老後の貯金もないまま老後に突入したけど貯金はいくら必要なの?

ビッグ友老後100まで!
老後の貯金もないまま老後に突入した生き方

 

50代、60代になってくると、老後に貯金はいくら必要なのか関心があると思います。

 

他人の貯金を気にしてもどうなることでもなく、ただ他人の家の芝は青く見えるだけです。

 

60代のみなさんは、老後のためにどれくらい貯金をしてるのでしょう。

 

わたしは60歳の時全くというほど貯金がなくなって、お金のない怖さを存分に味わったので、いまでも必死で生きています。

 

60代の世帯の金融資産がいくらとか、中央値なんてどうでもいいのです。

 

わたしみたいに60歳で貯金が全くなかったものが、あまり貯金額には興味がないなんて言っても負け惜しみに聞こえるでしょうね。

 

幸い年金が9万円程いただけるので、あとは不足分を稼ぎながらコツコツ貯めています。

 

老後の貯金もないので「老後に貯金はいくら必要なのか」を、これから実際に体験していくつもりです。

 

貯金もないままどうやって、65歳まで生活してきたのか、これからどうするのかという話を書いてみました。

 

 

老後の貯金もないまま生きられるのか→無理!

貯金はいくら必要

Minmim3さんによる写真ACからの写真

老後の貯金もないまま60代に突入してしまったら不安になります。

 

貯金があれば安心感が違いますから、少しは老後資金を貯めておくことですね。

 

わたしの場合、いまは老後資金を貯めることより、年金で足りない生活費をどうやって補うかに興味があります。

 

年金も少ない貯金もない、さらに仕事もないとなると、普通に生きていたらだめなのです。

 

会社員の方なら、いまは60歳からの再雇用制度ができて辞めることもありません。

 

65歳からでも働く気があれば働くこともできます。

 

しかし、そういう制度とは全く無縁のわたしのような場合は、どうすればいいのでしょうか。

 

これも自分の責任と言われればそれまでのことですが、結構厳しい現実を思い知らされますね。

貯蓄なしの老後を一年間実体験して分かった事
わたしの場合は50代後半で解雇され、再就職もできずに無駄な時間を過ごしたので、貯金もなくなってしまいました。

 

それでも自分の趣味を生かして、お金を稼ぐ方法が見つけられたことが幸いしました。

 

 

老後の貯金もない時一筋の明かりが見えた

老後の貯金もない60歳直前で、老後を生きるわずかな光が見えたとしたらラッキーです。

 

世の中にインターネットとパソコンが普及していることは知っていると思います。

 

でも、それを利用して「自分でお金を稼ぐ方法がある」ことはどうでしょう。

 

おそらくネットでお金を稼ぐ方法なんて知らないか、胡散臭いことだと思っているかも知れません。

 

しかし、自分でホームページやブログを使って、企業の商品や広告を紹介して収入を得る方法があります。

 

ネット上に自分のお店を出すイメージでしょうか。

 

わたしは老後の貯金もないまま60代に突入したので、超本気で必死に取り組んでみました。

関連記事:
60歳仕事なし貯金ゼロから老後資金作りの準備を始めた

 

 

老後の貯金もない時に始めると底知れない怖さを感じる

老後資金とか老後の貯金はいくら必要なのかなんて考えている余裕もありません。

 

ただひたすら、お金を稼ぐことだけを目標にホームページ作りの作業をしました。

 

毎日毎日記事を書いてページを作り、投稿することを半年間続けても稼げないのですから、すごく不安で不安で底知れない怖さを感じたこともあります。

 

人と違う生き方をすると、試練や壁が次々と現れて、本気度が試されている気がしました。

 

素人がネットでお金を稼ぐことは簡単なことではありませんから、雇われて働く場があるならそちらを選択するでしょう。

 

そんな時にもう一つの希望が年金だったのです。

 

 

老後の貯金もない時には年金に頼るしかない

年金定期便

nanairo125さんによる写真ACからの写真

年金は65歳から受給するだけでなく、60歳からでも受給できることを知っていますか?

 

ただ、早く受給すればそれだけ少なくなりますが、そんなことを言っていられないほど困っていると、年金を受給するしかないのです。

 

そこまでして「ネットでお金を稼ぐ価値があるのか」「アルバイトやパートで働けば」と思われるかもしれませんね。

 

もうすぐ60代となった時に、大局観でこれからを見つめた時、未来を見据えた方法に価値があるのです。

 

これに気づけないと、60歳からの試練に耐えきることなんてできません。

 

50歳後半から思いもよらぬ生き方になってしまうと、こんなはずじゃなかったと思いながら生きることになります。

 

わたしは気づきました。雇われないでお金を稼ぐ方法に。

 

 

老後に貯金もないと苦労が付きまとう

順風満帆なレールから外れると、弱いですね。

 

一旦狂いだすと元のレールに戻ることもできず、ただあせってしまうでしょう。

 

自分で新しい道を探していくようなことにもなります。

 

わたしは幸い、パソコンという道具を使えたので、新しい道を進む事ができましたが、どんな道を歩いてもお金を稼ぐことは大変です。

 

