60歳からの働き方の悩みはパソコンが解決してくれるかも…

ビッグ友老後100まで!




60歳からの働き方の悩みはパソコンで

60歳からあるいは定年後にどんな働き方をしたいですか?

 

60代ならまだまだ元気ですから、働けるうちは働いてお金を稼ぎたいと思うでしょう。

 

元気なうちは何をして働いてもいいのですが、次第に体力的にきつくなってきます。

 

そうなった時体力的にも、体に負担のない楽な働き方がいいと思うのです。

 

でも人それぞれ働く考え方が違って、「汗水流して」という人もいます。

 

 

60歳からの働き方の悩み解決ならパソコンも選択肢の一つ

60歳 働き方 パソコン

わたしは、60代になったら汗水流す働き方の他に、パソコンを使った仕事を選択肢に入れてもいいと感じてきました。

 

ただ、ハローワークのパソコン教室で、ワードやエクセルを覚えても就職活動には役立ちません。

 

就職活動には役に立ちませんでしたが、いまでは自宅でパソコンを使うことが役に立っています。

 

文字入力、メール、インターネットが使えると、パソコンって自分のためにも役立つ道具になるんですね。

 

パソコンが使えるのに、まだパソコンの凄い力に気づいていないとしたら、かなりもったいないと思います。

 

60代までにはパソコンがサクサク使えるようにしておくと、60歳以降にきっとあなたの働く力になってくれるはずです。

 

このブログが書けるのも、パソコンが使えて文字入力ができるから、できてしまいました。

 

60歳からの働き方の悩みを解決する一つの選択肢として、パソコンを使った仕事があります。

 

パソコンが使えると、自宅でお金を稼ぐことができますので、ぜひ参考にしてください。

 

もちろんパソコンを使った、安心安全な方法を紹介します。

 

 

60歳からの働き方の悩みはパソコンで解決しよう

パソコンが使えるなら、年齢に関係なく自宅でできる方法がありますので、パソコンをもっと利用したいですね。

 

スマホが普及してきましたから、パソコンを買取に出したり、処分したなんて人も多いかも知れません。

 

わたしはパソコンが好きですから、パソコンを使ってお金を稼ぐ方法を常に考えています。

 

パソコンを使って自宅でお金が稼げるとしたら、きっと興味が湧くはずです。

 

実際わたしも60歳からパソコンで仕事をして、66歳のいまでは年金とネット収入で生活しています。

 

個人事業主で開業し自営業を始めてから5年が経ちましたが、自宅でパソコンを使ってお金を稼ぐこともできるということが分かってきました。

 

最初は一人暮らしだからできるのだろうか?と思っていたのですが、パソコンを使う仕事はやり方次第で、60代以降に向いているのではと思えてきたのです。

 

 

60歳からの働き方は自分のためにパソコンを利用する

パソコンを使って仕事をするなら、在宅で仕事をする方が現実的だと思います。

 

クラウドソーシングという働き方をご存知ですか?

 

テレビなどの経済番組や働き方の特集などでも、このクラウドソーシングが放送されたことがあります。

 

ですから、会社員の副業とか主婦の小遣い稼ぎ、フリーランスとして本業でやっている人もいるくらいです。

 

パソコンが使えるなら、60代からでもできるのではと思ったのです。

 

ただ、コロナ禍の中でクラウドソーシングの仕事をする人も、増えてきたことは間違いありません。

 

この仕事なら面接をすることもなく、登録を済ませるだけで仕事を始める事ができるのです。

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

②主婦の在宅ワーク求人多数!募集中の在宅・時短のお仕事情報を
今すぐチェック!

パソコンスキルを身につけると、60歳以降でも仕事ができるということです。

 

積極的に仕事を探して、一日でも早く自宅でお金を稼げるようにしてください。

 

これ以降はわたしが取り組んでいる、パソコンを使ったネットでお金を稼ぐ方法になります。

過去にWEBデザインやホームページ制作を経験された方におすすめな方法です。

働き方の悩みから解放されたいならパソコン活用!

パソコンが使えればできる仕事もありますが、安定して稼ぐことは難しい働き方なので、雇われる働き方で収入を得た方がいいと思っていました。

 

しかし、雇われる働き方をしていても、会社の都合で解雇されることもあります。

 

わたしは50代後半のころに解雇され失業し、再就職もできずに無職生活となってしまいました。

 

働き方に悩んでいた時に、高齢の母が入院したことがあります。

 

無職で暇でしたから、毎日病院へ見舞いに行って元気づけていました。

 

その時に感じたのです。

 

もし、仕事もないお金もない状態になって、親の介護をすることになったら、自分の仕事やお金の問題をどうすればいいのだろうと悩みました。

 

 

パソコンを使った自由な働き方を考えてみた

雇われて働いていると、介護をするにしても時間的になかなか難しいわけです。

 

自分が自由でいられる働き方ができれば、親の身の回りのことも問題なくできます。

 

それ以来雇われる働き方の考えを捨て、60歳からはパソコンを使って自分で仕事をしようと決めたのです。

 

50代後半で無職であることを、ピンチと思わずにチャンスに変えることにしました。

 

それからパソコンを使ってお金を稼ぐ方法を調べて、自分にできそうなことを探してみたのです。

 

その時「自分はまだ見放されていないかも」と気づいたことがあります。

 

 

パソコンを使った趣味が活きてきた

パソコンを使った稼ぐ方法にホームページ作りがあったからです。

 

わたしは50代にパソコンを使った趣味として、ホームページ作りをしていました。

 

このホームページ作りを本業にして、お金を稼ぐ方法を見つけてしまったのです。

 

 

60歳からのパソコンを使った働き方

趣味から本業にするために、新しいホームページ作成ソフトを購入し、新規でサーバーを借りてドメインを取得して始めてみました。

 

使ってみたのはシリウスという、アフィリエイトに向いたソフトです。

 

このソフトを使うと、レスポンシブデザインが可能だったので購入しました。

 

レスポンシブデザインとは、パソコン、スマホ、タブレットに対応したホームページ作りのことです。

 

見る側の人にとっては、パソコンでもスマホでも普通に観れることが当たり前ですが、そのころはパソコンが主流でしたから、スマホ対応などを考えると、サイト作りが難しかったのだと思います。

 

そういった問題を解決するために、サイト作成ソフトを使ってパソコン、スマホ、タブレットに対応した、ホームページ作りができるようになりました。

 

 

60歳からの働き方にお金をかけないパソコンでの仕事は最適

初期投資として5万円もかけずに、自分でパソコンを使った仕事を始められるのですから、いい方法に出会ったと思っています。

 

いまなら、サイト作成ソフトを使わずにワードプレスという無料のソフトを使って、パソコン、スマホ、タブレットに対応したサイト作りができるのですから、サーバーとドメイン代だけで始められるのです。

 

年間で1万円くらいの初期投資で、自分で仕事ができる方法なんてほとんどありませんから、結構始める人も多いかも知れません。

 

簡単に始めることはできても、簡単に稼げるということではなく、将来を見据えていま努力できないと難しい方法です。

 

わたしは60歳から始めたことで、一年後くらいからネットでお金を稼げるようになってきました。

 

サイト作りを継続したことで、今では年金とネット収入で60代以降を見据えて、自由な生き方をしています。

 

パソコンが使えて、過去に会社でWEBデザインとか経験した人なら、個人で仕事もできるという話でした。

 

関連記事:
在宅でネットの仕事していて良かった!



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-60歳からの働き方
-,

© 2021 ビッグ友老後100まで!