60代の働き方は完全週休自由制で自宅で仕事をする方法がある

ビッグ友老後100まで!




60代からの働き方

  1. 60代の働き方を考えていますか?
  2. この記事では、60代からの働き方について、何をすればいいのかなど考え方や方法などを書いています。
  3. なぜかというと、わたしは50代で失業し再就職できずに、自力で稼ぐ大切さを知ったからです。
  4. ですから、60代は家にあるパソコンを使って、自力でお金を稼ぐ働き方も考えましょう。
  5. パソコンを使ってお金を稼ぐ方法は、家でできるし老後も長くできるので最適な働き方の一つだと思ったのです。

今はインターネットが整って、パソコンさえあれば家で仕事ができるのですから、早めに自力で新しい収入源を作っておくことで、60代を自由な生き方ができるのではないでしょうか。


60代から自分の家で仕事を始めて、完全週休自由制を導入した働き方もできます。

 

年金をもらえるようになったら、働きたい時に働いて、休みたい時には休むといった自由な働き方を始めてはどうでしょう。

 

60代ですから、わがままな働き方をして、自由な生活しようと考えてもいいと思うのです。

インターネットを利用すれば、自由気ままな働き方ができるようになります。

 

わたしは60歳から本気で取り組みましたが、50代から準備をしておくと、65歳までにはスムーズに完全週休自由制に移行できるでしょう。

 

60歳から自由気ままな働き方がしたい人は、60歳前から準備しておくといいと思います。

 

50代最後の2年間に準備をして、60代から完全週休自由制的な働き方を始めてみました。

 

その結果「62歳から完全週休自由制を取り入れた自由な働き方」ができると確信が持てたので、個人事業主として開業し自営業を始めています。

 

60代から完全週休自由制な働き方も可能

会社で雇われて働いている場合は、週休二日制とか有給休暇があります。

 

60代からは自分で仕事をすれば、完全週休自由制も可能です。

 

60代は年金をもらえるのですから、自宅で仕事をする働き方を見据えてはいかがでしょう。

 

でも、仕事を請け負ったりしていては、自由な働き方はできません。

 

わたしはネットを利用した、自由な働き方を見つけてしまいました。

あくまでも自分の都合で働き、休みたい時は今からでも休む働き方を目指したいのです。

 

ですから、どんな状況になっても自由に行動できます。

 

インターネット環境が整ったいまならパソコンを使えば、どこに住んでいても自分で仕事は作れますから、無理して働きに出る必要もありません。

 

パソコンを使って、自宅で仕事ができるような働き方をすれば、雇われる働き方から解放されます。

しかし、自宅でお金を稼ぐ方法を知らない場合は、自分で仕事が作れるなんて考えられないでしょうね。

 

例えお金を稼ぐ方法を知っても、サイト作りという準備段階がありますから、実際に行動できる人は少ないと思います。

始めたからと言ってすぐにはお金にならないところが、強くお勧めできないところなのです。

お金を稼ぐ選択肢はいろいろありますから、60代から無理して完全週休自由制を目指す必要もありません。

 

わたしの場合は、就活してもどこも雇ってくれなかったので、自分でやってみただけです。
その結果自分で仕事は作れると分かってきました。
 

スポンサードリンク


 

どこも雇ってくれないのでネットの仕事を選んだ

本来ならわたしも65歳くらいまでは会社で雇ってもらって、給料をもらった働き方をするつもりでいたのですが、どこの会社も雇ってくれなかったのでやってみた方法です。

 

50代後半で失業すると、会社に雇ってもらえないこともあります。

例え仕事があったとしても、自分のやりたい仕事ではなく、結構きつい仕事になることが多いようです。

 

わたしは50代で覚悟を決めました。

60歳を過ぎてからは通勤もなく自宅でできる、パソコンを使った働き方をしようと考えてみたのです。

 

そして、自分でやる仕事を探してみたらネットの仕事で稼ぐ方法があって、しかも自宅でできるという願ってもない働き方を見つけました。

 

