60代一人暮らし個人事業主の収入の内訳と気をつけたい3つのこと

ビッグ友老後100まで!




60代一人暮らし個人事業主の収入源

私は現在個人事業主として自由な働き方をしています。

 

ネットなどを見てると、60代一人暮らしの個人事業主はいるみたいなんですが、ネットで稼ぐ話って書かれていないようです。

 

そこで今回は私のネットでの仕事の収入内訳や、個人事業主として仕事をしていく上で、気をつけたいことを書いてみました。

 

本記事は以下のような方におすすめです。

  • 60代は個人事業主で仕事をしてみたい
  • 60代に個人事業主として仕事をしていく上で気をつけることを知りたい

 

60代一人暮らし個人事業主の収入の内訳

私の仕事の収入の内訳は以下の通りです。

年金以外にWEB関連の仕事が100%で、グーグルアドセンス、アフィリエイトなどの3つの収入源があります。

 

WEB関連の仕事として自前のホームページを作り、Google AdSenseとアフィリエイトで収入を得るという方法ですね。

 

私は個人事業主としてネットの仕事を本業でやっていますが、副業で1日1000円稼ぐ!お金をネットで稼ぐおすすめな方法でもあります。

 

 

60代一人暮らしならアドセンスかアフィリエイト収入での個人事業主で十分

私は年金ももらっているので、アドセンス収入だけでも十分です。

ですから、不安定なアフィリエイト収入はそれほど期待せずに、老後貯金にしています。

 

メインはGoogle AdSenseの審査を受けたホームページに、アドセンス広告を載せる仕事をしてます。

 

ホームページ作りといってもWEBデザイナーでもないので、サイト作成ソフトを使って自分のホームページを作っているだけです。

 

WEBデザインに必要と言われる「html」とか「css」などは、ソフトを使えばできてしまいます。

 

簡単に言うとホームページが作れれば、自力で広告収入を得られる仕事だからです。

 

 

60代一人暮らしで年金もあるなら個人事業主で自由な生き方がいい

サイト作成ソフトを使うので、雇われて働くとか仕事を受けてサイトを作ることは一切しません。

 

ホームページ制作の場合は、雇われて働くとか仕事を受けてサイトを作っていると、時間ばかり束縛されて自由になれないからです。

 

ホームページ作りができるなら自分でテーマを考えて作るのが、自由への一番の近道となるでしょう。

 

60代一人暮らしで年金もあるなら、個人事業主でストレスのない自由な生き方がいいと思います。

 

 

60代一人暮らし個人事業主の1週間の収入

60代一人暮らし個人事業主の1週間のグーグルアドセンスの収入の公開です。

 

自分で作ったホームページに企業の広告を載せて、誰かが広告をクリックしてくれると、1円から数十円の収益となり合計金額が8,000円以上(お支払い基準額)の場合に、毎月支払いが行われます。

 

この数円から数十円を積み重ねると、結構な収益になるということを知っていただくために、2022年6月1日から7日間の収益結果を載せてみました。

こんな感じで収入があると月末の収益も想像できると思います。

 

60代一人暮らしで年金もあるなら、もう十分すぎる収入ですね。

 

この他にアフィリエイト収入があるとしたら、60代以降も個人事業主で十分やっていけます。

アドセンスで1000万円稼いで分かったアドセンスの素晴らしさ

 

 

企業のサイト紹介で商品販売のお手伝い

アドセンス広告と同じように企業の広告を載せて、そこから企業の販売サイトを紹介し、商品が売れたら報酬を戴くと言った感じの仕事でアフィリエイトと呼ばれています。

 

商品の在庫を持たず、発送の手間なども企業側ですべてやってくれるので、記事を書くだけの仕事です。

 

商品を買ってもらえて始めて報酬が発生するので、難易度は高くなります。

 

こういったネットの仕事ができるのも、初期投資にほとんどお金がかからないことや、年金があるという安心感があるからですね。

 

ブログも収入源の一つ

ありがたいことにブログからもアドセンスからの収入が発生しています。

コツコツ続けて10時と3時のお茶代にしている感じですね。

 

