60歳からネットの仕事で働き方を変えるとどうなる?

ビッグ友老後100まで!
60歳から働き方を変えるとどうなる?

 

60歳からネットの仕事をやって、働き方を変えるとどうなるのか、自分でやってみました。

 

新型コロナ感染問題で解雇や雇止めなどに合っていませんか。

 

安い給料で働いて何とか生活できる程度の収入では貯金もできません。

 

解雇されたり雇止めにあうと、一気に生活が苦しくなるは目に見えています。

 

再就職も難しいとなると、路頭に迷ってしまうのです。

 

わたしも景気が悪くなるたび、解雇や雇止めを経験したので、もうなんども同じ轍(てつ)を踏んでしまいました。

 

そんな経験をしたので、今度こそ同じ轍は踏まないと決めたのです。

 

そして60歳の時にネットの仕事を始めました。

 

 

60歳からネットの仕事でも結果につながります

acworksさんによる写真ACからの写真

 

今65歳になって考えてみると、ネットの仕事をやって働き方を変えたことで、解雇や雇止めの心配をすることなく生活できています。

 

60代というのは年金もありますから、ネットの仕事をして自力で稼げるようになると、雇われた働き方をする必要もありません。

 

わたしの場合はホームページやブログを使って、ネットで広告や商品を紹介する仕事をしています。

 

ネットの仕事を始めた1、2年は記事を書いてページ作りがすごく大変でしたが、時が流れるのは早いものです。

 

ネットの仕事をやって、働き方を変えてから5年が過ぎています。

 

65歳ですから年金は受給していますが、それだけでは厳しいのでネットで収入を得るために、試行錯誤をしてきました。

 

その甲斐があって、いまでは年金プラスネット収入で生活も安定しています。

 

 
スポンサーリンク



 
 

年金があればネットの仕事もできるのではと思う

確かにネットの仕事での収入は不安定ですが、毎月コツコツ貯金することもできるのです。

 

60代にこういった雇われない働き方ができたことで、新型コロナ感染問題で自宅で自粛するようになっても、お金の面で慌てることもなくなりました。

最悪ネット収入がなくなっても、年金が月9万円と貯金があると思うと、何とか家賃を払っても暮らすことはできます。

 

さらに、10万円の定額給付金があったので、安心して自宅で自粛できました。

 

こういった目に見えない感染だと精神的に不安ですが、お金の面で安心できる状態でいられることは助かります。

 

結果的にネットで稼げるようになったことで、年金が生きてきました。

 

 

ネットの仕事に「グーグルアドセンス」を使ってみた

年金が受給できるということで、ネットで稼ぐことに焦りがなくなったというか、この5年間に作ってきたサイトがネット上で資産になっていることが大きいと思っています。

 

今日何もしなくても、お金が稼げるという感覚を分かるでしょうか。

 

過去に作ったページが24時間365日わたしに変わって、営業してくれている感じです。

 

ネットの仕事だと、未来に稼げる仕組みが作れるという素晴らしい方法があります。

 

わたしの人生や働き方を変えてくれた、きっかけとなったサイトがこちらです。
Google AdSense - ウェブサイトを収益化

「グーグルアドセンス」という広告を使って、お金を稼げる方法があります。

 

 

ネットで稼ぐなら自分の得意分野がいい

自分の得意な分野で記事を書いてホームページを作ると、広告を載せておくだけでお金を稼げるという、非常にありがたい方法なのです。

 

いま、webデザインをしているとか、過去にweb関連の仕事をしていた人なら、サイト作りもできるでしょう。

 

自分の力でお金を稼ぐ方法としては、グーグルアドセンスの広告を利用したサイト作りがおすすめです。

 

わたしは、アドセンスやアフィリエイト商品を紹介して、収入を得ています。

 

こういった、ネットで稼ぐ仕組みを作ると、自分の時間が自由に使えるようになってきますし、やりがいのある仕事なのです。

 

 

頑張っても頑張っても楽にならない働き方を変える

あの時のリーマンショックの影響で雇止めにあって、数年間就職もできずに生活していました。

 

もし就職できていたとしても60代だと、今回の新型コロナ感染問題で、仕事はどうなっていたんだろうと考えてしまいます。

 

60歳を過ぎると雇われていても安心できませんね。

 

やはり自分の身は自分で守れるような働き方や、貯金の大切さを感じています。

 

だからと言って、たとえ自分でネットの仕事をしたとしても、稼げる保証などないわけですから、どうしても雇われる仕事を探してしまうでしょう。

 

同じ雇われるなら給料のいい仕事で、貯金ができるような環境ならいいのですが、非正規で働いていると収入の点で心配になります。

 

コツコツ貯めた貯金が、失業するたびに元の木阿弥状態になって、いつまで経ってもお金の悩みから解放されません。

 

 

楽にならない働き方は自分の力で止めるしかない

わたしも50代の時に非正規で働いていましたが、2交替勤務だったこともあって、夜勤をすることもありました。

 

その時に老後資金を貯めるつもりで、12時間労働に耐えていたのですが、結局雇止めにあって失業です。

 

やはり失業して再就職できないでいると、貯金が減っていくのを見るだけで、精神面に応えます。

 

頑張って働いても、失業すれば貯金がなくなる。

 

必死で職探しをして働いても、また同じように失業する繰り返しでは楽になるわけがありません。

 

このような生き方になってしまったのも自分の責任です。

 

このままでは老後破産が待っていると思うと、もう雇われる働き方以外の方法で収入を得て、この悪い流れを自分の力で止めたくなりました。

 

そういった強い気持ちが沸き上がったことで、ネットでお金を稼ぐ壁を破る事ができたのだと思っています。

 

60代の特権でもある年金の力を借りて、ネットの仕事で不足分を稼ぎながら何とか生きていけそうです。

 

悪い流れは自分で変えないとなかなか変わりませんが、リスクなくできる方法ならやってみる価値はあります。

 

 

関連記事:
働いても働いてもお金が足りない環境を変えられるのは自分だけ

 



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。



実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-60歳からの働き方, 60歳からの生き方
-,

© 2020 ビッグ友老後100まで!