ネットの仕事でお金を稼ぐ仕組みを作る

ネットの仕事で自宅でお金が稼げるとなれば、そんなに簡単にできることではないことは、誰にでも想像できるでしょう。

 

簡単にお金が稼げないことですから、ほとんどの人が諦めてしまいます。

でもお金を稼ぐ方法を調べてみたら、できそうな気になってきたのです。

 

なぜかというと、ホームページを作って記事を書いて広告や商品を載せるだけで、お金が稼げると書いてあったからでした。

 

どうしてお金が稼げるのだろうと思いながら、実際に自分でやってみたのですが、なかなか稼げません。

 

稼げるまでやり続けることが、唯一の方法のようなことも書いてありました。

 

記事を書いてネットでお金が稼げる方法なら、とことんやってみようと思って随分長いこと続けてみたのです。

 

すると三ヵ月から半年と時が過ぎて行く間に、少しづつですがお金は稼げてきました。

「もう少しの辛抱だ!」と思いながら、さらに記事を書き続けたのです。

 

ネットで稼いで完全週休自由制はできると確信

確かに続けることは大変でしたが、お金は稼げました。

なるほど! 記事を書く作業を継続することは、並大抵の精神力ではできませんね。

 

他にもお金を稼ぐ選択肢があるのに、いつ稼げるか分からないのに、記事だけを書く作業を続ける気にはならないでしょう。

こういった事情があることが分かって、途中で挫折する意味も理解できました。

 

結果的にお金を稼げるまで続けられた人だけが、ネットで稼げるということになりそうです。

 

いったん稼げるようになると後が楽になります。

 

なぜかというと、それまでに作ってきたページが検索されるようになって、24時間働いてくれるようになるからです。

 

こういった仕組みを作ることが、完全週休自由制への入り口だと思ってください。

人に雇われないでも、自分でお金を稼ぐ仕組みを作ることはできるということです。

 

記事を書く辛い作業を乗り越えた先に、お金は後からついてくる感じになります。

 

60代からサイト作りという働き方で新しい収入源を作る

ネットでお金を稼げるようになると、この方法を新しいサイトで応用できることに気づくでしょう。

 

例えばこんな感じで新規サイトを作ることもできます。

ワードプレスを使って『もじいちばん』サイトを作ってみました。

テーマを変えてサイトを作れば、自分で仕事が作れるという見本です。

 

こういった感じで50代や60歳から自分専用のサイトやブログを作ると、結構自由な生き方ができるようになります。

 

パソコンが好きとか、ホームページ作りやブログを書くことが好きな人には、楽しい仕事になるのではないでしょうか。

 

他に働く選択肢があると無理

 

今の時代はワードプレスを使ったブログなどでもできますから、記事を書くことが好きな人にとっては、年齢に関係なく完全週休自由制を獲得できそうです。

 

実際自分でサイトを作って稼いでみないと、完全週休自由制の実感がわかないと思います。

 

わたし自身も、もし50代後半で就職できていたら、こういった自由な働き方はできなかったでしょう。

 

他に無理しないでもお金を得られる選択肢があると、いつ稼げるのか分からないようなことはしたくないものです。

普通に働いていれば給料がもらえて、週休二日制は当たり前なので、無理する必要はありません。

 

 

ネットの働き方に興味のある人は、こんな働き方もしています

仕事もない、お金もないという状況になる前に役に立つ働き方です。

クラウドソーシングという働き方があります。
こちらの家にいてお金を稼ぐ安全な方法のページを参考にしてください。

フリーランスの方に向いている働き方です。

とにかく稼げる方法があっても、行動しなければ何も変わりません。
関連記事:
在宅ワークのみで生活出来ていますがあなたはなぜやらないのですか
不労所得は難しいが不労所得的な収入を得るならこの方法

ビッグ友老後100まで!】ホームへ戻る

 



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-60歳からの働き方
-, ,

© 2021 ビッグ友老後100まで!