コロナ禍でも自宅でできる仕事でお金を稼ぐ方法

ビッグ友老後100まで!

コロナ禍で解雇されたり、仕事が見つからないなど、深刻な問題が起きています。

 

そういった場合に、自分にできる仕事があるかどうかを、ネットで調べてみてはどうでしょう。

 

過去の仕事の経験が活かせる方法として、クラウドソーシングという働き方があります。

 

パソコンが使えるなら自宅でできる仕事も多いので、コロナ禍の中では最適な方法なのです。

 

コロナ禍で仕事がない時にお金を稼ぐ方法

コロナ禍で仕事がないから、すぐにでも稼ぎたいといった場合には、クラウドソーシングを利用して、自分のできそうな仕事を探すと確実に稼げます。

 

できそうな仕事が見つかったとしても、生活費を稼ごうとするとやはり大変なことは確かです。

 

フリーランスとして仕事をしている人や副業、小遣い稼ぎなどをしている人も多いと思います。

 

ネットでもお金を稼げる場があるということを知っていてほしいのです。

クラウドワークス

②主婦のための求人応援サイト
「ママワークス」mamaworks.jp

どんな仕事があるのか見てから、できそうな仕事があると思ったら登録して始めてみてはどうでしょう。

 

確実に収入が欲しいという場合は、迷わずクラウドソーシングで仕事をする選択が望ましいです。

 

コロナ禍のなかで、先を見据えたアフィリエイトを始めるか、あるいは今月仕事をして翌月に収入を得たいのかによって働き方も変わります。

 

自由な働き方で収入を得たいという人は、実力次第のアフィリエイトで半年先以降を見据えたサイト(ホームページ)作りをしてはどうでしょう。

 

もちろん、ホームページが作れるという人におすすめな方法ですから、興味本位で始めてもほとんど稼げないまま挫折する可能性が高いと思います。

 

とにかくネットで収入を得たいと考えるなら、本気で挑戦する覚悟が必要です。

 

 

コロナ禍の中で先を見据えたネットを利用する稼ぎ方

ホームページ作りができると稼げるチャンスあります!

 

過去にWEBデザインの経験がある人なら、自宅でサイト(ホームページ)作りをして稼げるのです。

 

WEBデザインの専門的知識があるならば、クラウドソーシングで仕事を探すこともできます。

 

ただ、クラウドソーシングでWEBデザインの仕事をしようとすると、PhotoshopやIllustratorといった画像作成・編集ソフトが使えなければいけません。

 

それなりにWEBデザインのスキルがないと難しいと思います。

 

 

個人がホームページを利用してお金を稼方法

個人がホームページを利用して、お金を稼ごうとする場合に、方法は他にもあるということです。

 

自分専用のホームページを持つことでお金を稼げる

 

どんな作り方でも、集客できるサイトが作れればお金は稼げます。

 

専門的な知識など必要とせず、ホームページ作成ソフトで作ったサイトでも、十分稼げることはわたし自身が体験済みです。

 

集客できるサイトが作れたら、広告やアフィリエイト商品を掲載します。

 

広告のクリック数や商品購入に至った場合報酬がいただける方法です。

 

ですから、だれでもホームページさえ作れるなら、家にいながらお金が稼げるチャンスがあるということになります。

 

簡単なことではありませんが、ホームページを趣味で作れる人なら、お金は稼げるという話です。

 

 

ホームページ作りは稼ぐまでに時間がかかる

コロナ禍の中でも、自宅にいながらお金を稼げるにしても、素人がホームページ作成ソフトを使って作るわけですから、時間もかかることは致し方ありません。

 

もちろんワードプレスを使ってのサイト作りでも、お金を稼ぐことはできます。

 

 

どちらにしても素人がサイトを作ってもすぐには稼げませんから、半年や一年先を見据えてコツコツ作っておくことで、結果的に「あの時始めておいて良かった」ということなのです。

 

新型コロナが問題視されて、自宅で過ごしたのが3月から4月ごろでした。

 

