定年後が心配なら老後を意識した働き方で自分の未来を作る

更新日:

スマホもいいけどパソコン一台あればいい。インターネット環境を上手に利用。

スポンサーリンク



60歳を過ぎて無収入のまま生活してみて、お金の出て行く速さに驚きました。

 

老後を意識した働き方をしないと、下流老人どころか老後破産が現実に起きそうな不安を覚えたのです。

一人暮らしなら何とかなると思っていたのですが、通常の生活でも大変なことを実感して、早めに年金を受給してみました。年金だけで暮らすのは難しいこともわかり、老後を意識した働き方を始めたのです。

 

貯金もない状態で、年金では足りないとなったら働くしかありません。しかし、いつまで働けるのか分かりませんから、老後を意識した働き方を考えてみました。

 

中高年から老後を意識した働き方が必要

総務省の家計調査によると、男性65歳・女性60歳以上の夫婦二人の世帯の場合、年金を中心とした収入から、支出を差し引くと「約6万円不足」するという数字がでたそうです。

 

この不足するおよそ6万円分を退職金や貯金などの蓄えから、取り崩して使っていくことになります。貯金などの蓄えが増えることなく年間72万円づつ減っていく計算です。

 

仮に年金を65歳から90歳まで頂けたとしたら、不足分は25年間ですから、1800万が必要になってくるということが分かります。

 

年間で72万円が貯金から減り続けるのを、黙ってみている生活をどう感じるでしょう。ただ減り続ける通帳など見ていたら、ストレスが溜まってしまい、長生きすることが怖くなりますね。

 

そこで、老後を意識した働き方で50代や60歳からでも、仕事を続けられる方法を考えながら、いま自宅でお金を稼いでいます。

 

 

スポンサードリンク


老後を意識した働き方で仕事を続ける方法

わたしは、55歳から失業してほぼ5年間仕事をしていません。再就職先を何度も探したのですが、どこの会社も雇ってくれなかったからです。

そして、無収入のまま老後資金と思って貯蓄していたお金を60歳で使い果たしました。

関連記事:
貯蓄なしの老後を一年間実体験して分かった事

 

老後前に貯蓄なしを経験してしまったので、お金のない怖さを痛切に感じたのです。

 

60歳を過ぎたらますます雇ってもらうことは難しいと思っていたので、50代終わりごろから自分で仕事をすることを考えてみました。

 

 

起業するとなるとお金がかかりそうですが、わたしの場合は起業するために、お金をかける余裕がありませんでしたから、お金がそれ程掛からない方法でとりあえず始めて見たのです。

 

失業中でしたから考える時間も準備期間も十分あったことが良かったと思っています。どんな仕事を始めたかというと、ネットを利用してホームページを作る仕事です。

 

素人が老後を意識した働き方ですので、請け負うような仕事はありません。全て自分で考えて、記事を書いてページ作りをしていました。

 

およそ一年間を無収入のまま、サイト作りに費やし老後を見据えた作業をしてみたのです。

 

結果的にこの一年間の作業が原点となって、いまもお金を稼げています。

 

自分で作ったホームページで、なぜお金が稼げるのかが分かれば、だれでもできる方法です。

こちらのグーグルのサイトをご覧になってください。

オンライン ビジネス - ウェブサイトの収益化 | Google AdSense - Google

自分のサイトがあれば、広告を掲載して収益を得る事ができる方法なのです。(広告を掲載する場合は、サイトの審査を通らなければいけません。)

 

老後を意識した働き方で稼ぎ続ける方法

面接なしの仕事

ホームページというサイトを作って、記事を書いて広告を載せておくだけというシンプルな方法です。

 

集客する事ができれば、今後の収益を増やすための新しい対策もできます。

 

一つのサイトを作ることで、それぞれのページが資産となって、365日24時間働いてくれるようになるのです。

 

一旦集客できるページを作ってしまえば、老後は修正を加えたり更新し続ければ、より収入が期待できて自由な時間が増えます。

 

中高年になったら、自分でネット資産を作り稼ぎ続けるという考え方が、老後を意識した働き方だと思うのです。

 

 

それ程お金を使わずに、老後を意識した働き方ができたことで、62歳で個人事業主で開業届を出して、雇われる働き方から自営業として起業し、老後を意識した働き方をしています。

 

年金を受給しても生活できない不安がありました。その不足分を補いながら、貯金もできるという働き方は、わたしの理想です。

 

定年後や老後を意識した働き方は、ネットを利用すれば可能性が広がるということを、実感しています。

いまでは、ホームページという方法でなくても、ブログがあるのですから、もっとリスクなく始められるでしょう。

 

ブログで老後を意識した働き方をする方法

ワードプレスという無料で使えるソフトが出てから、ますます便利に仕事ができるようになりました。

 

ネット環境があれば、サーバーを借りて、ドメインを取得するだけでワードプレスソフトが使えるのです。

 

始めるためのコストもリスクも格段に下がりました。わたしのブログも始めた時には、年間で一万円もかかりません。

 

これくらいの少ない費用でお金を稼げるチャンスがあります。

 

ブログ記事を書くだけを続けるだけで、いずれお金は稼げるようになると言うことです。一記事書くだけなら誰でも出来ますが、いつお金が稼げるか分からない状態で、記事を書き続けることが大変だと思います。

 

わたしがホームページ作りで、一年間無収入でページ作りをしたという感じですね。

 

実際には一年間も掛からないのでしょうが、素人がブログを始めると意外と苦労するかもしれません。

わたし自身の一年間のブログ収入はこんな感じです。
老後ブログ収入あるの?

 

作るテーマによって、稼げるまでの時間も金額も違ってきますので、参考程度に見てください。

 

こういったブログを使っても、年金で不足する分くらいは稼げると思っていますので、65歳を目指して書いています。

 

65歳以降に年金で不足する6万円くらいを、稼ぎ続けるブログにしたいと思うのです。

 

わたしの場合は50代後半から、このようにネットを利用して老後を意識した働き方をしています。

 

老後は未知の世界ですから、元気なうちにできることは、今のうちにやっておくことにしました。

関連記事:
働きたいのにどこも採用してくれないので自分で自分を雇ってみた

 

ビッグ友老後100まで!】ホームへ戻る



ネットで仕事は出来る!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても自分で仕事は出来ると感じました。

年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。

半年から一年コツコツ取り組んだ結果、お金が稼げるという感じです。

50歳や60歳からでも遅くない!
ネットでお金を稼ごう。

 

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、

自宅で出来るお仕事の種類は246種類!
日本最大級のクラウドソーシングです。
在宅ワークならクラウドワークス

あなたにあった在宅ワークが見つかります。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-50歳からの働き方, 老後対策

Copyright© ビッグ友老後100まで! , 2018 All Rights Reserved.