年金を受給して節約しながら生活すれば何とかなるとしたら、夢や希望が湧いてきます。

 

最低限でもひと月生活できるとなれば、全く精神面が違ってくるからです。

 

 

老後に貯金もないとなったら稼ぐしかない

国民年金だけの人だとすごく大変なわけですから、月9万円の年金が受給できたのはありがたかったですね。

 

それでも家賃を払って残りで生活すると、節約してもどうしても不足してしまうこともあります。

 

老後に貯金もないとなったら、何かしらの仕事をして稼ぐしかありません。

 

新型コロナ感染問題で国からの10万円の給付金が出た時、お金のありがたみを感じたことでしょう。

 

わたしは年金を月9万円受給したことで、ベーシックインカムと同じ感覚を味わっています。

 

年金で不足する分を、ホームページを利用して稼いでみました。

 

年金というベースがあると、何らかの仕事をして不足分を補えばいいので、気持ち的に多少は楽です。

 

 

老後のための貯金もないので稼ぐ仕組みを作った

年金で足りない分を稼ぐつもりで、さらにホームページ作りの作業に没頭してみたのです。

 

人間必死になって行動すれば何とかなると思えるようになりました。

 

ネットの中に、個人の小さなお店が持てたような感覚です。

 

企業の商品や広告を掲載して、売れた時には報酬をいただくという、ネットならではの方法があります。

 

街中にあるリアル店舗のネット版みたいな感じで、お金を稼げるのです。

 

60代からの仕事としても長くできると確信して、今ではブログも始めました。

 

ブログを始めたら、広告入りの雑誌みたいな感じでしょうか。

 

わたしはやはりホームページ作りの方が好きかもしれません。

 

60歳から2年間必死でサイトを作ったことで、作ったサイトがネット資産となって、ネット上に残っていることが大きく違うのです。

 

何が違うかというと、ネットで稼ぐ仕組みができると、自分がその場にいなくてもお金が稼げてしまいます。

 

 

老後に貯金はいくら必要なのか

老後に貯金がいくら必要なのかというより、年金を受給したら、その不足分を稼ぐことが先です。

 

収入がなくなって、不足分を貯蓄で補っていたら、貯金が減るだけですから精神的に良くありません。

 

わたしの場合は貯金をなるべく使わずに、毎日そして毎月暮らせることが基本となります。

 

ネットで収入を得られると、年金で足りない分の生活費を補いながら、老後資金を貯めることもできるのです。

 

アルバイトやパートでもよかったのですが、65歳以降に確実に仕事ができる保証もありません。

 

貯金がないとそういった先のことまで考えて不安になってしまいます。

 

自分が置かれた立場で、大局的に考えて最善策を考えた時60歳からのネットの仕事でした。

 

結局は考え方と行動の方が大切で、老後の貯金がいくら必要かなどは、人それぞれ違うのではないでしょうか。

 

60代で体が健康なら働けますから、貯金がなくてもまだ大丈夫ですが、さすがに70代以降を見据えた時に貯金がないのはまずいですね。

 

わたしは60歳で貯金もないまま老後に突入したので、働けるうちは働くのではなく、元気なうちにネットでお金を稼ぐ仕組みを作ってみました。

 

結果的にこの考え方が、わたしの人生のピンチを救ってくれたのですから、諦めてはだめですね。

 

いまでは老後というより、70歳から貯金はいくら必要なのかを考えて、老後資金を補充しています。

 

 

貯金はいくら必要なの?と思ったら始めよう

40代、50代でWEB関連の仕事の経験があるなら、ぜひ自分でホームページやブログを作って、アフィリエイトに挑戦してください。

 

そして、ネット上に自分の小さなお店や大きなお店を、作ってみてはどうでしょう。

 

もし、興味があるのにホームページやブログが作れないとしたら、時間は十分あるのですから勉強すればいいだけです。

 

わたしは50歳過ぎてからホームページ作りを趣味で始めました。

 

それがいつの間にかわたしを助けてくれて、60代の生き方にも役に立っています。

 

ネットで稼ぐ方法は数ある中の一つに過ぎませんが、パソコンとインターネット環境が整ったいま、個人的には最適な方法ではないでしょうか。

 

ネットを利用していると、60代になって年金を受給した時に、ネットで稼げる素晴らしさに気づくはずです。

 

会社で雇われて働く以外にも方法が増えていることは間違いないでしょう。

 

でも、パソコンを使ってお金を稼ぐことって簡単ではありません。

 

ネットでお金を稼ぐ研究をすることで、きっとあなたの役に立つ日が来ると思います。

 

 

今生活が厳しくてお金が必要なら、アルバイトやパートをするしかありませんが、もし今何とか生活できているとしたら、未来を見据えて自分に投資する考え方もできます。

 

60代以降の老後という人生は、これから生きる人には未知の世界ですが、頼れるのはやはりお金でしょうか。

 

人生の終わりぐらいはお金に悩まない生き方がしたいけれど、どうしてもお金がないと不便な生き方になるので、わたしは65歳以降に老後資金を補充するために、ラストスパートで走り抜けます。

 



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。



実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-老後対策, 老後資金
-,

© 2020 ビッグ友老後100まで!