この『ビッグ友老後100まで!』は、検索エンジンからの集客を考えて書いています。

 

それでも内容的に同じような感じの記事ですから、グーグルにインデックスされないページがたくさんあるのです。

 

このサイトで伝えたいのは「アドセンスやアフィリエイトでも稼げる」ということなので、十分伝わったと思っています。

 

 

60代一人暮らし個人事業主で気をつけたい3つのこと

  1. 体調管理
  2. 収入源を複数持つ
  3. 持続可能な稼ぎ方

①60代一人暮らし個人事業主で気をつけたい体調管理

60代一人暮らしの個人事業主は身体が資本です。

 

病気になって体調を悪くして収入が減るのは死活問題ですから、できれば40代、50代のうちにグーグルアドセンス、アフィリエイト収入の仕組みを作ってしまうと、60代ですごく楽になります。

 

普段の生活で暴飲暴食をやめて、規則正しい生活を送るなど健康管理に気をつけましょう!

 

年に1回は健康診断も受診しておくことです。

 

一度病気をすると健康のありがたみが分かりますが、60代の一人暮らしは特に注意する必要があります。

 

 

②60代一人暮らし個人事業主は収入源を複数持つ

お金は誰にとっても最大の問題であることだけは間違いありません。

 

60代なら年金も受給できますが、収入源を複数持つと老後の安心感が全く違います。

 

グーグルアドセンス、アフィリエイト収入の仕組みを作ってしまうと、ほぼ不労所得みたいになります。

 

ほぼ不労所得みたいな収入で生活できる」とはどういうことかというと、過去に書いた記事がネット上で24時間集客して、お金を稼いでくれるという意味です。

 

私はグーグルアドセンス、アフィリエイトサイトを60歳から作り始めて、複数のサイトを持っています。

 

ですから、どれかが稼げなくなっても、それをカバーするサイトがあるということです。

 

さらに今後新しいサイトを作って行けば、さらにサイトを強化することができてしまいます。

 

卵を複数のかごに分散しておいたら「金の卵を産むニワトリ」が、それぞれ新しい収入源となってきました。

 

 

③60代一人暮らし個人事業主は持続可能な稼ぎ方を考える

グーグルアドセンス、アフィリエイトは、今後も職業として個人事業主には最適だと感じています。

 

ですから、ホームページやワードプレスを使って、人の役に立つ情報発信をすることが大切なのです。

 

さらにグーグルアドセンス、アフィリエイトを利用することで持続可能な稼ぎ方をすることが可能となります。

 

どれかが稼げなくなっても、それをカバーするサイトを作っておくということです。

 

今後新しいサイトを増やしたり、過去記事を更新して行けば、さらにサイトを強化することができます。

 

卵を複数のかごに分散しておいたら「金の卵を産むニワトリ」が、それぞれ新しい収入源となってきました。

 

60代一人暮らし個人事業主になる方は、少ない資金で始められるアドセンスやアフィリエイトサイト作りの準備をするなど、持続可能な稼ぎ方を考えておいた方が良いかもしれません。

 

 

60代一人暮らし個人事業主まとめ

今回は私の仕事の内訳と気をつけたいことについて、3つ紹介させていただきました。

WEB関連の仕事100%で、アドセンスをメインにして、アフィリエイトの仕事もしています。

 

ブログでは老後の10時と3時のお茶代を貯蓄中です。

 

60代一人暮らしの個人事業主は体調管理を怠らないこと。
60代一人暮らしの個人事業主は収入源を複数持つ。
60代一人暮らしの個人事業主は持続可能な稼ぎ方を心がける。

 

ネットを利用して稼ぐ個人事業主は不安定ですし、老後の不安もありますが、年金と組み合わせることで自由な生き方ができるのも確かです。

 

この記事が個人事業主を考えている50代、60代の方の参考に少しでもなれば幸いです。

 

関連記事:
65歳を過ぎても月10万円から20万円以上稼ぐ方法はあるのか?



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク