一人ビジネスでの自給自足な仕事で年金生活

ビッグ友老後100まで!

 

ビジネス 自給自足

わたし自身も高齢者の一人になり、実際年金をもらって生活していますがお金の不安は消えません。

 

そういった不安を少なくするためにも、老後も働いていく必要があると考えています。

 

でも長くできる仕事が無いので、一人ビジネスで自給自足な仕事を始めました。

 

しかし、老後という世代を生きるのですから大きなビジネスではなく、自分の生活費は自分で稼ぐ小さなビジネスでの自給自足を目指すのが、精神的にも良いと思ったのです。

 

 

60歳からビジネスでの自給自足を始める

60代から個人事業主の開業届を出して、自営業を始めたわたしには定年はありません。

 

60歳から一人ビジネスで自給自足な仕事をして現役として働いています。

 

こういった一人ビジネスで自給自足を考えるようになったのは、50代で失業した時に再就職をしようと思っても、どこも雇ってくれなくて途方に暮れた経験があるからです。

 

60代となればますます働く場は限られてきますから、自分のやりたい仕事に就くことは難しくなるでしょう。

 

 

今は人手不足だから探せば何らかの仕事はあるだろうと言われていますが、同じ仕事を頼むならば、若い世代の方がいいに決まっています。

 

高齢者はいつまで仕事ができるか分からないし、やりたい仕事もできません。

 

若い世代の働き手が見つからないからと、仕方なく高齢者に仕事が回ってくるのだと思います。

 

それでも仕事があることはありがたいことですね。

 

高齢者のできる仕事がなくなれば引退ですが、年金だけでは暮らしていけないとしたら、どうすればいいのでしょう。

 

 

一人ビジネスの自給自足な働き方に気づく


自分が50代後半になって現役時代の仕事環境を振り返ってみると、インターネットとパソコンによって、仕事も働き方も大きく変わったことが分かります。

 

インターネットとパソコンの普及によって、仕事を失ったという人もいるのではないでしょうか。

 

わたし自身もそれまでのアナログ的仕事が、パソコンに代わったことで仕事を失いました。

 

ならばパソコンを覚えれば、またその職につけるのかと思ってパソコンを覚えてみたものの、パソコン作業は若者の仕事となっていたのです。

 

でも、インターネットとパソコンを使っての仕事は、会社でなくてもできることが分かるでしょうか。

 

 

家にあるパソコンを趣味ではなくビジネスで考えた時、その利用方法によってビジネスでの自給自足な働き方ができるのです。

 

パソコンは会社で使うものと思っている人は、スマホが普及したことによって、家にあるパソコンはもう使っていないかも知れません。

 

しかし、わたしは気づいたのです。

 

インターネットとパソコンを使えば、一人ビジネスでも自給自足な働き方ができると。

 

 

定年後や老後を見据えたビジネスで自給自足な働き方

60代や定年後に取り組むべきビジネスは、老後を見据えたライフタイルビジネスです。

 

年金というベースがありますから、その不足分を補うような働き方ができれば、老後の働く問題解決になるかも知れません。

 

もちろんお金を稼ぐビジネスですから、簡単にできることではないことは分かるはずです。

 

しかし、定年後や老後に稼ぐための一人ビジネスは、パソコンを使った自給自足な働き方ですから、お金も必要最低限を使って、その中で自立していく方法になります。

 

老後のライフスタイルは仕事中心ではなく、趣味や遊び、旅行、社会貢献などをしながらの生活が理想です。

 

理想だけで終わらせるのではなく、一人ビジネスでの自給自足な働き方で、個人としての幸せも感じられるでしょう。

 

 

定年後や老後に自立できるビジネスで自給自足

定年後や老後のビジネスは利益の追求だけではなく、年金の不足分を継続して補う働き方です。

 

年金があるのですから不足分を補う働き方で仕事をするので、大きな利益を上げる必要もありません。

 

一人ビジネスで生活を維持しながら、暮らしていければればいいのです。

 

