お金を稼ぐ大変さから逃れる方法はあるのか?

ビッグ友老後100まで!




お金を稼ぐ大変さ

50代、60代、あるいは定年後に、どうやってお金を稼ごうかと、考えている人もいるでしょう。

 

50代や定年後になって、新しい仕事を探すとなると簡単ではなく、小さな起業も選択肢の一つななってきます。

 

でもいくら小さな起業でも、お金を稼ぐ仕事は想像以上に大変かもしれません。

 

もし働ける場があるのであれば、無理をしない程度に仕事をしたほうが無難です。

 

と言っても、いまのコロナ禍の中では仕事探しも難しいし、別な意味でお金を稼ぐ大変さを感じていると思います。

 

わたしはいまから8年くらい前に、ハローワークにずいぶん通ったのですが、結局見つかりませんでした。

 

数年間時間を無駄にした後に、パソコンを利用してホームページ作りを始めてみたわけです。

 

その時に強く感じたのが、雇われてお金を稼ぐ大変さと、自分で仕事を始めてお金を稼ぐ大変さの違いでした。

 

 

お金を稼ぐ大変さの違いは大きかった

お金を稼ぐというのは何をやっても、同じように大変なのですが、自分でやるとちょっと質が違うようです。

 

雇われて働いているのも大変ですが、翌月には給料がもらえる安心感があります。

 

自分で仕事を始めると、いつ稼げるかどうかも分かりません。

精神的に不安という大変さがあります。

 

この違いはものすごく大きいと感じたのですが、やはり実際に自分でやってみないと、分からないのではないでしょうか。

 

 

お金を稼ぐ大変さは皆同じ働き方は慎重に考えよう

自分で何かの仕事を始めるにしても、一、二年は生活できるくらいの蓄えが絶対必要です。

 

そうした準備をしていないと、不安でやっていられません。

 

いつお金が稼げるか分からないまま継続すると、健康や精神面が病んでしまいます。

 

先のことを考えると、これまでとは違った不安な気持ちが、強烈に頭を悩ませて来るからです。

 

やはり仕事となると、パソコンより人との関わりの中で、会話をしながら働いて給料をもらえた方が安心感があります。

 

ですから60代からパソコンの仕事をするより、仕事があるなら稼げる安心感のある働き方を選んだほうが無難です。

 

それでもネットの仕事をやりたいと思うなら、どれくらい大変なのかお教えします。

 

わたしの実体験を書いていますので、次を読んでみてください。

 

 

お金を稼ぐ本当の大変さは自分でやってみて気づく

パソコンを使って自宅で仕事をすることも、お金を稼ぐ選択肢の一つです。

 

お金を稼ぐ本当の大変さは、自分でやった時に気づくのかも知れません。

 

会社で働いていた時も、お金を稼ぐことは大変だと分かっていました。

 

ところが自分でホームページやブログをやってみたら、お金を稼ぐことは大変だというより、全く稼げないのです。

 

こんなに不確かな方法を仕事として出来ますか?

 

自分でお金を稼ごうと思ったら、半年や一年くらいは全く稼げないことを覚悟していないとできません。

 

それでもその先に稼げるかどうかも不透明なわけです。

 

 

お金を稼ごうとする信念がないと無理かも

わたしの場合は雇ってくれる会社がなかったので、とにかくサイト作りに没頭してみました。

 

半年やっても稼げないと不安になってきますが、数円とか数十円が稼げてきたら、希望が湧いてきます。

 

半年過ぎても数円とか数十円が希望の光ですから、他に仕事があったらとっくにやめていたと思います。

 

暇と孤独がエネルギーになって、一年続けてみたら稼げてきたのです。

 

言葉で言ったり書いたりするのは簡単なのですが、めちゃくちゃ大変な思いをします。

 

自分でやってみないと、お金を稼ぐ本当の大変さは分かりませんが、その後に来る自由がそれまでの苦労を忘れさせてくれるかも知れません。

 

5年も続けているせいか、いまではお金を稼ぐ大変さを強く感じなくなりました。

 

大変さというより、お金を稼ぐ楽しさに変わってきたと感じています。

 

これもやはり自分でお金を稼いでみないと、分からないことなのでしょうか。

 

 

お金を稼ぐ大変さを知ると挫折する

ホームページやブログでそれなりに稼げることは分かっていても、雇われる働き方ではないので、不安な要素がたくさんあります。

 

ほとんどの人は、稼げる前にやめてしまうようです。

 

やめてしまったら、それまでの時間を無駄にすることになりますから、悔しい思いをするでしょう。

 

老後の時間は無駄にできませんから、やるなら本気と信念を持って取り組まないとダメなのです。

 

そういうわけで、お金を稼ぐ大変さが分かった上で、本気で挑戦したい人だけやってください。

 

実際に自分でやってみて、お金を稼ぐ大変さを分かっているだけに、ホームページやブログで稼げる可能性があっても、安易におすすめできないのが残念です。

 

でも、ネットでお金を稼ぐのは大変だという話ばかりでは申し訳なく思います。

 

そこで比較的取り組みやすい方法を、最後に紹介してみました。

 

 

お金を稼ぐのが大変なことが分かった上でクラウドソーシング

年金を受給しながら副業

自分で仕事を探すとか作るというと、難しく思われそうですが、そういった仕事を探せる場があるとしたらどうでしょう。

 

やればやるだけ稼げる場があります。

それにはそれなりのスキルがなければ仕事ができません。

 

小遣い程度で良いなら、アンケートとか簡単なライティングで、コツコツ稼ぐこともできます。

 

でも、スキルや資格があって、過去の仕事の経験などを活かせば、生活できるくらいの収入を得ることも可能なのです。

 

それがクラウドソーシングを利用した、フリーランスという働き方となります。

 

本気でお金を稼ぎたいと思うなら、スキルや資格、過去の仕事の経験を活かしてチャレンジしてはどうでしょう。

 

仕事を探しても見つからないなら、パソコンを使って家で仕事をする方法もあるということです。

 

クラウドワークス

②空いてる時間でしっかり稼げる
在宅・時短のお仕事はママワークス

 

お金を稼ぐ大変さから逃れることは難しい

仕事がないわけではなく、やったこともない方法だと心配なだけです。

 

恐らく50代以降の方でも、パソコンは問題なく使えるという人も多いでしょう。

 

でも自宅でのパソコンの仕事となると、孤独な作業となりますし、本当に稼げるのか不安だと思います。

 

分からないことがあった時にどうすればいいのかなど、考え始めたらとても不安でできません。

 

実際には、自宅でパソコンを使って、雇われもせずにお金が本当に稼げるのかという点なのではないでしょうか。

 

確かに家でできる副業などと言っても、稼げる保証はありません。

 

仕事が与えられるわけではなく、自分で探して仕事をするという不安定な働き方です。

 

お金を稼ぐ大変さから逃れることは難しいのですから、他に雇われて働く場があるなら、そちらを選択したほうが安心して仕事ができるでしょう。

 

いつでも時間を無駄にできないのに、60代の定年後に貴重な時間を無駄にするようなことは避けたいですね。

 

関連記事:
コロナ禍の年金暮らしでネットの仕事に目覚めた!



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-50歳からの働き方, 60歳からの働き方, ネットの仕事
-

© 2021 ビッグ友老後100まで!