【老いるマネー】老後資金が足りない年金だけで暮らせない時の働き方

【老いるマネー】がなければ【老いるショック】
60代は年金生活が始まる。老いるマネーを真剣に考える時が来た! 歳をとるたび、お金も老いてゆくのだろうか?

老いるマネーとは?

老いるマネーとは、主に年金を受給する高齢者の老後資金を指します。

老後に受け取れる年金は、老後生活を支える重要な資金となりますが、実際に受け取れる年金だけで生活するのは難しいと思います。

貯蓄や退職金、さらには現役で働いている人も多く、これらの資金を運用するために投資を検討する人もいるでしょう。

老いるマネーとしての老後資金は、老後の生活の質を左右する重要な要素です。

 

【老いるマネー】年金だけでは生活できない理由

年金の受給額が少ない
日本の年金制度は、保険料を払った期間や年齢、収入などに応じて年金の額が決まります。

しかし、現役世代の給与水準が低下していることや、少子高齢化に伴う将来の年金支給額の減少が見込まれていることなどから、年金の受給額は現役世代の給与水準に比べて低くなっています。

生活費が高騰している
食費、光熱費、医療費など、生活に必要な費用は年々高騰しています。そのため、年金の受給額だけでは、これらの費用を賄うのが難しい状況になっています。
 

老いるマネーの構成要素と概要

老いるマネーとは、高齢者(65歳以上)の資産や収入の総称です。

老いるマネーは、大きく分けて以下の3つの要素から構成されます。

①年金・②貯蓄・③投資

  1. 年金は、老後生活を支える最も重要な収入源ですが、年金だけでは生活費をまかなえない高齢者も少なくありません。
  2. 貯蓄は、老後生活のゆとりを保つための重要な要素です。しかし、貯蓄だけでは、老後の生活費をすべてまかなうことは難しい場合もあります。
  3. 投資は、貯蓄を効率的に増やすための方法ですが、投資にはリスクが伴うため、慎重に行う必要があります。

老いるマネーの規模は、近年急速に拡大しています。

これは、少子高齢化が進み、高齢者の人口が増えていることに加え、高齢者の平均寿命が延びていることが原因です。

老いるマネーは、高齢者の生活を支える重要な役割を担っています。

しかし、老いるマネーが十分になければ、生活に困窮する高齢者が増える可能性があります。

老いるマネーを準備するためのポイント

老いるマネーを準備するための注意点。

・早いうちから準備を開始する
・収入と支出を把握する
・ライフプランを立てる
・リスクを分散する

老いるマネーは、人生の終盤を豊かに過ごすために欠かせないものですから、早いうちから準備を開始し、安心した老後を迎える意識が大切です。

老いるマネーを増やすための対策

老いるマネーを増やすためには、早いうちから準備をすることが大切で、具体的には、以下の対策が考えられます。

・収入を増やす
・貯蓄を増やす
・投資をする

収入を増やすためには、正社員として働く、副業やアルバイトをする、起業するなどの方法があります。

貯蓄を増やすためには、家計を見直して支出を抑え、余剰資金を貯めるようにしましょう。

投資をする場合には、リスクを理解した上で、慎重に行うことが大切です。

老いるマネーを効果的に活用するために

また、老いるマネーを効果的に活用するためには、以下の点に注意する必要があります。

・生活費や医療費などの支出を見越して、必要な金額を準備する
・リスク分散して、安全性を高める
・長期的な視点で運用する

年金だけでは暮らせない時の働き方を見直す3つのポイント

年金だけでは暮らせない場合、働き方を見直すことで収入を増やすことができます。

働き方を見直す際には、以下の3つのポイントを押さえましょう。

  1. 体力やスキルを活かせる仕事を見つける
    体力やスキルを活かせる仕事を見つけることで、無理なく収入を増やすことができます。
    例えば、これまで培ってきたスキルを活かしてフリーランスとして働いたり、シニア向けのアルバイトやパートを探したりする方法があります。
  2. 自分のペースで働ける仕事を見つける
    年齢を重ねると、体力や気力も落ちてくるため、自分のペースで働ける仕事を見つけることも大切です。
    例えば、シフト制のアルバイトや、在宅でできる仕事を探す方法があります。
  3. 収入以外のメリットがある仕事を見つける
    収入以外のメリットがある仕事を見つけることも、働き方の選択肢の一つです。
    例えば、社会とのつながりを保てる仕事や、スキルアップにつながる仕事などを探す方法があります。

具体的な働き方の例とまとめ

具体的な働き方の例としては、以下のような方法があげられます。

・シニア向けのアルバイトやパート
・シニア向けのフリーランス
・シニア向けの起業
・シニア向けの資格取得
・シニア向けの資産運用

自分に合った働き方を探すためには、まずは自分の状況を把握することが大切です。

まとめ

年齢や体力、スキル、収入、生活スタイルなど、さまざまな要素を検討して、自分に最適な働き方を見つけましょう。

また、働き方を見直すだけでなく、節約にも取り組むことで、年金だけでは暮らせない状況を改善することができます。

シニア向けの割引制度を活用したり、光熱費や通信費を見直したりするなど、さまざまな方法があります。

年金だけでは暮らせない状況は、決して恥ずかしいことではありません。

自分に合った働き方や節約方法を見つけて、安心して老後を迎えられるように、老いるマネーを意識することが大切です。

ビッグ友老後100まで!ホームへ戻る