在宅でネットの仕事していて良かった!

ビッグ友老後100まで!




在宅でネットの仕事

会社で働くのをあきらめて10年が経ちますが、在宅でネットの仕事をしてきたおかげで、65歳以降をなんとか暮らせるようになりました。

 

いまでは年金も受給できているので、コロナ禍の中で仕事がないといった悩みもありません。

 

やらないで後悔するよりと思って始めたことが、「あの時頑張っておいて良かった」と、今になって活きてきました。

 

50代後半の頃は仕事が見つからなくてさんざん悩みましたが、結果的に在宅の仕事に出会ったのですから、何が幸いするか分からないですね。

 

60歳からアフィリエイトという未知の世界を知って、新しいお金の稼ぎ方を覚えました。

 

未来に何が起こるか分からないのですから、やはり仕事やお金ってすごく大切です。

 

 

在宅でネットの仕事をしてお金を稼げるのか

在宅ネットの仕事
世の中には一般の人がやらないような方法で、お金を稼ぐことを考える人がいるのです。

 

普通の考え方だと、パソコンやインターネットが普及しても、雇われる働き方になってしまいます。

 

自分でもパソコンは多少使えてはいましたが、まさかそのパソコンを使って在宅でお金を稼ぐとは、考えませんでした。

 

パソコンは会社で仕事をする時に使うもので、家庭では趣味で使うくらいにしか思っていなかったからです。

 

まして最近ではスマホが普及してきましたから、パソコンさえ使わなくなったのではないでしょうか。

 

ところが新型コロナが発生してから、リモートワークなどでパソコンが見直されてきたので、家庭でも仕事ができると分かってきました。

 

雇われる働き方なら、給料ももらえますから不安は少ないと思います。

 

在宅でパソコンの仕事をすれば通勤もいらないし、朝はゆっくり起きて仕事ができるのですから、会社に行く事がおっくうになるかも知れません。

 

 

雇われない在宅の仕事ならパソコン

わたしはパソコンでお金を稼ぐ方法を知ったのが、50代後半ですから在宅で仕事をすることに不安がありました。

 

といっても会社が雇ってくれるわけではありませんから、全て自分でやらなければなりません。

 

ネット回線を利用した在宅ワークの仕事があると聞いても、だまされるんじゃないかという気持ちもあったのです。

 

でもいまでは、在宅でできる仕事などが、テレビのニュースなどでも特集されるくらいになってきました。

 

その頃知ったのが、クラウドソーシングという在宅でできる仕事です。
クラウドワークス

 

働き方改革が話題になって、会社員の副業、主婦が空き時間を利用して仕事ができるなど、在宅の仕事にパソコンが当たり前になってきました。

 

インターネットとパソコンを使うことで、働き方も仕事も自由にできるようになっていたのです。

 

そのころにネットでいろいろ調べていたら、「ホームページがあればお金が稼げる」ということも知りました。

 

 

在宅でできるネットの仕事に夢があった

在宅でできるネットの仕事に「ホームページ作り」があったのです。

 

クラウドソーシングのようなWEBデザインのできる人の仕事ではなく、個人で作ったホームページでお金が稼げるという記事でした。

 

個人で作るホームページに興味を覚えて、詳しく読んでみたらグーグルという会社がやっていたのです。

 

グーグルが個人を相手に仕事などするんだろうかと思いながら、グーグルアドセンスというサイトを見たら、そこには夢がありました。

 

グーグルアドセンスという広告が、個人で使えるのですから夢があります。

 

新聞を見たり雑誌などを見れば分かると思いますが、必ず広告が掲載されているでしょう。

 

それと同じことがホームページでできてしまうのです。

 

普通個人で広告を載せるとなると、営業するにしてもかなり難しいことだと思います。

 

そういった広告のことは、グーグルアドセンスに任せて、ホームページの記事を書くことに専念するだけでいいのです。

 

それでお金が稼げるのですから、夢が広がってきました。

 

グーグルアドセンスを知ったことで、個人がホームページやブログを書いて、ネットでお金を稼げるようになってきたのです。

 

一般の人では出会わない方法が、ネットの世界にはあるという話を書いています。

 

 

在宅でできるネットの仕事に出会うまで

60代で年金がもらえると、自分でお金を稼ぐ方法さえわかれば、会社に雇われて働く必要もありません。

 

雇われないでもパソコンでお金が稼げると、自由な生き方ができます。

 

なんで今までこういった自由な働き方ができなかったんだろうと思ったら、わたしの若いころにはまだパソコンがありませんでした。

 

家庭にパソコンが普及したころでも、インターネットで何ができるのかさえ分からなかったのです。

 

パソコンに興味を持ってはいたのですが、始めるきっかけがありませんでした。

 

ところが失業した時にハローワークでパソコン教室に通って、ワード、エクセル、パワーポイント、メール、インターネットなどを学んでみたら、なんか凄い機械だなって感じたのです。

 

パソコンだけではただの箱ですが、ソフトがあるといろんな事ができるんだと分かってきました。

 

さらにインターネット普及によって、新しい世界が見えてきたのです。

 

 

趣味でホームページ作りを始める

わたしは「ホームページビルダー」というソフトを買って、趣味でホームページ作りを始めたのです。

 

趣味でパソコンを使うようになり、ホームページ作りが楽しくて、パソコンのスキルもずいぶんアップしたと思います。

 

それでも就職活動には役に立たず、家庭で趣味に使う程度ですから、まさか在宅でお金が稼げるなんて考えても見ませんでした。

 

ホームページ作りの仕事でお金が稼げたらいいなぁと思ったのですが、ホームページの仕事というと会社のデザイン部門でやるのが普通です。

 

とくにWEBデザインなどのスキルを必要とする仕事で、若い人が中心になって作業をすることが当たり前ですから、50代で覚えたとしても雇ってくれる会社などありません。

 

それでも個人でもサイト作りができるので、楽しい趣味になっていました。

 

わたしは営業など苦手ですから、ホームページを作りたい人を探して、営業をするなんてとても出来ません。

 

ですから、サイトが作れてもお金など稼げないと思っていたのです。

 

ところが、ネットの中にとんでもない方法を見つけてしまいました。

「グーグルアドセンス」です。
Google AdSense - ウェブサイトを収益化

 

結果的にサイト作りが自分の仕事になったのですから、インターネットって素晴らしいと思ったのです。

 

 

在宅でもできるネットの仕事なら個人ブログやホームページ

在宅でもできるホームページで情報を発信し、アドセンス広告を掲載して報酬をいただくことができます。

 

掲載する広告も営業などすることなく、自分のブログやホームページに載せる事ができるのですから、自分は記事を書くことだけに専念すればいいだけでした。

 

人の興味や関心のある記事とか、悩みを解決する記事を書いて、広告を載せておくだけでお金が稼げてしまうのです。

 

この広告が「グーグルアドセンス」といって、個人のホームページでも掲載する事ができます。

 

ただ最初にサイトの審査がありますから、この審査に通らないと広告を掲載できません。

 

在宅でできるネットでお金を稼ぐ方法が分かったので、とにかく記事を書いてサイト作りに没頭したら、あっという間に一年以上が過ぎました。

 

自分が好きなことでお金が稼げると思うと、継続できますし記事を書くことにも慣れてきます。

 

このホームページを作るという作業が基本ですが、これがお金を稼ぐ仕組み作りになるということに気づいてきました。

 

わたしがサイトアフィリエイト初心者の頃に購入したのが、SIRIUSシリウス)というサイト制作ソフトです。

 

いまでもアフィリエイトサイトを作る時には、このソフトを使っています。

 

 

在宅ネットの仕事で働き方を変えられる

過去に書いた記事が現在も未来にも、検索されるような記事を書けば、ネット上の資産となってくるのです。

 

ですからブログのように、今日の出来事などを書いた日記のようなものでは、お金を生み出す資産になりません。

 

今日書いた記事が未来にも検索されるような記事が書ければ、人を集客できるようになります。

 

結局ネットを利用してサイトを作る場合は、集客できるかどうかにかかっているのです。

 

集客する仕組みがあれば、そのサイトで広告や商品を紹介すればお金が動きます。

 

60歳から始めてまる5年が過ぎましたが、いまでも過去に作ったサイトがお金を稼いでくれるのです。

 

ですから、今日何もしなくても過去に書いた記事が集客して、お金を稼いでくれます。

 

60代にベースとなるホームページが作れたので、年金を受給してからかなり自由な働き方になってきました。

 

 

在宅でネットの仕事を始めて結果オーライ

60歳から雇われてお金を稼ぐこともできますが、定年があります。

 

その後のことを考えた時、60歳から5年間の間にベースとなるホームページを作ったことで、65歳以降も在宅で自由な働き方ができてしまったのです。

 

人それぞれ考え方も行動も違いますが、わたしの場合は50代後半で失業し働き方を変えてみたら、60代、70代でも家でできる仕事になってきました。

 

60歳の時に在宅でネットの仕事を始めておいて、本当に良かったと思っています。

 

人生は何が幸いするか分かりません。

 

失業して再就職できないとか、会社に入れないからダメだと諦めてはいけないのです。

 

ピンチをチャンスに変える道は必ずあると思って、自分の脳みそを信じましょう。

 

関連記事:
家にいてネットでお金を稼ぐ安全な方法があった!



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-在宅ワーク
-

© 2021 ビッグ友老後100まで!