60歳からの転職に成功!60歳からの転職は現実と理想が入り混じる

スポンサー リンク



60歳からの転職

60歳から転職を考えたら現実的には難しいと思います。60歳から無難にお金を稼ぐなら「再雇用制度」を利用したほうがいいのでしょうが、辞めたくなるんでしょうね。

本人が希望すれば、定年後も引き続き働けるのですから、65歳までは働いたほうが、就活で悩むこともありません。

もし60歳でいったん会社を辞めて、60歳からの転職などを考えても、雇ってくれる会社はほぼないと思った方がいいですよ。

わたしは50代半ばで失業しましたが、その後どこも雇ってくれなくて、途方に暮れたこともあります。

ですから、60歳からの転職は雇われる働き方ではなく、自分で仕事をする道へ転職しました。

60歳からの転職は第二の人生の始まり

60歳からの転職

50代までの働き方とはまるっきり違った転職をして、いまでは自力でお金を稼いでいます。

いわゆる第二の人生を自分で切り開いていく働き方です。

とは言っても、無職期間も長かったのでお金もありませんから、お金のかからない方法で始めています。

60歳からの転職に選んだ仕事は、自分でできるネットの仕事でした。

インターネット環境があってパソコンが使えたので、50代から準備して、石橋をたたくような感じで始めたのです。

自力で仕事を始めるのはちょっと難しいかなと思ったら、家にいてお金を稼ぐ安全な方法などはどうでしょう。

60歳からの転職がラストチャンス!

人生は楽あれば苦もあり、生きていると、楽しいことばかりではなく、苦しいこともあります。

できることなら楽しいことばかりならいいのですが、思ったようにいかないのが人生なのです。

働き方一つを考えてみても、同じように楽あれば苦もあると感じています。

50代まで雇われる働き方をして、7回も就転職を繰り返したので、働き方についての楽と苦を知りました。

60歳までに7回も就転職を繰り返す人の末路なんて、およそ想像がつくと思います。

生活を豊かにしようと思って、転職をして失敗を繰り返してきました。

8回目こそ転職をチャンスに変えなければという思いで、考えに考え抜いて決めたのがホームページ作りです。

60歳の前にパソコンとホームページ作りを身につけた

パソコンとホームページ作りの技能を役立てる方法に気づきました。

収入を増やそうと思って転職しても、能力がなければ無謀な転職になってしまいます。

60歳からの転職を考えるなら、今までとはまるっきり違った方法で転職しようと考えました。

雇われる働き方で転職に失敗したので、雇われない転職を目指したのです。

結果的に雇われない働き方が、60歳からの転職に成功することになりました。

60歳からの転職に成功しました!

60歳からの転職は現実と理想が入り混じる働き方になるので、精神的な面でも苦労します。

60歳からの転職に成功できるかなと思えたのは、ホームページ作りの仕事で、個人事業主として開業届を出してからです。

自分で仕事を作れるようになり、日々お金を稼げるようになって、少しづつ自信が出てきました。

66歳になったいまでは、自分で作った仕事から収入が得られて、就活で悩むこともなくなったのですから、60歳からの転職に成功したと思っています。

65歳からの老後の理想としては、自分でお金を稼いで自由な生き方がしたいと思うでしょうね。

パソコンが使えれば60歳や65歳からでも仕事はできるのですが、お金を稼ぐとなると簡単ではありません。

雇われる働き方なら、毎月給料として収入が見込めるでしょうが、自分で仕事をするとかなり難しいのです。

関連記事:
65歳までに月5万円を稼げる仕事で小さな起業の準備をする

60歳からの転職は難しい

60歳からの転職で収入が減ってしまったという場合もあるかも知れません。

しかし、60歳から仕事があるだけありがたいことなのです。

60歳を過ぎるとお金を稼ごうとする前に、就職さえ難しくなってしまうこともあります。

厚生年金を受給しながら働くこともできるので、年金についての知識も学んでおきましょう。

働きながら年金をもらうと減額される?

在職老齢年金という制度があります。
年金の受給年齢にある人が働き続けた場合、収入額に応じて受け取れる年金の一部または全額が、支給停止される制度のこと。

厚生年金を受け取りながら厚生年金のある会社等で働いている人に適用されます。

在職老齢年金について調べてみました

【65歳未満の場合】
毎月の報酬と年金の月額の合計が28万円以下ならば、年金は減額されません。

毎月の報酬と年金の月額の合計が28万円を超えた場合は減額となります。

【65歳以上の場合】
46万円を超えると減額となるよう定められています。

在職老齢年金については国民年金の方は対象外ですので、いくら働いて稼いでも問題ありません。

ということで、わたしは雇ってくれるところがなかったので、61歳から4年繰り上げて年金を受給し、62歳から個人事業主で開業し、自分で仕事を作る雇われない働き方に転職しました。