「芸は身を助く」いざというときに生計を助けてくれた一芸とは

ビッグ友老後100まで!




何かの技能は身を助ける

 

芸は身を助く」とは、身についた何かがあれば、何かの折に役に立ち、時には生計を立てる元になることもあると言われますが、あなたは何か一芸を持っていますか?

 

同じように何かの技能でも一芸と同じですから、一技能を身につけました。

その一技能とは「ホームページ作り」でした。

 

わたしは「芸は身を助く」を経験したので、60代になって非常に助かっています。

 

WEBデザインに興味がある人は、今のうちに技能を身につけておくと、いざという時助けてくれることがあるかも知れません。

芸は身を助く

「芸は身を助く」を体験して今自由な生き方ができています

失業した時にパソコンを覚えたことがきっかけで、ホームページ作りを趣味にしていたのが今役立っています。

 

趣味と言ってもプログラムを組むのは難しいので、簡単に作れるホームページ作成ソフトを買って作っていました。

 

難しい「html」とか「css」が分からなくても、ソフトを使うと結構作れてしまいます。

 

もしソフトがなくて、一からプログラムを組んでいるような方法だったら、今はやっていなかったかも知れません。

今はワードプレスがあるので、誰でも比較的簡単にブログを書くことができます。

ブログで生活できる? そんなに甘くはありませんが、芸は身を助けるは信じたほうが良さそうです。

芸は身を助くなんて考えもせず楽しい趣味だった

この時は「芸は身を助く」なんて考えもせず、趣味で暇をつぶすためにやっていました。

 

40代、50代から趣味でやるなら、簡単で楽しくなければ続かないので、素晴らしい環境に恵まれた時代になっていたようです。

 

ちょうどその頃「東京スカイツリー」の建設が始まっていて、何度も写真を撮りに行ってはホームページを作っていました。

 

失業していることも忘れて、建設中のスカイツリーの成長していく様子を見に行くことが楽しかったのです。

 

 

将来の糧になる趣味が「芸は身を助く」になる

ホームページを作りながら、将来の糧になる趣味だと思っていました。

 

趣味ですから将来の糧になるとは思っていても、「芸は身を助く」なんて考えたこともありません。

 

実際、失業中の現実の生活を考えると、趣味をやっている場合ではないからです。

 

いくらWEBの仕事に興味があっても、趣味程度のホームページ作りで就活しても、どこも雇ってくれないのは分かっていました。

 

そこでパソコンを使う仕事を探してみましたが、50代では相手にもされないのです。

 

ところが嬉しい誤算がありました。

将来の糧になる趣味が「芸は身を助く」になる方法があったのです。

 

 

ホームページ作りを趣味にした甲斐があった

パソコンを覚えてホームページ作りを趣味にしたことが、報われる日が来るとは夢にも思いませんでした。

 

個人でホームページやブログができると、自力でお金を稼ぐ方法があることが分かったからです。

 

それは、あの有名な「Google」の「Google AdSense」に出会った時でした。

 

雇われる働き方をしなくても個人で稼げる方法がGoogle AdSenseだったのです。

 

この稼ぎ方に出会った時に、パソコンを覚えてホームページ作りを趣味にした甲斐があったと思えてきました。

Google AdSense広告の利用方法が知りたい時に読んでください

 

 

芸は身を助くが思わぬ素晴らしい結果となった

ホームページ作りの趣味がビジネスとなってしまうなんて、考えられないと思います。

 

インターネットとパソコンのある時代になって、雇われて働くだけが収入を得る方法ではなくなりました。

 

個人の趣味でもやり方次第では、家にあるパソコンを使って、小さなビジネスとなってしまうのです。

 

わたしは自分でテーマを考えて、ホームページ作りを一年、二年、三年と続けて、いつの間にか五年以上の時が過ぎました。

 

60代の今では、芸は身を助くが現実となって、個人事業主として自力で稼ぎながら自由な生き方ができています。

 

思わぬ素晴らしい結果に驚きながら、わたしはラッキーだったのか、それとも目に見えない何者かに導かれて、こういった生き方をしたのでしょうか。

 

 

「芸は身を助く」まとめ

「芸は身を助く」一芸を身につけることを考えよう。

将来の糧になる趣味が「芸は身を助く」になる

一芸は何かの折に役に立ち、時には生計を立てる元になることもある。

雇われる働き方がすべてではなく、ホームページやブログでもお金を稼げる方法がある。

芸は身を助くは、インターネットとパソコンのある時代の働き方にもぴったり。

 

 

関連記事:

 

ビッグ友老後100まで!ホームへ戻る



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-お金の稼ぎ方(ネット), 格言・ことわざ
-

© 2022 ビッグ友老後100まで!