは確かです。

 

年金を65歳からもらえば、もう少し金額も増えたのですが、この時のわたしにとっては今を生きることが大切でした。

 

何とかひと月生活できることのありがたみを実感したのも、年金のおかげです。

 

年金暮らしで仕事が見つかれば、生活も楽になったのですが、60代で自分がやりたい仕事などにつけるわけもありません。

 

まして今のようなコロナ禍の時だったら、仕事を探すのも大変だと思います。

 

年金暮らしでなんとか生活できていましたから、生活のために嫌な仕事で無理に働くという選択をしなくて済んだのです。

 

年金暮らしで何とか生活できるなら、自分の好きなことで収入を得たい気持ちがありました。

 

そこで、60歳の時から始めていたホームページ作りに没頭してみたのです。

 

それが結果的にコロナ禍でも活きています。

 

 

年金暮らしだからこそ全集中の呼吸でネットの仕事

人間一つの目標に向かって、全身全霊の気持ちで没頭すれば道は開けます。

 

一人暮らしなら最低限の暮らしでも、全然苦になりません。

 

年金で生活できる安心感が、心の不安を取り除いてくれたことが大きかったと思っています。

 

「全集中の呼吸」が、わたしの精神力を強くしてくれました。

 

毎日記事を書いてページを投稿すること一年、お金を稼ぐ壁を破り、年金暮らしに明かりが見えてきたのです。

 

自力でお金を稼ぐ壁を破れると、生きる事や働く自信が湧いてきます。

 

特に新型コロナ感染問題が出てきた時には、ネットでお金を稼げるありがたみを強く感じました。

 

 

コロナ禍の年金暮らしでネットの仕事まとめ

61歳から年金の力を借りて、仕事なし貯金なしの状態を脱出できました。

 

ホームページ作りで、ネットの仕事を始めたことで、65歳以降も自力で稼ぐことができそうです。

 

人それぞれ年金額も違うのですから、不足分を補う方法を考えていないと、70歳以降に困ることになります。

 

わたしは、60歳の時に年金だけでは暮らせないことを知り、仕事を探す難しさを痛切に感じたので、何とか自力で稼ぐ方法を模索しました。

 

それでも2年くらいで、老後を見据える働き方ができたのは、年金受給やインターネットとパソコンのおかげだと思っています。

 

この新型コロナ感染問題が起きて、ネット通販が注目されてきました。

 

わたしもパソコンで仕事ができるありがたみを再認識しています。

 

今後ますますネット通販が注目されることは間違いないし、個人でサイトを作って稼ぐ準備はしておきたいですね。

 

いまはホームページの他にワードプレスなどもありますから、雇われなくても60歳以降にパソコンで長く仕事ができる可能性は十分あると感じています。

 

でも、何をやってもお金を稼ぐのは大変ですから、ネットでお金を稼ぐ研究は必要です。

 

関連記事:
年金暮らしです!不足分は自給自足で補ってます



札幌・東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・山梨・長野・新潟・愛知・三重・京都・奈良・大阪・兵庫・広島・福岡にお住まいの方
なんでも買います!【買取屋さんグループ】

ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。



実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-ネットの仕事, 年金暮らし
-,

© 2020 ビッグ友老後100まで!