インターネットとパソコンによって、ビジネスでの自給自足ができるのですから、本当にいい時代だと思います。

 

 

一人ビジネスでの自給自足な仕事にお金をかけない

インターネットとパソコンによって、ビジネスでの自給自足を考えてみた時、例えばホームページを作るビジネス、ブログを書くビジネス、サイトを利用して広告するビジネスはどうでしょう。

 

定年後や老後に、こういった家でもできる方法で仕事をして、生活できれば理想的だと思います。

 

インターネット環境とパソコン一台、ホームページ作成ソフトがあれば、あとはサーバーを借りて、ドメインを取得して記事を書いてページ作りをするだけです。

 

今はワードプレスもありますから、ホームページ作成ソフトを使わなくなっています。

 

ますますお金をかけずに取り組める方法なのです。

 

わたしのこの「ビッグ友老後100まで!」は、ロリポップというサーバーを使っています。
ロリポップ!

ドメインはムームードメインで取得「big-tomorow.com/」して、ワードプレスで運営中です。

今年の年間費用は
サーバー利用料が月500円×12ヶ月分=6,600円(税込)
ドメイン料金(一年)1,408円(税込)

 

このような金額で一つのサイトを一年間運営できて、収入もあるのですから可能性を感じています。

 

もちろん個人事業主としてビジネスとして自給自足の生活ですから、この他にもサイトを運営しています。

 

サーバーがあるのでドメインだけを取得すれば、新しいサイトも千円程で作れるのです。

 

インターネットとパソコンがあれば、それほどお金をかけずにできてしまいます。

 

 

一人ビジネスで自給自足な仕事に可能性を感じる

始めるだけなら簡単なのですが、これで稼ぐとなれば記事を書いてページ作りをしなければなりません。

 

わたしも最初は50代の失業中に、ホームページ作りを趣味にして「スカイツリーの建設中」のサイトを作ってみました。

ビッグローブの無料で使えるスペースで、投稿していたのですが、使えなくなってあとで作り変えています。
初めて趣味で作ったサイトなので記念に残しています。

 

わたしは最初に趣味のホームページ作りから始めて、ビジネスでのサイト作りをするようになりました。

 

ドメイン代の1,000円程でサイト作りができるので、いろんなビジネスサイトを作って自給自足な生活ができるのです。

 

このくらいの金額なら、60代からでもホームページやブログを使って、色んなサイトが作れると思います。

 

こういったビジネスで自給自足な働き方をするにしても、どうすればお金が稼げるのかが分からないと、適当にやっても稼げません。

 

 

ビジネスで自給自足な仕事の一つを紹介

ホームページやブログを使って、お金を稼ぐ一つの方法を紹介します。

 

有名なグーグルの広告を使う方法なので安心して取り組めるのです。

 

WEB経験があるという人なら、こちらのサイトで紹介している成功事例を見れば、ホームページやブログでお金を稼ぐ参考になると思います。
大好きなことを収益に。

わたしはホームページやブログを使って、一人ビジネスの自給自足な働き方で、年金で不足する分を補いながら、今後も続けて行くつもりです。

 

60歳からこういった方法で一人ビジネスを始めて、年金プラスネット収入に可能性を感じているので、こういった方法もあるということを書いてみました。

 

わたしは50代後半の時に一年、二年先を見据えて、記事を書き続けてサイトを作ってきたからこそ、結果につながっているだけです。

 

自給自足のビジネスですから、安易な気持ちで取り組んでも稼げません。

 

60歳以降はお金を掛けないでも長くできる仕事、インターネットとパソコンを使った方法が最適だと確信しています。

 

 

「なせば為る 成さねば為らぬ何事も 成らぬは人のなさぬなりけり」上杉鷹山

関連記事:
年金プラスネット収入だけで生活は可能でしょうか



ネットで仕事は出来る!


インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
 




 

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-仕事
-

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2019 All Rights Reserved.