老後の収入源、不労所得みたいな収入を得る方法はこんな感じです

ビッグ友老後100まで!




老後の収入源として、年金以外で収入を得る方法にはどんなものがあるのでしょう。

老後の主な収入源は公的年金ですが、多くの人は公的年金だけではお金が足りません。

 

老後の生活を少しでも豊かにするために、貯金や投資など考えている人も少なくないと思います。

 

そこで老後の収入源を今のうちに準備しておくために、知っておきたい年金以外の年金のような収入源作りを一つ紹介します。

 

老後の収入源、不労所得みたいな収入を得る方法を見つけましたので、やってみたいという人は参考にしてください。

老後に年金以外で不労所得みたいな収入源を作る方法

若いうちから貯金や投資などをしているのに、年金をもらってみたらとても足りないなんてことも考えられます。

 

今のうちに年金以外で収入を得る準備をしておけば、老後に慌てることもありません。

 

そこで老後のために年金のような収入源作りを一つ紹介します。

 

老後の収入源は不労所得みたいな収入を得る仕組みを作る

不労所得みたいな収入とは、不動産投資や株式投資などではなく、自分が働かなくても入ってくる収入のことです。

 

ただ、不労所得みたいな収入は、誰でも必ず利益が得られるものではありませんが、資産がマイナスになるリスクもほぼありません。

 

資産がマイナスになるリスクもほぼないというのは、ホームページ作りやブログを書いて、広告を載せて稼ぐ方法だからです。

 

サイトのデータを格納するための費用として、サーバー代とドメイン料金が、月にすると1,000円くらいかかります。

 

わたしはこの仕組みを作ったことで、今までに累計ですが一千万円以上の不労所得みたいな収入を得ることができました。

 

そのためにホームページやブログを利用して、Google AdSenseの広告を掲載しています。

 

不労所得みたいな収入を得る仕組みを作るのに、ホームページやブログを利用することが最適な方法なのです。

 

こちらのページでアドセンスで1000万円稼いで分かったアドセンスの素晴らしさについて書いています。

Google AdSense(グーグルアドセンス)で稼ぐとはどういうことなのかは、こちらのページをご覧ください。

 

現役時代から老後の収入源作りの準備を始めよう

老後に年金以外で収入を得る仕組み作りにはかなりの時間がかかります。

 

今回紹介した不労所得みたいな収入源を作るには、人の役に立つ記事や興味関心のある記事を書いて投稿しなければなりません。

 

半年から一年以上かけて集客できるサイト作りができたころに、過去記事があなたに変わって24時間365日集客し、お金を稼いでくれます。

 

そうなった時にほぼ不労所得みたいな稼ぎ方になっていることに気づくでしょう。

 

集客できるようになってからも記事投稿や、過去記事の修正更新は必要ですから、現役時代から老後の収入源作りの準備を始めることです。

 

わたしは60歳からサイト作りを始めましたが、3年目あたりからほぼ不労所得みたいな稼ぎ方を実感しています。

 
老後ビジネス一度稼げたらやめられない方法を見つけたので、65歳以降も継続中です。

 

老後の収入源作りまとめ

老後の収入源を作るには、まずはしっかりとサイト作りの知識を身につけることが大切です。

 

サイト作りにはほとんどお金も掛からないので、お金を失う大きなリスクはありません。

 

収入を得る仕組み作りにはかなりの時間がかかるので、現役時代から準備を始めておくことです。

 

早速今日から年金以外で収入を得る仕組み作りに取り組んでみてください。

 

 
関連記事:

 

ビッグ友老後100まで!ホームへ戻る



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク