稼ぎ続けられる方法や仕組みを考えると年金で足りないから解放される

ビッグ友老後100まで!

稼ぎ続けられる方法や仕組みを考える

年金で足りない分を自力で補充しながら生きると、刺激が強すぎるかも知れません。

 

年金があると年金で足りない分を、ネットで稼ぎ続ける方法や仕組みを考えることが楽しくなります。

 

年金受給前に準備をしておくと、年金で足りない分を補充できるとしたらどうでしょう。

 

わたしは年金受給生活なのですが、年金だけでは非常に厳しいことは十分理解しています。

 

いまでこそ年金で足りない分をネットで補充していますが、もしネットの仕事をしていなければ、今頃はアルバイトやパートの仕事をしていたと思います。

 

50代後半の頃仕事が見つからなかったために、試行錯誤しながらホームページ作りに取り組んできました。

 

こうして年金プラスネット収入で生活しながら、年金で足りない分や老後資金を補充できるのも、60歳から取り組んできた結果です。

 

 

年金で足りない!稼ぎ続けられる方法や仕組みを考える

なんてお気楽な生活をしているんだと思われるでしょうね。

 

じつは50代後半で失業しましたが、退職金もなく仕事も見つからず、60歳の時には貯金も全くなくなり、火の車状態でした。

 

それで、本来なら65歳から受給する予定の年金を、4年繰り上げて受給額を減らして61歳から受給したのです。

 

家賃代を支払って残りの年金5万円で、その他の支払いを済ませ残った分が食費となります。

結構厳しい生活ですが、何とか生活できました。

 

 

他人の悩みって、表面だけでは分からないと思います。

何とか生活できる状態ではダメなのです。

病気やケガをしたり、家賃の更新時期になるとお金が必要になります。

 

 

働けば何とかなると思っていても、無職生活を5年以上も続けると、働くことも不安になってしまうのです。

 

履歴書を書いて送って「不採用」の通知が届くと、どこか安心してしまう自分が情けなく感じたこともあります。

 

そういった時に自分にできることが、インターネットとパソコンを使って、ホームページやブログを書くことでした。

 

 

稼ぎ続けられる方法や仕組みを考えて悩みを解決

孤独と暇な時間をエネルギーに変えて、ホームページ作りを覚えて、ネットでお金を稼ぐことに挑戦してみたのです。

 

そしていま何とか年金とネット収入で生活できてきました。

 

あなたが悩んでいたとしても、わたしにはわかりませんが、それでも50代、60代でお金のことで悩んでいる人は多いですし、お金の問題を解決するのは簡単ではありません。

 

問題解決の考え方の一つとして、わたしがネットを利用した方法や体験はどうでしょうかと言えるだけです。

 

どんな問題でも本人が行動しなければ解決できないと思っています。

 

スポンサーリンク



稼ぎ続けられる方法や仕組みを考えることが大切

わたし自身も年金生活をしていて思ったのは、携帯の通信料やネット使用料などを解約すれば、多少生活は楽になりますが、一生辛抱した生活をしなければなりません。

 

長くできる理想的な働き方を始めています

この記事の中でも書いているのですが、

老子の言葉で、
「魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えよう」
(人に魚を与えれば一日で食べてしまうが、釣りを教えれば一生食べていける)
というような意味です。

 

わたしにとってインターネットとパソコンは、釣りをして魚を得るための道具ですから、手放せませんでした。

 

インターネットとパソコンそしてホームページ作りやブログを覚えたことで、日々食べるだけの魚を手に入れられるようになって、貯金も増えてきたのです。

 

とにかく生活できているうちに、お金の稼ぎ方を覚えてしまうことが大切だと分かりました。

 

そういったことは誰でもわかっていることで、その方法が分からないからできないのではないでしょうか。

 

わたしの経験でもそうです。

 

それが分かってお金を稼げるなら、60代で雇われた働き方をしていないかも知れません。

 

人には向き不向きがありますから、パソコンを使うネットの仕事は苦手な人もいます。

 

そういった場合はやはり体力を使った仕事の方が、精神的に楽です。

 

それでも中にはパソコンが好きという人もいるでしょう。

 

そういった人に老後の仕事の一つとして、挑戦していただきたいですね。

 

 

グーグルアドセンスで稼ぐ方法や仕組みを考える

いつまでも会社で働けないと知ったら、早めに対策をしておかないと、厳しい老後が見えてきます。

 

わたしは老後の働き方として、ホームページやブログを利用し、ネットで収入を得て生活してきました。

 

年金で足りない分をグーグルアドセンスで稼ぐということができたからです。

 

グーグルという会社は有名なので知っていても、グーグルアドセンスという言葉を知らないかも知れません。

 

その有名なグーグルが扱うグーグルアドセンス広告を、個人でも使えるというのですからこれを利用してみました。

 

ホームページやブログを持っているとか、WEB関連の仕事に興味があるなら、こちらのサイトをご覧になってください。
大好きなことを収益に。

 

個人でもお金を稼げるチャンスがあることが分かると思います。

 

 

稼ぎ続けられる方法や仕組みの一例

わたしは老後を見据えて、60歳から本気で取り組んできました。

 

こういったネットの仕事は年齢に関係なくできるので、たくさんの人が取り組んでいます。

 

年金で足りない数万円分くらいなら、雇われて働いて稼ぐこともできますから、無理してやることもありません。

 

グーグルアドセンスで稼げるといっても、確実に稼げるわけでもなく、いつ稼げるかもわからないのですから、誰でもできる方法ではないということも伝えておきます。

 

ただホームページやブログを持っているとか、そういったWEB関連の仕事に興味があるなら、老後も長くできる可能性のある働き方です。

 

お金を稼ぐというビジネスは何をやっても大変ですが、自分の興味のあることで収入も得られたら、やりがいもあるのではないでしょうか。

 

実際にグーグルアドセンスで成功している事例も紹介されています。

 

いろんなサイトの中の一つとして、紹介させていただきますので、参考にしてください。

京都観光研究所

 

こういった方法を別なサイト作りに応用すば、個人の仕事として成り立つことも理解できると思います。

 

わたしのこれまでの経験の中で、ネットを利用した方法として、グーグルアドセンスで稼ぐことも、選択肢の一つなのです。

 

ただサイト作りには時間もかかりますから、できるだけ早めに始めておかないと、収入面で辛くなります。

 

 

稼ぎ続けられる方法や仕組みが作れると夢が広がる

わたしは60歳からサイト作りを始めて、一年半くらいで年金で足りない分が稼げてきたので、61歳から年金を早めに受給して、ホームページ作りやブログに専念してきました。

 

年金とネット収入で暮らせると、精神的にも楽な環境でサイト作りができます。

 

自分の好きなことでサイト作りをしてお金を稼げると分かった時、60代から老後にかけての生きがいとやりがいを感じられるようになりました。

 

サイトが作れればグーグルアドセンス広告の他にも、楽天の商品やアマゾンの商品などを紹介することもできます。

 

そういったアフィリエイトという方法を行うためには、登録して商品が紹介できるようにしなければなりません。

A8.net

わたしは自分のサイトを使って商品も紹介しています。

 

自分のサイトがあると、楽天のアフィリエイトに登録しておけば、楽天の商品も紹介できるのです。

 

自分のサイトがあればネットでお金を稼ぐことは可能なのですが、意外と知らないのかも知れません。

 

サイト作りができると、どんどん夢が広がります。

 

 
 

稼ぎ続ける方法や仕組みが作れると自由な時間が増える

65歳のいまは年金とネット収入で生活できているので、時々実家に帰って農業の手伝いをしています。

 

解放された気分が楽しくて、田舎暮らしに重点を置いた一年でした。

 

今年は新規サイトも作らず時々ブログを書いたり、過去に作ったサイトの手直しなどをして、のんびり過ごせたのです。

 

そういった意味でも、ネットの仕事を60歳の時に始めておいて良かったと思っています。

 

それでも個人事業主としてネットの仕事をしているので、そろそろ新しいサイトを作るつもりではいるのです。

 

 

稼ぎ続ける方法や仕組みの考え方

毎日100円稼ぐ方法

わたしの場合自販機のような稼ぎ方が好きなので、一日100円稼げて月3,000円稼げる程度の自販機サイト作りを考えています。

 

初心者にとっては月3,000円稼ぐのも簡単ではありませんが、稼げると年間36,000円程です。

 

これを10年間稼ぎ続ける自販機サイトを作るという考え方で、うまくいけば10年間で36万円稼げます。

 

こういったあまり手をかけないで稼げるサイトを、とりあえず10個作ってしまうと、10年後あたりに360万円くらいにはと思っているのです。

 

年金が月9万円あるし過去に作ったサイトの収入で暮らせるので、今後は一日100円稼ぐサイト作りをしようと考えています。

 

ネットでお金を稼ぐ考え方としてです。

 

 

稼ぎ続ける仕組みでコツコツ稼ぐと結構貯まる

60歳の頃は仕事もなく、毎日暇だったので結構サイトを作っていました。

 

それが結果的に、たまに一日200円、300円、500円、1000円なんてサイトも作れてしまうこともあります。

 

ネット上に自販機みたいな感じで、100円稼げる記事を設置してあると、結構積もり積もって稼げてしまうわけです。

 

二年目も新しいサイトを作っていたら、チャリンチャリンと稼げて自由な時間が増えました。

 

アドセンスを始めた頃は、日本の一億人の中の1%の人から10円をいただけたらいいなと思っていたのです。

 

数年間取り組んでいたら、100万人の人から10円ずつ頂いたような金額が手に入りました。

 

ワンクリック10円や20円でも、たくさんの人に広告を見てもらうと、つもりに積もって一千万円も稼げるということです。

 

 

100円稼ぎ続ける仕組みをなめてはいけない

結局人を集められるサイト作りができると、お金は稼げます。

 

わたしのような素人でもできる、100円稼げるサイト作りの継続的考え方を応用して、10年先を見据えているのです。

 

いま年金と過去に作ったサイトのネット収入で暮らせて、老後資金が補充できているうちに、5年先まで稼げるサイトを作っています。

 

考え方として毎日いくらかでも稼げる記事を書いて、毎年複数サイトを作るといった感じです。

 

毎日いくらかでも稼げる自販機みたいなサイトでも、複数あると結構な稼ぎになります。

 

わたしはグーグルアドセンスを始めてから、年金プラスアドセンスの収入で暮らせています。

 

そして10年先を見据えて老後資金を補充中です。

 

初心者が大きな金額を一気に稼ごうとすると、ライバルが多くて稼げません。

 

一日100円稼げるサイトを作ることをなめてかかってはいけません。

 

あなたなりの100円稼ぐサイト作りを考えてみてはどうでしょう。

 

 

関連記事:
5年先のお金を見据えた考え方で行動中です!

 



ネットで仕事は出来る!


インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
 




 

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-お金の稼ぎ方(ネット)
-,

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2020 All Rights Reserved.