60代以降ひとり老後のリアルな生活費は15万円前後でやりくり中

ビッグ友老後100まで!




ひとり老後のリアルな生活費は15万円前後

総務省で発表している「老後にひとりで生活する場合に必要なお金やひと月いくら必要なのか?」などの金額の内訳などはわたしには関係ない。

 

老後に受給する年金も人それぞれ違うし、年金の繰り下げをできる人と繰り上げ受給をする人もいると思う。

 

年金だけでは暮らせないという場合は、繰り下げ受給を選択できるほど余裕があるのでしょうか。

 

年金だけでは暮らせない人は、不足分を稼ぎ続けなければならないとしたらどうすればいいのだろう。

 

老後からでも月に5、6万稼げる最適な仕事を見つけてしまった。

 

インターネットやパソコンが使える人はぜひ参考にしていただきたい。

 

 

老後の生活費を稼ぐリアルな方法で月15万円で生活

この記事では、わたしの老後の生活費を稼ぐリアルなお金の話と、月15万円で生活している話である。

 

厚生年金プラス国民年金(以下年金)と年金で不足する分を自力で補いながら月15万円で生活している。

 

その15万円を毎月どう工面しているかがこの記事の読みどころ。

 

一人暮らしの老後なら、不足する生活費を自力で稼いでみてはどうだろう。

 

60代以降ひとり老後の生活費は15万円前後でやりくりできているからだ。

 

あくまでもわたし個人の老後のリアルな生活費となる15万円を、どう工面しているかについて注目していただきたい。

 

恐らくわたしの年金での不足分を補う方法を聞いたら「嫉妬」するかもしれない。

 

 

わたしは年金を月に9万円位もらっているが、家賃代として4万円払うと残り5万円なのでかなり厳しいのだ。

 

しかし一人暮らしならこの年金額でも、数か月から一年くらいなら我慢もできる。

 

それでも何とか生活できているうちに、年金での不足分の生活費を稼ぐために行動してみた。

 

そして年金プラス生活費を稼ぐ方法で、不足分の5、6万円程を自力で補うことができている。

 

会社で働かずにネットで稼いでほぼ不労所得を得ているなんて言っても信じないだろう。

 

 

 

年金の繰下げ受給は一つの選択肢になるけれど……

会社で働ける人なら、年金を65歳からもらうのではなく、繰下げ受給を一つの選択肢にするということも考えられる。

 

2022年4月より、年金が75歳まで繰下げられるようになった。

 

増額率はひと月0.7%で、繰り下げた期間によって年金額が増額され、その増額率は一生変わらない。

 

具体的に何歳何カ月でどれくらい増額されるのか、70歳で42.0%、75歳で最大84.0%増額される。

 

繰下げにより、年金額が増額されるのは大きなメリットであることは間違いない。

 

繰り下げができる人は一つの選択肢として考えてもいいと思う。

 

 

繰り下げ受給できない場合はどうする

繰り下げ受給ができるほどの余裕がある人ならいいが、そういう人ばかりではないだろう。

 

繰り下げのために65歳から70歳まで働くことを簡単に考えてはいけない。

 

65歳からの仕事探しは、実際に経験してみると厳しい現実を知ることになる。

 

まず自分の好きな仕事で再就職をすることが難しいことに気付くだろう。

 

老後の備え

50代以降は再就職の難しさや生活費を稼ぐ大変さに気付く

50代後半で職を失うと再就職の難しさに気付くようになる。

 

わたしは50代で失業し再就職もできずに、老後資金にと思ってコツコツ貯めたお金もほぼ50代でなくなってしまった。

 

こうなると年金を繰り下げるどころか61歳で4年繰り上げ受給せざるを得なくなる。

 

年金受給額を減らしてでもというほど生活に困窮したことがある。

 

繰り上げた年金が月9万円あったことで、超ギリギリな生活ができたことが、わたしの心に強烈な危機感を覚えて本気に火が付いた。

 

この時に個人的には後5、6万円あれば、一人老後ならば生活費として十分足りるという目安ができたと思う。

 

 

老後の生活費の不足分を自力で稼ぐリアルな考え方と方法

60代で月6万円を稼ぐ程度なら、ほとんどの人はできるだろう。

 

しかし、これが70代から80代となった時に、継続して仕事ができるかというと自信がないのでは。

 

老後にお金を稼ぐ難しさに気付く前に、パソコンを使って稼ぐ方法を早めに始めておくと60代できっと役に立つ。

 

ひとり老後の生活費を15万円前後でやりくりして、老後資金を補充しているリアルさを伝えたい。

 

 

老後年金受給額が月9万円!生活費の不足分は広告で稼ぐリアルな方法

ここからが一人老後のリアルな生き方と生活費を稼ぐための方法だ。

 

不足分の5、6万円を自力で稼ぐためにホームページ作りに本気になった。

 

なぜホームページ作りかというと、個人が長く稼ぎ続ける方法ならホームページやブログを使った、広告で稼ぐ方法が最適だからである。

 

それを可能にしてくれたのが「Googe AdSense」という広告だ。

 

Google AdSense(グーグルアドセンス)で稼ぐとはどういうことなのかは、こちらのページをご覧ください。

 

60代で仕事も見つからない、年金だけでは暮らせないと事前に分かっているなら、50代からホームページ作りやブログで稼ぐことを考えてみてはどうでしょう。

 

ただ、Googe AdSenseというのはビジネスなので、「楽して稼ぎたい」などと言う考えで始めても稼げません。

 

もし自力で稼げる方法が本当にあるならやってみたいという人は、実際にGoogle AdSenseのサイトで成功事例を見ていただくと、どういった感じのビジネスかが分かると思う。

 

実際本気で2年、3年と取り組んでみたら、これは一人老後の生活費を稼ぐ方法として、最適ではないかと感じている。

 

なぜかというと、5年以上このホームページ作りに本気で取り組んでみたら、年金で不足する分以上のリアルな成果が出たからである。

 

アドセンスで1000万円稼いで分かったアドセンスの素晴らしさに改めて気づいたので、その考え方や方法などをご覧いただきたい。

 

まとめ

総務省「家計調査年報(家計収支編)2020年(令和2年)」によると、65歳以上の単身無職世帯の平均的な支出月額は14万4687円。

平均で見ると、毎月15万円ほど年金を受給できれば、基本的には老後の生活費は赤字にならない計算になるそうだ。

老後の生活費など人それぞれリアルに違うのだから、自分の老後の年金額を把握し不足する生活費をどう補うかが大切だと思う。

老後のリアルな生活費として月15万円前後でやりくりし、老後資金も補充できて年金だけでは足りない悩みを解決できる方法がある。

「ホームページやブログを書いてGooge AdSense広告で稼ぐ」これだけを1年、2年、3年そして5年以上継続すればいい。

60歳仕事なし貯金ゼロから老後資金作りの準備を始めた方法など。

 

 

関連記事:



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク