40年間も自由に生きる方法を探し続けた50代の末路

ビッグ友老後100まで!
「どこかに好きな仕事で自由に生きる方法があるはず」

自分の生き方についての答えは、自分の中にあると思っています。

 

『自分の好きなように生きればいい』の価値は、他人に押し付ける価値でもありません。

 

でも、自由に生きたいという思いは、誰でも持っているのではないでしょうか。

 

自由に生きるを貫くことは、簡単そうで簡単でもないのです。

 

40年間「自由に生きる方法」を探し続けて、自由な人生を貫いてみましたが、その末路は悲惨でした。

 

現在どうなっているかというと、65歳になり年金9万円を受給し、好きな仕事で自由に生きています。

 

好きな仕事で自由に生きる方法」を見つけたので、いまはブログを書く余裕が出てきました。

 

 

40年間自由に生きる方法を探し続けた末路

自由に生きるをどう考えたらいいのか、失敗から学ぶことはたくさんあります。

 

40年間も「自由に生きる」を貫いた50代の末路は、仕事なし、貯金なしでした。

 

40年間も自由に生きる方法を探し続けても、納得できる方法は見つからなかったのです。

 

そして失意の底から第二の人生を始めました。

 

すると60歳直前で自由に生きる方法を手に入れたので、その話をさせていただきます。

 

 

自由に生きるを探しはじめた

今65歳の一人暮らし、モットーは「好きな仕事で自由に生きる」ことです。

 

一個人のワガママな人生から、あなたにとっての自由とは何かを考えてみてください。

 

会社での仕事は毎日同じ作業の繰り返しばかり。

コツコツやる仕事がつまらないわけじゃない。

 

ただ何か物足りなかっただけでした。

 

休日に遊び歩くことが楽しくて「毎日が日曜日ならいいのに……」。

 

自分の心が自由を求めていたことに目覚めたのです。

 

入社4年目を迎えたころ、ついに決断しました。

 

「好きな仕事で自由に生きる」と。

 

そしてある夢を抱いて会社を退職したのです。

 

もちろん何もしなければ、順風満帆な生き方ができたかも知れません。

 

 

好きな仕事で自由に生きる夢や目標はあったが……

好きな仕事は、印刷物を作るまでの版作りでした。

 

印刷物を作る仕事に興味があったからです。

 

シルク印刷などにも興味がありました。

 

恐らく「写真植字」「版下」という、アナログな印刷物の版作りがあったことを知らないと思います。

 

全てがアナログの時代は、こういった仕事をする人もたくさんいました。

 

写真植字や版下の技術を身につけると、個人で仕事もできたからです。

 

実際に印刷物が出来上がってくるのが、ワクワクするほど楽しみでした。

 

しかし、その仕事はパソコンの登場によって、市場から消えてしまう職業だったのです。

 

それ以降はDTPとかWEBデザインなどの仕事が増えてきました。

 

今はパソコンを使えば、印刷データが作れます。

 

過去のデータも使えて、人も残業時間も減ってきました。

 

アナログ人間はもう不要な存在となってしまったのです。

 

人生の試練はこういった状況から始まりますね。

 

 

好きな仕事で自由に生きられるは幻想?

新しい仕事についても、ただ生活のために働いてお金を稼ぐことはつらいのです。

 

夢が破れたり消えてしまうと、先が見えなくなります。

 

結局、好きな仕事で自由に生きる夢は幻想のまま、生活優先な働き方になってしまうでしょう。

 

そういった働き方をすると、最初に勤めた会社より条件のいい働き口はなかったなんてこともあり得ます。

 

好きな仕事で自由に生きる夢を持った末路は、みじめな結果になりやすいのです。

 

でも一度好きな仕事で自由に生きる夢を歩み始めたら、あきらめてはいけません。

 

人生はタイミングが合わないと、何をやってもうまくいかないと思います。

 

そういったチャンスが来た時に、それをつかめるかどうかです。

 

 

好きな仕事で自由に生きられる時代の到来

インターネット環境の充実で、働き方に変化が起きてきたのです。

 

「好きな仕事で自由に生きられる」時代が、目の前に近づいてきました。

 

チャンス到来!

 

幻想が現実になる、このチャンスを見逃すわけにはいきません。

 

パソコンを会社で使う時代から、一般家庭でも使えるほどにインターネットが普及してきました。

 

自由に生きるチャンスが来たことに気づいたら、あなたならどうします?

 

わたしは趣味で始めていたホームページを利用してみました。

 

これが「好きな仕事で自由に生きる」夢を、再び目覚めさせてくれたのです。

 

印刷物を作る仕事から、20年の時が流れて「好きな仕事で自由に生きる」道が目の前に現れました。

 

ホームページ作りならWEBデザインのスキルがなくても、素晴らしいソフトがあるので自分で作れます。

 

雇われなくても自分でテーマを考えて、記事を書いてページを作るだけです。

 

ネットでお金が稼げる時代になってきました。

 

恐らくこの波に乗った人は、結構自由に生きていると思います。

 

 

好きな仕事で自由に生きることが当たり前になった

インターネット環境とパソコンがあることで、働く場所を選ばないという働き方が、だれでもできるようになりました。

 

今までの働き方では考えられないような、自由な働き方が可能になってきたのです。

 

ホームページやブログを仕事にして、自宅でお金を稼ぐ人が増えました。

 

クラウドソーシングという働き方も、自宅にパソコン一台あればどこでもできます。

 

さらに、動画を配信する「YouTuber」という職業もでてきました。

 

もう「好きな仕事で自由に生きる」ことが、当たり前になってきたというのが現実なのです。

 

 

「好きな仕事で自由に生きたい」まとめ

40年間も"自由に生きる"を探し続けた50代の末路は、仕事なし、貯金なしの後悔ばかりでした。

 

ところが60歳を越えてから、わたしの好きな文字に関わる仕事として、ホームページやブログに出会ったのです。

 

諦めなかったことで「好きな仕事で自由に生きる」ことができるようになりました。

 

過去を振り返っても何も変わりませんが、これからの未来を好きな仕事で自由に生きることができたら、人生の末路は幸せな結果になっていると信じています。

 

「好きな仕事で自由に生きたい」なら、時代の波に乗り遅れるな!ということでしょうか。

 

60代は年金がもらえるので、好きな仕事をしても自由に生きられそうです。

 

40代、50代のうちから未来を見据えて準備しましょう。

 

 



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。



実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。
50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、
自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-夢を叶える, 自由な生き方
-,

© 2020 ビッグ友老後100まで!