もしそのころに新しいホームページを作っていたら、半年後あたりには家にいながらお金を稼げていた可能性があったでしょう。

 

個人が自分のサイトを作ってお金を稼ぐというのは、今すぐではなく半年ぐらい先から、結果的に稼げるようになってくるという感じになります。

 

しかし、稼げるかどうかは不確かですから、半年以上もやり続ける覚悟がないと難しいことなのです。

 

コロナ禍の中で仕事がない時に、WEBデザインやサイトが作れる人なら、先を見据えたネットで稼ぐ方法もあるということを書いてみました。

 

 

自分専用のホームページを作ってみた

わたしは50代後半からホームページ作りの練習を始めました。

 

使っているのはシリウスという、アフィリエイトに向いたソフトです。

 

このソフトのすばらしさは、実際にこちらのシリウスサイトをご覧いただければ伝わると思います。
シリウス

 

わたしはWEB作成ソフトの上位版を使って、アフィリエイトサイトを作りました。

 

このシリウスソフトを使ってからは、「サイトを作るのが楽しくて仕方がない!」といった感じです。

 

レスポンシブ対応なので、PC、スマホ、タブレットに対応したサイトが作れるので気に入りました。

 

このWEB作成ソフトを使って、60歳から本格的にアフィリエイトサイトを作っています。

 

そして一年半後くらいから、生活できる程度の収益が出てきました。

 

この時には「あの時始めておいて良かった」とつくづく思ったほどです。

 

いまサイトを作っても、今すぐには稼げないのがアフィリエイトだと思います。

 

 

ワードプレスでも同じようにサイトは作れる

わたしは本格的にページ作りを始めて、自分専用のサイト(ホームページ)を持っています。

 

WEB作成ソフトを使って、個人がネットで稼ぐにはすごくいいソフトなのですが、クラウドソーシングなどで、サイト作りの依頼を受ける場合には適していません。

 

個人が自宅で自分専用のサイトを作って、お金を稼ぐ人に向いているというソフトなのです。

 

サイト作成ソフトの場合は、パソコン一台につき一ライセンスが必要ですから、お金もかかりますし、使いこなすにはパソコンの知識などが必要なのです。

 

こういった作成ソフトを使わずに、ワードプレスを使ってサイト作りをした方が、やりやすいという人もいます。

 

わたしはどちらも使っていますが、やはりワードプレスの場合は、パソコンさえあればどこでも新規作成できて修正も容易にできますし、作業する場所を選びません。

 

こういった利点を生かして、サイト作りやブログをする人がたくさんいます。

 

ただ、何度も言いますがお金を稼ぐとなると簡単ではないということです。

 

【関連広告】
圧倒的に美しくおしゃれな WP テーマ 【ザ・トール】

アフィリエイトで稼ぐならまずはA8ネットに登録

作業も時間もかかりますが、稼げるようになるまで根気良くサイトを作り続けると、結果は後からついてくることを実感したのです。

 

ホームページを自分で作れるという人で、アフィリエイトって何?と思ったらこちらのサイトをご覧ください。
エーハチネット

A8ネットには、セルフバックを利用すると今すぐ50,000円稼げる方法もあります。

 

こういったセルフバックを利用して、その経験を生かした記事を書いてページ作りをすることで、アフィリエイトサイト作りに役立つでしょう。

 

ホームページを作れる人なら、アフィリエイトサイト作りも分かると思います。

 

アフィリエイトでお金が稼げると分かって、自分で記事を書いて商品を紹介しても、簡単に売れないところが難しいのです。

 

売れないというより集客することが難しいから、その問題をどうやって解決するかを研究するのも、やりがいとなるくらいでないと稼げません。

 

関連記事:
コロナ禍の自粛中は家でお金を稼ぐ方法を考える



札幌・東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡・山梨・長野・新潟・愛知・三重・京都・奈良・大阪・兵庫・広島・福岡にお住まいの方
なんでも買います!【買取屋さんグループ】

ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。



実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-お金の不安, ネットの仕事
-

© 2021 ビッグ友老後100まで!