定年退職後の生き方働き方を考え定年後やることを見据える過ごし方

ビッグ友老後100まで!




定年退職後の生き方

定年退職後の生き方を考えて定年後にやることを見つけましょう。

  1. 定年退職後の生き方を考えていますか?
  2. この記事では、定年退職後の生き方について、どんな生き方や働きをすればいいのか考え方や方法などを紹介しています。
  3. なぜかというと、わたしが60歳の時に定年退職したつもりで、パソコンを使って自力で仕事を始めてみて、生き方や働き方の大切さに気付いたからです。
  4. ですから、定年退職後の生き方を考えておくことが、定年前には大切なことだと思っています。
  5. 定年後やることが見つからない人は、この記事を最後まで読んでいただき参考にしてください。

今はインターネット環境が整っているので、パソコンが使えるなら無理して雇われる働き方をしなくても、自宅で稼ぐ方法もありますから定年後にやってみてはどうでしょう。

定年退職後の生き方

定年退職後の生き方を考えないと定年後は暇すぎる

わたしはすでに年金受給者になっています。

65歳までどこかで雇われて働いていたのかというと、まったく働いていません。

 

年金をもらえるようになった人は、いまどのような生活を送っているのでしょうか。

新しい仕事を探して働いているのかも知れません。

 

同じ年代の人が今どんな働き方や生活しているのか、興味があると思います。

 

わたしは65歳を越えて確かに年金はもらっていますが、65歳以降に雇われた働き方は考えなくなりました。

 

それは61歳の時に個人事業主として開業し、自営業を始めたからです。

 

あなたが定年退職後を考えるときに、わたしの働き方が参考になるかも知れません。

 

 

定年退職後の生き方に自分で仕事を作り出すという道もある

年金での生活に困るような状況になっていないなら、生きがいとして自分でできる仕事を作ってみてはどうでしょう。

 

または、自分の経験や技能そして技術が生かせる場所で働くこともできます。

 

会社を定年退職しても、働きたいけど仕事が見つからない時は、フリーランスとして自分が出来る事を見つけてお金を稼ぐ道を考えることです。

 

わたしの場合は60歳からパソコンを使って、ホームページやブログを書く方法で、自営業をして収入を得ています。

 

 

60代からは自分の仕事を作り出すという生き方

「60代は自分で仕事を作ってみよう!」と考えてはどうでしょう。

 

60代は年金がもらえるのですから、自分で動いて生きがいややりがいを探すことです。

 

定年退職後は会社に頼る働き方ではなく、自分の生きる力を試せるチャンスでもあります。

 

わたしは好きなこととして、パソコンを使ってホームページやブログを書いて稼ぐために、自分を雇用してみました。

 

以前仕事さがしをしたころ、お祈りメールばかりいただいた時に書いた記事があります。

働きたいのにどこも採用してくれないので自分で自分を雇ってみた

 

このように、自分で仕事を作って自分を雇う考え方もできます。

 

 

定年退職後の生き方に自力で稼ぐ生きがいを作る

年金を受給しているので最低限の生活ができるからと、何もしない生活はどうなんでしょうか。

 

毎日テレビばかり見ていたら、人生をつまらない生き方にしてしまいます。

 

生きがいとして、好きなことに挑戦して自分でお金を稼いでみてはどうですか?

 

自力でお金を稼ぐ難しさに気づくと思います。

 

元気で健康な60代なら、チャレンジできることを探してお金を稼いでみてください。

 

自力でお金を稼ぐ過程を楽しめると、60代はもちろん70代も生きがいになるのではないでしょうか。

 

 

60代から小さな起業という道で自力で稼ぐ

年金収入があって最低限の生活ができるとしたら、不足分を自力で稼いで補うことで、老後資金を取り崩さずに余裕も生まれるというものです。

 

できる限り老後資金を自力で稼いで増やせる収入源を持つことが、老後のためにもなります。

 

パートやアルバイトの仕事がないわけではありませんが、年齢が70歳をすぎれば雇い止めになることも考えなければなりません。

 

せめて自分で小遣い稼ぎができれば、雇われる働き方をしなくて済みます。

 

自力で稼げれば、もう会社にに頼る必要もありません。

 

そういった老後の働ける時間の問題も考えておくことです。

 

そこで50代や60歳から自分で仕事を作準備をしてはどうでしょう。

 

 

定年退職後の生き方を考えると好きなことで仕事をすることが大切

60代からは好きなことで仕事をすることが大切です。

好きなことを追求していくことで、ビジネスとして長続きもします。

 

雇われる考えでも65歳から70歳を過ぎれば、どこも雇ってくれません。

そうなってから仕事を探すのは大変です。

 

雇われる働き方の難しさは、50代や定年前に分かっているのですから、今から好きなことで仕事をする方法を考えておきましょう。

 

パソコンが使えるなら家でできる仕事もあります。
こちらの家にいてお金を稼ぐ安全な方法のページを参考にしてください。

 

 

定年退職後の生き方として自分で仕事を作ることもできる

あなたがホームページ作りやブログに興味があるなら、こんな感じでサイトを作ってみてはどうでしょう。

 

グーグルアドセンスで稼ぐ方法についての記事などもありますので、合わせてご覧いただければと思います。

ワードプレスで『もじいちばん』サイトを見本で作ってみました。
このサイトは1円で作っています。

 

わたしは60歳からホームページを作り続けた結果、65歳を過ぎた今は年金収入と、サイトからの収入で生活しながら、ブログも趣味と実益を兼ねてできるようになりました。

 

60代は年金をもらいながら、お金を自力で稼ぐ楽しさを味わっています。

 

個人的には、パソコンを使ってお金を稼ぐことが、老後も長くできる方法だと感じているのです。

 

 

関連記事:



 

家でも仕事は出来ます!

インターネット環境が整っているいまなら、どこに住んでいても仕事は出来ると感じました。年金だけでは暮らせないことも分かったので、ネットを利用し老後資金を補充しつつ暮らしています。
毎日家で3000円コツコツ稼ぐ人に方法を聞いてみました

実際取り組んでみると分かるのですが、ネットの仕事によってはお金を稼ぐまでに、かなりの期間がかかることが分かっていないと、継続して取り組むことができません。
最初は少額でも、半年から一年コツコツ取り組んだ結果、仕事に慣れるほどお金が稼げるという感じです。

誰でも取り組みやすいネットの仕事なら、家でも出来るクラウドソーシングです。
家にいてお金を稼ぐ安全な方法
あなたにあった在宅ワークを見つけましょう。

【ビッグ友老後100まで!】管理人

スポンサーリンク


-定年後の働き方, 定年後の起業, 年金暮らし
-,

© 2021 ビッグ友老後100まで!